« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

2011年8月1週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均を見てみましょう。

7/25(月) 10050.01円(-82.10円
7/26(火) 10097.72円(+47.71円
7/27(水) 10047.19円(-50.53円
7/28(木) 9901.35円(-145.84円
7/29(金) 9833.03円(-68.32円

窓埋めを目指すどころか、想定していた下値までも割り込んでしまいました。

原因は明らかに米国債デフォルト問題
よくもまぁ、次から次へと問題が出てきますね。

どうあれ先週は大ハズレ

以下は先週の予想の引用。

今週は窓埋め(10,254円)を目指す展開となるでしょう。
しかし円高(78円半ば)と騰落レシオ(135)は気になるところ。
窓埋めしてから下落する展開となるでしょう。

下落といっても、下値は9,900円程度。
そんなに相場は暗くありません。

また、今週は決算が本格化。
これで震災の影響がはっきりしてきます。
全体的にどういう傾向にあるのかは要注目です。

日経平均の予想レンジは9,900円〜10,450円とします。

今週の予想

今週の焦点は、先週に引き続き米国債のデフォルト問題。

まーくんのシナリオでは、米国債務上限問題が解決。そして株価大暴騰
理由は、米国債がデフォルトして喜ぶ人などいないから。
デメリットのほうが多すぎ。結果、デフォルトさせないような方向に向かうでしょう。

また、同時に円高も進んでいます。
まーくんは以前から円高が日本に与える影響は小さいと考えています。
日本は輸出で稼いでいるけど、資源など色々なものを輸入もしているわけ。
さらには輸出企業も、企業努力により円高への耐性も高めている。

いま下げている理由は、円高でなく米国の問題。
ここ数日の円高では、日経平均は反応していません。
ようやく円高=株安の構図の認識が誤りだということに、世間が気付き始めてきたのだ。

政府も円高にあたふたせず、この機会に原油だのレアアースだのを、がっつり買いこんでおけっつーの。

日経平均チャートはダブルトップになっている。
これにより、週前半は下げるかもしれないが、債務上限問題の解決で株価は暴騰。
月、火のうちに買いこんでおきましょう。

今週はボラティリティが大きく、日経平均の予想レンジは9,500円〜10,500円とします。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月29日 (金)

2011年夏、ボーナスで買った中国株

今年の夏もボーナスで中国株を買いました。
買いにあわせて、いくつかの銘柄を売却していますので、中国株比率に変更はあまりないと思います。

まーくんが中国株をチェックするのは年2回。ボーナス時期だけです。
公式バイブルの中国株二季報は必須です。

中国株二季報2011年夏秋号
T&Cフィナンシャルリサーチ
T&Cフィナンシャルリサーチ
売り上げランキング: 5516

昨冬から中国株の購入をマネックス証券に変更したおかげで、香港株の全銘柄からチョイスできるのがグッド
今回選んだのは以下の4銘柄。
総額30万円ほど購入しました。
これらの銘柄はオススメですよ。

◎威霊(00382)
中国の家電用モーター製造メーカー
供給先はサムスン、ハイアールなど。

◎陽光能源(00757)
単結晶シリコンの大手メーカー
太陽電池原材料シリコンインゴットの製造販売

◎天大石油管材(00839)
安徽省地盤の中堅鋼管メーカー
石油、天然ガス、船舶、ボイラー用のシームレス鋼管の製造販売

◎上置集団(01207)
上海拠点の不動産デベロッパー
物件の開発、レンタル、住宅技術、ホテル経営などが主な事業

そして、今回お別れしたのは、以下の銘柄。
北京北辰は初めて買った中国株で、一時は3倍近くまで値上がりしました。
しかし、売り損ねてマイナスになってしまいました。
今後も期待できそうにないので、思い切って売却です。

思捷環球(00330)
北京北辰(00588)
深セン控股(00604)
中電国際(02380)

近いうちに前回(冬ボーナス時)の投資結果を確認してみようと思います。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

2011年7月5週展望

先週の結果

まずは、先週の日経平均です。

7/18(月) 祝日
7/19(火) 9889.72円(-84.75円
7/20(水) 10005.90円(+116.18円
7/21(木) 10010.39円(+4.49円
7/22(金) 10132.11円(+121.72円

一部銘柄にご祝儀買いがあったみたいですね。

予想はいい線いってたのではないでしょうか。
後半はNYの相場に引っ張られた感はあります。
的中ということにしましょう。

また、ある程度予想していましたが、第一稀元素工業(4082)の決算は悪かった
アク抜けとなってくれればいいのですが、月曜日は下げるかな?

そういえば、先日中国株を買いました。近いうちに紹介しますね。

以下は先週の予想の引用。

明日は、なでしこJAPANの御祝儀相場なんてあるのかな?

騰落レシオは依然高い水準をキープ。まだ過熱していますね。
QE3なんて話も出ているようで、ドル円が80円を割り込んでいるのが気になります。
当分、ドル円は80円割れ、日経平均は1万円割れの定着が濃厚。

注目イベントは米主要企業の決算です。
しかし、個人的には第一稀元素工業の決算が気になっています。

今週は1万円を挟んでの推移。もみ合い相場になるでしょう。
想定下値は25日移動平均線、上値は窓埋めです。
日経平均の予想レンジは9,750円〜10,250円とします。

今週の予想

今週は窓埋め(10,254円)を目指す展開となるでしょう。
しかし円高(78円半ば)と騰落レシオ(135)は気になるところ。
窓埋めしてから下落する展開となるでしょう。

下落といっても、下値は9,900円程度。
そんなに相場は暗くありません。

また、今週は決算が本格化。
これで震災の影響がはっきりしてきます。
全体的にどういう傾向にあるのかは要注目です。

日経平均の予想レンジは9,900円〜10,450円とします。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

2011年7月4週展望

先週の結果

はい。先週の日経平均です。

7/11(月) 10069.53円(-68.20円
7/12(火) 9925.92円(-143.61円
7/13(水) 9963.14円(+37.22円
7/14(木) 9936.12円(-27.02円
7/15(金) 9974.47円(+38.35円

先週は、窓を埋める前に下落してしまい、空売り時を逃しました。
予想よりもスピード調整で、意外と早く調整完了するかもです。

想定レンジの下限をやや下回りましたが、ほぼ想定内。
的中と言っても、差し支えないでしょう。

以下は先週の予想の引用。

騰落レシオがかなりいっちゃってますね。
さすがに過熱しすぎだと思いますよ。

さて、今週の注目は3月11日から14日に空けた窓埋めにトライです。
まぁ妥当にいけば、窓を埋めてくるでしょうね。

大事なのはその後。
さすがに達成感から下げるでしょう。
しかし一気には下げずに日柄調整になる。

週末のNYではやや円高気味。
CMEも少し下がっています。
今週は、窓埋めしたら空売りでもしてみます。

日経平均の予想レンジは9,950円〜10,450円とします。

今週の予想

明日は、なでしこJAPANの御祝儀相場なんてあるのかな?

騰落レシオは依然高い水準をキープ。まだ過熱していますね。
QE3なんて話も出ているようで、ドル円が80円を割り込んでいるのが気になります。
当分、ドル円は80円割れ、日経平均は1万円割れの定着が濃厚。

注目イベントは米主要企業の決算です。
しかし、個人的には第一稀元素工業の決算が気になっています。

今週は1万円を挟んでの推移。もみ合い相場になるでしょう。
想定下値は25日移動平均線、上値は窓埋めです。
日経平均の予想レンジは9,750円〜10,250円とします。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年7月15日 (金)

迷走アセットアロケーション

最近、自分の投資方針が迷走している。

アセットアロケーションを意識した分散投資を考えてみたものの、これまでのやり方(集中投資)も捨てがたい。
自信のある投資対象へお金を集中させる方が断然効率的だからだ。

5年前に200万円で投資を始め、現在800万円となった資産も集中投資で築いてきたわけだし。
ここにきて、あえてやり方を変える必要があるのだろうかと。

しかし投資額が増えれば、集中投資による攻撃力も増すが、同時にダメージも大きくなる。
やはりバランスが大事。

まずは現状の把握から。現在のまーくんの資産状況は、ざっくりとであるが以下のようであった。

現金:15%
日本株:50%
外国(中国)株:35%

まず現金比率の15%は多すぎる。10%でいいと思う。
まだ30代。もっと攻めても良いのでは。
仮にいま、収入がなくなったとしても10%あれば半年は暮らせる。
そして現金は、市場暴落時に株を買うための資金としての用途にもなる。

残りの90%は、攻めの投資と守りの投資に分けてみる。

攻めの投資では、貪欲に利益を追求していく。
投資対象はこれまで通り国内外の株。
これらの資産比率を60%にもっていきたい。
現在、日本株と中国株で85%もあるので、減らす必要あり。

最後に守りの投資で30%。
日本国債の暴落、急激な円安、そして超インフレ
このような日本沈没のシナリオが実現してしまった場合に、資産を守るための投資だ。
これは外貨であったり金などの商品であったりで運用する予定。
いまは、この分野へまったく投資をしていない。

まずは株を売り、その資金で外貨MMFを買ってみようと考えている。
細かいことは置いといて、今後はこんな感じで運用していきます。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月13日 (水)

プチ株つみたて2011/7

7月のプチ株つみたてです。

毎月5~7万円の範囲でつみたてています。
市場が落ち込んで安いときは多くつみたてて、逆に高いときには少なくつみたてる方針です。
過熱気味の今月は6万円。

日経平均の1万円回復で、つみたても急回復です。

そういえば、日本製紙の株主優待いただきました。
一箱500円相当の高級ボックスティッシュなど、高級日用品の詰め合わせ。
たいへん嬉しい優待でした。

それではつみたて結果です。
日本水産 14株
日本製紙 17株
エーザイ 1株
トレンドマイクロ 1株
みずほ 27株

これまでの積み立て

銘柄(コード) 保有株数 現在値
平均取得単価
時価評価額
取得金額
評価損益
評価損益率
日本水産(1332) 1368株 267円
271円
365,256円
370,728円
-5,472
-1.5
日本製紙(3893) 201株 1,880円
2,006円
377,880円
403,206円
-25,326
-6.3
エーザイ(4523) 115株 3,130円
3,403円
359,950円
391,345円
-31,395
-8.0
トレンドマイクロ(4704) 142株 2,555円
2,521円
362,810円
357,982円
+4,828
+1.3
みずほ(8411) 2,617株 131円
165円
342,827円
431,805円
-88,978
-20.6

プチ株つみたてはカブドットコム証券で!!!

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

2011年7月3週展望

先週の結果

はい。それでは先週の日経平均です。

7/4(月) 9965.09円(+97.02円
7/5(火) 9972.46円(+7.37円
7/6(水) 10082.48円(+110.02円
7/7(木) 10071.14円(-11.34円
7/8(金) 10137.73円(+66.59円

予想レンジに収まっていたので、想定の範囲内ではありました
しかし先週は寄り天予想。結果はまったく逆で大ハズレ
いつもはずしてスミマセン

以下は先週の予想の引用。

CMEは10,000円つけてます。強すぎるよダウ!

ここまで日経平均はダウに引っ張られて上げてきました。
でも、この先は単純に連動しません。材料がないと上がらないゾーンです。

外国に目を向けると、ギリシャは落ち着いた感じ。
そして米国は週末に雇用統計があります。
雇用統計は、結果によっては大きく動くので注目。
発表までは小幅の動きにとどまるか?

そして騰落レシオは高まってきています。
現段階では、日経平均は10,000円突破するまでは、しばらくもみ合うでしょう。

今週は寄り天。とはいえ売りから入るのは少し怖い
日経平均の予想レンジは9,700円〜10,250円とします。

今週の予想

騰落レシオがかなりいっちゃってますね。
さすがに過熱しすぎだと思いますよ。

さて、今週の注目は3月11日から14日に空けた窓埋めにトライです。
まぁ妥当にいけば、窓を埋めてくるでしょうね。

大事なのはその後。
さすがに達成感から下げるでしょう。
しかし一気には下げずに日柄調整になる。

週末のNYではやや円高気味。
CMEも少し下がっています。
今週は、窓埋めしたら空売りでもしてみます。

日経平均の予想レンジは9,950円〜10,450円とします。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)

トレード記録(2011/06)

2011年6月のトレード結果です。

通常の投資とは別に、遊びの資金での短期売買記録です。
震災で大きなダメージを受けましたが、3ヶ月経過してようやくプラス圏回復しました。

日本ケミコンの買いとTOTOの売りでは、かなり儲けさせてもらいました。ありがとう。

日本ケミコンは、震災で空けた窓を埋めました。
また、TOTOは6月中旬に底打ちしたみたい。
ここらで手仕舞いです。

今回のトレード

日付 銘柄(コード) 売買 数量 価格 決済日付 決済価格 損益
2011/3/24 日本ケミコン(6997) 1,000株 394円 2011/6/9 507円 +108,030円
2011/4/25 TOTO(5322) 1,000株 633円 2011/6/9 578円 +52,211円
2011/6/10 日本ケミコン(6997) 1,000株 504円 2011/6/17 511円 +5,792円
2011/6/10 TOTO(5322) 1,000株 589円 2011/6/17 580円 +7,914円
2011/6/10 保土谷化学(4112) 1,000株 388円
2011/6/21 TOTO(5322) 1,000株 587円 2011/6/24 610円 -24,050円
2011/6/21 フェローテック(6890) 200株 1,935円
2011/6/28 日特エンジニアリング(6145) 100株 1,250円
2011/6/28 フェローテック(6890) 100株 1,900円

現在の建玉一覧
第一稀元素化学工業(4082) 買建 100株
保土谷化学(4112) 買建 1,000株
フェローテック(6890) 買 300株
日特エンジニアリング(6145) 買建 100株

当月損益
+149,897円

累計損益(2011/3以降)
+41,718円

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

2011年7月2週展望

先週の結果

それでは恒例、先週の日経平均からです。

6/27(月) 9578.31円(-100.40円
6/28(火) 9648.98円(+70.67円
6/29(水) 9797.26円(+148.28円
6/30(木) 9816.09円(+18.83円
7/1(金) 9868.07円(+51.98円

若干上ブレしましたが、ほぼ予想通りでしたね。
上ブレの原因は、ダウが異常に強かったことでしょう。

久しぶりの的中です。

以下は先週の予想の引用。

短期では横ばいの25日移動平均を5日移動平均線が上抜けてゴールデンクロス
とても良い形です。

日経平均は、先週末のNYの結果を受け、下げて始まるでしょう。
そして、これまでなら9,600円台は売られていました。
となると下げる展開が予想されますが、流れは変わってきていると思います。

関係があるかは不明ですが、先週から物色の傾向も変わってきているようです。
ちゃんと調べたわけではないので確信はありませんが、これまで強さを見せてた銘柄は利益確定売りに押され、出遅れ銘柄に資金が流入しているような・・・
小型株から大型株へのシフト。この変化が日経平均の底上げになるのではないかと考えます。

そうだとしても米中の動向は要注目。
この2国が弱いことには日経は上がらない。
米中に注目しながらのトレードになります。

今週は上がりますよ。
1万円はまだ早いので、日経平均の予想レンジは9,400円〜9,800円とします。

今週の予想

CMEは10,000円つけてます。強すぎるよダウ!

ここまで日経平均はダウに引っ張られて上げてきました。
でも、この先は単純に連動しません。材料がないと上がらないゾーンです。

外国に目を向けると、ギリシャは落ち着いた感じ。
そして米国は週末に雇用統計があります。
雇用統計は、結果によっては大きく動くので注目。
発表までは小幅の動きにとどまるか?

そして騰落レシオは高まってきています。
現段階では、日経平均は10,000円突破するまでは、しばらくもみ合うでしょう。

今週は寄り天。とはいえ売りから入るのは少し怖い
日経平均の予想レンジは9,700円〜10,250円とします。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 1日 (金)

ボーナスで資産運用

みなさま、ボーナスは支給されましたか?
私、まーくんにも無事ボーナスが支給されました。

しかし、今回のボーナスで投資に向けるのは少なめ
たまには欲しいものにでも使ってみようかと、ベッドやPCなどを買うことにしました。

それでも、証券口座にはそこそこ現金があり、投資額はそれなりとなりました。
そこで今夏の投資対象として、以下の4つに絞りました。

①日本株

会社四季報 2011年3集 夏号 [雑誌]
東洋経済新報社 (2011-06-13)

震災で下がった日本株を買うのはどうかな。
しかし、買い時はとうに過ぎた気配。
いま会社四季報を見ているが、美味しい銘柄は少ない。
却下

②中国株

中国株二季報2011年夏秋号
T&Cフィナンシャルリサーチ
T&Cフィナンシャルリサーチ
売り上げランキング: 638

年2回のボーナスで買い増している中国株。
市場全体が下がっているいまはお買い得
これから中国株二季報を見て銘柄検討をしますが、現在ポートフォリオにおける中国株の比率がやや高め。
銘柄の入れ替えはあるかもしれないが、新規の投資は悩み中。
→悩み中

③外貨
いま一番ポートフォリオに加えたいのは外貨MMF
まーくんの目指す外貨投資は、利益を取りに行く攻めの投資ではない。
最悪の状況を睨み、リスクを分散させるための守りの投資です。

外貨の種類は妥当に行けば米ドル。
でもまーくんの場合ドルペッグしている香港ドル建ての中国株を保有しています。
ある意味米ドル資産持っているのと同じ。
これ以上、米ドル比率を増やしたくないので却下。

次にユーロ。
ユーロってなんだか不安。却下。

その次は豪ドル。
うん。投資対象にするなら、これかな。
→今回は外貨MMFかな

④金
先日、金投資について調べ記事にしました。
そのときは、ブログ上で純金積立を薦めましたが、スプレッドを考慮していないとの指摘があり、現在再調査中です。

いまでは金ETFに傾いています。
→ボーナスでの投資ではなく、プチ株とあわせて毎月の投資か?

まとめ。ボーナスでは外貨MMFを購入してみようと思います。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »