« 2011年8月2週展望 | トップページ | プチ株つみたて2011/8 »

2011年8月 9日 (火)

続・金投資(パラジウム編?)

以前、金投資はETFよりも純金積み立てお得と記事にしましたが、スプレッドを考慮していないとの指摘がありました。
そこで再度調べてみたところ、どちらも大差ないのでは?という結論に到達。

そんなところに書店でこの本を見つけ即購入。

豊島逸夫が読み解く金&世界経済 (日経ホームマガジン 日経マネー)
豊島 逸夫
日経BP社 (2011-06-21)
売り上げランキング: 1796

流行に合わせて出版したような本です。
純金積み立て、ETF、金鉱株投資のメリットデメリット
まーくんの知りたかったことが、全て書かれている一冊。

内容は、とても初心者向けで、具体的にはこんな感じ。

投資対象の貴金属は金、銀、プラチナ、パラジウムの4つ。
そのうち金、銀、プラチナは供給過剰。地上在庫が積み上がっている状態。

パラジウムだけは、需要が供給を上回る。地上在庫から実需を補っているんだそうだ。
パラジウムは装飾や触媒として利用され、プラチナと似た性質を持っている。

さらにパラジウムを採ると、同時にレアアースやプラチナも同時に採れる。
プラチナは供給過剰が続くのだ。
いずれプラチナとパラジウムは同価格になるだろうと〆ている。

面白い見立てですね。

本に書かれていることを、盲目的に信じようとは思っていないが、金よりもパラジウムが気になり始めている今日この頃。

パラジウムETFも投資対象として検討してみます。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 2011年8月2週展望 | トップページ | プチ株つみたて2011/8 »

株日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/52428475

この記事へのトラックバック一覧です: 続・金投資(パラジウム編?):

« 2011年8月2週展望 | トップページ | プチ株つみたて2011/8 »