« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

プチ株つみたて銘柄入れ替え(2011)確定

10月はつみたて銘柄の定期入れ替え。
5銘柄中4銘柄は決まっていましたが、残り1銘柄に何を組み入れるかで悩んでいました

でもETF(ETN)などは信託報酬などの余計な経費も多く・・・
結局、初志貫徹。配当上位関西電力に決定です。

スクリーニング条件は、株価10,000円以下の日経平均採用銘柄で配当上位。
ただし同一業種から、最も配当が高いものを採用。
この条件で抽出されたのが以下。

(入れ替え前)
・日本水産
・日本製紙
・エーザイ
・トレンドマイクロ
・みずほ銀行

(入れ替え後)
・武田薬品
・リコー
・三井物産
・みずほ銀行
・関西電力

5銘柄のうち4銘柄の入れ替えです。
日本水産、日本製紙はでは利益が出ましたが、エーザイ、トレンドマイクロがマイナスで、トータルもマイナス。
さらにカブドットコムの売買手数料の高さが響きます。

しかし、新つみたて銘柄の平均予想配当利回りは4.90%
なかなか高配当でしょ。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

プチ株つみたて銘柄入れ替え(2011)

10月はつみたて銘柄の定期入れ替え。
現在は以下の5銘柄のつみたてを行っています。
・日本水産
・日本製紙
・エーザイ
・トレンドマイクロ
・みずほ銀行

これを新しい銘柄に入れ替えます。
選定方法は毎年同じで、つみたて銘柄の選定にはダウの犬投資法がベースになっていますが、自分なりに若干のアレンジを加えています。

まず日経225採用銘柄の配当利回り上位を抽出。
ここから業種が被らないように選ぶだけです。

以下の表は、日経225採用銘柄の配当利回り上位10銘柄(2011年9月27日現在)

順位 銘柄(コード) 配当利回り(%)」 業種
1 みずほFG(8411) 5.31 銀行・保険
2 リコー(7752) 5.11 電気機器
3 NKSJHLD(8630) 4.83 銀行・保険
4 武田薬品工業(4502) 4.81 医薬品
5 エーザイ(4523) 4.70 医薬品
6 三井住友FG(8316) 4.66 銀行・保険
7 三井物産(8031) 4.55 商社
8 伊藤忠商事(8001) 4.34 商社
9 関西電力(9503) 4.34 電気・ガス
10 住友商事(8053) 4.33 商社

これにより、みずほFG、リコー、武田薬品、三井物産の4銘柄は確定したが 、関西電力を入れるか思案中。
どうも電力業界に期待が持てない

残りの1枠をめぐって、関西電力のほかには、インド株ETFで代用する案や金・パラジウムなどのETF、原油、天然ガスETFなど候補がありすぎて悩みまくっています

10月初めには銘柄の入れ替えを行い、次回のつみたてからは新銘柄にてつみたてます。
今週いっぱい悩んでみるかな。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

株スクール in 日経ホール 2011.09.23

3連休初日に開催されたカブドットコム証券主催セミナー「株スクール in 日経ホール 2011.09.23」に参加してきました。
さらに来週、再来週も投資セミナーに参加予定。
これで当分、ブログのネタには困りません。

ところで、毎回、カブドットコムのセミナーに参加していますが、回を重ねるごとに参加者も増えていると実感しています。
今回のセミナーでは会場内に入れない人もいたような・・・

セミナーは下記の通り、河合達憲氏と山田勉氏の二本立てです。

第1部 河合達憲氏 「米金融政策への期待は?投資ストラテジーと有望銘柄」
第2部 山田勉氏 「当面の相場見通し」

山田氏の話は面白いのだが、文章に上手くまとまらないので割愛。すみません。
まーくんの信頼するアナリスト河合氏の講演に絞ります。

最初は欧州の話。

直近の問題は29日のドイツ議会でのギリシャ救済審議。
通過するだろけど、何が起こるかわからんということで、嫌気して下げてるのが今の現状。

そもそも欧州は本当に危機に陥ってからでないと、ニュースとして取り上げられない。
なので、投資家はLIBOR金利を見て、危機を測定する必要がある。

KIBOR金利というのは、銀行間で貸し借りする際の金利。
危機があると銀行は現金で持っていたい。
貸すには金利を多くもらわないと割に合わない。
このような理由で、危機の際には金利が上がる。
これを見て欧州の危機具合を測定するのだ。

次のダウの話。

日本人は基本逆バリ。20%下げたからそろそろ反転するだろうという思考を持っている。
これに対して、欧米人は順バリ。20%下げたらベア局面入り。ぶん投げてもう一段の下げとなる。

そして高値から20%下落の水準が10,300ドル
ここを割り込んだら、もう一段の下落が起きるので要注意

続いて日本。

一時的な円高というのは影響はない。
しかし、長期の円高滞留は為替差損が発生する。
すでにドル円は80円を割り込んで3か月目に入る。
これにより、7-9月期の決算は為替の影響を受けることになる。

しかし日経平均は52週移動平均線の±13%で反転するというデータもある。
まさに今が-13%。そろそろ反転。下げの最終局面になるか?

投資ストラテジーは・・・

FX戦略
ユーロ安。
円高をなめてはいけない。まだユーロは下がるだろう。

コモディティ
インフレシナリオ(FRBによる低金利はお墨付き)。金・原油は上昇

日本株
テンポスバスターズ(2751)に注目。
中古厨房器具販売業者。
不景気リストラ→素人が少ない資金で簡単に始められるのが飲食業(しかしほとんどは上手くいかない)→厨房器具はもちろん中古。
これがテンポスバスターズのビジネスモデル。

またKDDI(9433)にも注目。
iPhoneをネタに何度か上昇するのが定番の流れ。
いったん戻した後が狙い目だ。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

2011年9月5週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

9/19(月) 祝日
9/20(火) 8721.24円(-142.92円
9/21(水) 8741.16円(+19.92円
9/22(木) 8560.26円(-180.90円
9/23(金) 祝日

まーくんの想定よりも安く引けました。
FOMCがかなり失望した内容だったことが要因でしょう。

予想はアタリとは言えませんが、まぁ、これも想定内です。

以下は先週の予想の引用。

今週は3日立会い。
売買が3日間に集中するため値動きが荒くなりそうです。

ユーロ圏財務相会合の結果を受けて、海外市場は大きく下げています。
いまだギリシャの問題が片付かない。
これを受けて、連休明けの日本市場は下げて始まります。

最も注目すべきはFOMC。
FOMCでサプライズでもあれば一段高もあるし、失望なら一段安もありえます。

しかし日経平均は先週末に8,800円を回復
チャート上では25日移動平均線を上回り、良い感じになってきています。
いつも言っていますが日本にはそれほど心配していません。
心配なのは欧米さらには中国だけです。

心配せずに買い向かいましょう。
とはいえ今週ももみ合い。弱含み

今週の日経平均終値は、変わらず8,800円を予想。
予想レンジは8,600円〜9,200円とします。

今週の予想

今週の注目は29日のドイツ連邦議会です。
これは世界が注目するイベントです。

この議会で、ドイツのギリシャ救済について審議されます。
ほぼ通過するとみられていますが、通過しないことになったら欧州はまた一大事
これが今、投資家の不安の種となっています。

そんなわけですので、日経平均は29日までジリ安展開。
そしてドイツ連邦議会通過で、一気に上がるというシナリオを考えています。

議会を通過しないなんてことになったら、また急落ですが、そのシナリオはいったん忘れることにします。

今週は狙っていくなら29日に先回りで買い
しかし30日に審議を通過を確認してから買っても遅くはないでしょう。

今週の日経平均終値はズバリ8,750円。
25日移動平均線までは戻すでしょう。

予想レンジは8,200円〜9,000円とします。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

株式投資マイルール

また株式市場に不穏な空気が漂っています。
そろそろ悪材料も出尽くすのではと安易に考えております。

本日のネタは、タイトルからも分かるとおり投資のマイルール。
まーくんには、長年の経験から得た教訓を元にできたマイルールがあります。
必ずしも正しいルールではないかもしれませんが、マイルールということで3つほど紹介してみようと思います。

1.信用、先物は売りで勝負

これまでの信用や日経先物の買い建てによる損失がなければ、株式投資のパフォーマンスはかなり向上しています。
正確には計算していませんが、2割以上向上するのではと考えています。

それもまーくんの損失の多くが信用や日経先物の買い建てによるもの。
逆に売り建てでは利益が出ています。

一方向にリスクを取りすぎて、逆に動いたときに身動きが取れなくなるのが負けパターン。

そういうわけで、信用、日経先物は売りで勝負。
買いは厳禁ですが、例外的に大底での買いだけは認めています。

しかし、分かっていても信用買いは止められない。
パソコンのモニタに「信用・先物買い厳禁」とでも貼っておくかな。

2.今が買いと思ったらもう少し待つ

投資の格言にも「もうはまだなり、まだはもうなり」というものがあります。

そろそろ底かなと思って買うと、まだ下がります
経験的に、買い時と思ってから10%は下がります。

買いと思っても、数日~数週間待ってから買ったほうがいいでしょう。

3.迷ったら動かない

相場の大底局面では、損失が大きくなり冷静な判断ができなくなります。
また急騰局面でも、欲に目がくらみ判断力が低下します。

そんな時に迷って決断を下すと、高い確率で判断を誤ります
こういう時、まーくんは動かないと決めています。

そのためにも「もしこうなったときはどうする」というのを事前に決めておくといいでしょう。
言うのは簡単なんですけどね。

以上マイルールでした。
みなさまの参考になれば幸いです。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

2011年9月4週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

9/12(月) 8535.67円(-201.99円
9/13(火) 8616.55円(+80.88円
9/14(水) 8518.57円(-97.98円
9/15(木) 8668.86円(+150.29円
9/16(金) 8864.16円(+195.30円

月曜日は大きく下げ、その後もみ合い、終値は8,800円チョット。
今回は、完全に予想が的中しました。

さて、今週はどうなるでしょうか?

以下は先週の予想の引用。

今週も金曜日はNYが大きく下げたので、日本も月曜日は下げから始まるでしょう。

G7は期待していませんでしたが、たいした結果も上げられず。
オバマ大統領の景気対策も想定内。
まぁ、これらはほぼ織り込みました。

国内に目を向けると、3次補正案の円高対策として、レアアースの確保や鉱山買収は評価できます。
また、サプライチェーンの問題も予想以上の改善
夏場の電力も問題は起きませんでした。
むしろ、節電の意識が根付いたのは良いこと。

さらに日経平均のPBRは1倍割れ。
欧州、米国には期待出来ませんが、今後日本が下げるとしたら外部要因によるもの。

震災後安値の8227.63円を底抜けしなければ心配なし
もし底抜けしたら、そのときは心配しましょう。

今週ももみ合い。今週の日経平均終値は8,800円辺りと予想。
予想レンジは8,200円〜9,000円とします。

今週の予想

今週は3日立会い。
売買が3日間に集中するため値動きが荒くなりそうです。

ユーロ圏財務相会合の結果を受けて、海外市場は大きく下げています。
いまだギリシャの問題が片付かない。
これを受けて、連休明けの日本市場は下げて始まります。

最も注目すべきはFOMC。
FOMCでサプライズでもあれば一段高もあるし、失望なら一段安もありえます。

しかし日経平均は先週末に8,800円を回復
チャート上では25日移動平均線を上回り、良い感じになってきています。
いつも言っていますが日本にはそれほど心配していません。
心配なのは欧米さらには中国だけです。

心配せずに買い向かいましょう。
とはいえ今週ももみ合い。弱含み

今週の日経平均終値は、変わらず8,800円を予想。
予想レンジは8,600円〜9,200円とします。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

初めてのオプション取引

先日、初めてのオプション取引にチャレンジしてみた。
まずはオプション取引の書籍を1冊読んで、あとは習うより慣れろだ。
結果はもちろん勝利。(3万円ほどですが)

実はオプション取引って、売りから入れば8~9割勝てるものなの。
まさかと思うかもしれないけど、これホント。
でも、そんなうまい話があるはずもなく、売りは負けたときのダメージ大。
利益限定、損失無限の取引。1回の負けで、勝ち分を一気に持っていかれる。
だからこそ利益を上げるためには、勝率を下げてでも買いを混ぜる必要がある。

相場ってのは上がるのはゆっくりだが、下がるのは一瞬。
その特性を利用して、急落を捉えてプットの買いを混ぜるのがいいのかな?
まぁ、これから勉強していきますわ。

オプションは、投資の利回りを向上させるための有効な手段になる可能性を感じています。

オプション取引は、保有株を保証金にして取引できるカブドットコムがオススメです。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

プチ株つみたて2011/9

9月のプチ株つみたてです。

毎月5~7万円の範囲でつみたてています。
市場が落ち込んで安いときは多くつみたてて、逆に高いときには少なくつみたてる方針です。

今月はタイミング良く、ほぼ底値での購入となりました。
そんなわけで、つみたて額はMAXの7万円です。
はたしてと出るでしょうか?

そして来月はつみたて銘柄の入れ替え。
現在、ETFを入れるか悩んでます。
まだ時間はあるので、ゆっくり悩むことにします。

それでは、今月のつみたての結果です。
日本水産 27株
日本製紙 4株
エーザイ 2株
トレンドマイクロ 5株
みずほ 99株

これまでの積み立て

銘柄(コード) 保有株数 現在値
平均取得単価
時価評価額
取得金額
評価損益
評価損益率
日本水産(1332) 1434株 283円
272円
405,822円
390,048円
+15,774
+4.0
日本製紙(3893) 206株 1,874円
2,004円
386,044円
412,824円
-26,780
-6.5
エーザイ(4523) 119株 3,240円
3,397円
385,560円
404,243円
-18,683
-4.6
トレンドマイクロ(4704) 152株 2,235円
2,502円
339,720円
380,304円
-40,584
-10.7
みずほ(8411) 2,815株 112円
162円
315,280円
456,030円
-140,750
-30.9

プチ株つみたてはカブドットコム証券で!!!

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

2011年9月3週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

9/5(月) 8784.46円(-166.28円
9/6(火) 8590.57円(-193.89円
9/7(水) 8763.41円(+172.84円
9/8(木) 8793.12円(+29.71円
9/9(金) 8737.66円(-55.46円

想定内の相場でしたが、もみ合いつつ下落
ビミョウにはずしました。

思いのほか米国、欧州に足を引っ張られている感じですね。

以下は先週の予想の引用。

雇用統計が予想を大幅に下回り、週末のNYは大きく下げました。
日本も月曜日は下げて始まるでしょう。

今週はイベント多しです。
オバマ大統領による景気対策、そしてG7。
日本では円高対策をまとめていたりします。
あとはSQなんかもありますね。

すでに売りのピークは超えています。
多少の悪材料は消化できるでしょう。

唯一気になるのは円最高値更新

今週はもみ合いながら上昇という予想でいきます。
日経平均の予想レンジは8,600円〜9,200円とします。

今週の予想

今週も金曜日はNYが大きく下げたので、日本も月曜日は下げから始まるでしょう。

G7は期待していませんでしたが、たいした結果も上げられず。
オバマ大統領の景気対策も想定内。
まぁ、これらはほぼ織り込みました。

国内に目を向けると、3次補正案の円高対策として、レアアースの確保や鉱山買収は評価できます。
また、サプライチェーンの問題も予想以上の改善
夏場の電力も問題は起きませんでした。
むしろ、節電の意識が根付いたのは良いこと。

さらに日経平均のPBRは1倍割れ。
欧州、米国には期待出来ませんが、今後日本が下げるとしたら外部要因によるもの。

震災後安値の8227.63円を底抜けしなければ心配なし
もし底抜けしたら、そのときは心配しましょう。

今週ももみ合い。今週の日経平均終値は8,800円辺りと予想。
予想レンジは8,200円〜9,000円とします。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

トレード記録(2011/08)

2011年8月のトレード結果です。

通常の投資とは別に、遊びの資金での短期売買記録です。

含み損が20万を超えました。
まぁ、それほど気にしていません。

それはそうと、8月はオプション取引もデビューしました。
オプションは上手く使えばとても魅力的な商品です。
株価が動かなくても利益を出せるというのは、利回りの向上につながっていくでしょう。

ただ、今回のオプション取引に関して言えば、リスクの割りにリターンが少ないかなと思っています。
まだまだ勉強が必要ですね。

今回のトレード

日付 銘柄(コード) 売買 数量 価格 決済日付 決済価格 損益
2011/8/2 フジ・メディア・HD (4676) 2株 119,900円 2011/8/16 110,400円
+18,368円
2011/8/2 東京放送HD(9401) 300株 982円 2011/8/16 928円 -17,054円
2011/8/18 旭硝子(5201) 1,000株 777円
2011/8/18 日本電気硝子(5214) 1,000株 802円
2011/8/25 日経平均Op 09コール9500 1枚 15円
2011/8/31 日経平均Op 09プット8250 1枚 16円

現在の建玉一覧
第一稀元素化学工業(4082) 買建 100株
フェローテック(6890) 買 300株
日特エンジニアリング(6145) 買建 100株
富士製薬工業(4554) 買建 200株
ニプロ(8086) 買建 200株
旭硝子(5201) 売建 1,000株
日本電気硝子(5214) 買建 1,000株
日経平均Op 09コール9500 売建 1枚
日経平均Op 09プット8250 売建 1枚

当月損益
+1,314円

累計損益(2011/3以降)
-14,675円

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

2011年9月2週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

8/29(月) 8851.35円(+53.57円
8/30(火) 8953.90円(+102.55円
8/31(水) 8955.20円(+1.30円
9/1(木) 9060.80円(+105.60円
9/2(金) 8950.74円(-110.06円

じわーっと上がりましたね。
的中でいいですよね。

新総理も決まったし、この閉塞感は打開されるだろうか。
最初の期待度が高くない分、あとは上がるだけな感じがします。

以下は先週の予想の引用。

バーナンキさんの発言では、QE3には触れなかったみたいです。
しかし、新たな政策の含みをもたせたとか。
それを受けて、金曜日の米国市場はいったん下げるも、引け間際に戻して終わりました。
経験上、こういうときの翌週はやっぱり下げるように思えるんだな。

でも日本市場はPBR1倍割れ。
この水準から売るのは勇気がいります。
さらにドル円の76円も堅そうです。
為替がここを割り込まなければOKでしょう。

また、金価格が下がっているのも興味深い。
安全資産からリスク資産への移行が始まっているのかな。

さらにさらに民主党代表選。
現時点では海江田さんが優勢みたいだけど、なんかパッとしないんだよね。
世代交代も必要だし、まーくんは前原さんに期待
前原さんが首相になれば、市場には好材料だと思うよ。

総合すると、今週はじわっと上がる相場です。
日経平均の予想レンジは8,600円〜9,300円とします。

今週の予想

雇用統計が予想を大幅に下回り、週末のNYは大きく下げました。
日本も月曜日は下げて始まるでしょう。

今週はイベント多しです。
オバマ大統領による景気対策、そしてG7。
日本では円高対策をまとめていたりします。
あとはSQなんかもありますね。

すでに売りのピークは超えています。
多少の悪材料は消化できるでしょう。

唯一気になるのは円最高値更新

今週はもみ合いながら上昇という予想でいきます。
日経平均の予想レンジは8,600円〜9,200円とします。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

売りのタイミングを考える

株式投資で一番難しいのは、売りのタイミングだとまーくんは思っています。
買った株が上がっているときは、もっと上がるんじゃないかと欲がでて、売り時を逃したり。
株が下がっているときは、そろそろ下げ止まるんじゃないかと考えている間にもっと下がったり、売るタイミングを見極めるのは非常に難しいものです。

10%下がったら損切り、10%上がったら利益確定とか言う人もいるが、まーくん的にはナンセンス
だって自分の買値が、市場に影響を与えているとは思えない。
だから、自分の買値を基準にした値段を、売りの目処にするのはおかしい。(ルールとしては悪くないが・・・)

売り値を決めるなら、チャート的の節目やテクニカルを利用したほうがいい。

まーくん的には、達成目標を頭に描いておき、それをクリアしたら利益確定。
買ったときの前提が崩れたなら損切りだ。

たとえば、原発が世界的に有望と考え、原発関連株を買ってはみたが、震災による原発事故で前提が崩れたと思ったなら売りだし、まだ有望と考えているならもち続けても良いだろう。

また、PERから目標株価を計算して売り目標とするのもよくやる手法。
直感で売買するのは下の下ですよ。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »