« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

2012年日本株の注目セクター、注目銘柄

ずいぶん時間がたってしまいましたが、楽天証券新春講演会より、今中能夫氏の「2012年日本株の注目セクター、注目銘柄」をお送りします。

講演を自分なりに噛み砕いてまとめたつもりですが、内容に誤りがあるかもしれません。
その点をご了承お願いします。(指摘していただけるとありがたいです)

今中能夫氏はゲーム、電機が専門のアナリストだそうです。
なので話の中心はゲーム、電機になります。

いまゲームと言えばソーシャル一色。
しかし2011年のクリスマス商戦では、これまで通り家庭用ゲーム機というのが現実。

子供を持つ親や女性の間では、ソーシャルゲームは警戒され、その人たちに任天堂は歓迎されている。

またアジア圏の人々が日本にやってきて3DSを買っていき、その人々に面白い高評価を受けている。
アジア圏では不正コピーが横行しているため、オンラインゲームが主流。
オンラインゲームなんかよりも、3DSのようなゲームが面白いのは当然だ。

ちなみに、2011年のゲーム上位40作の40%超が任天堂。

ソーシャルはどうかというと、欧米では無料のゲームにお金を払わない傾向がある。
それどころか日本のようなあからさまに課金するやり方には嫌悪感すらあるようだ。
そのため、グリーやDeNAのこれまでのやり方は海外では通用しないだろう。
それより任天堂のアジア展開により、2012年のゲーム業界は面白くなる。

次にテレビ。これは結構ヤバい
SONY、パナソニックのテレビ部門の赤字が止まらない。
特にパナソニックはヒドイ

日本は付加価値をつければ高く売れると踏んでいたが、それが誤算
それにより、サムスンやLGに負けてしまった。

ただしシャープの大型テレビは受けられている。
シャープは大型と小型に特化させたのがうまくいっている。

このSONY、パナソニック、シャープの中で1人当たりの売上高は断トツでパナソニックが低い
パナソニックは、かなり救いようのない状態だ。

SONYはエレクトロニクスの売り上げは低いが、映画、音楽、ゲームで頑張っている。
このエンターテインメント分野を重点的に伸ばしていきたいと考えているようだ。
ちなみにSONYのエンターテインメント分野は、以下のような位置づけになっている。

映画:ハリウッドメジャー7社の真ん中
音楽:SONYとユニバーサルで2分
ゲーム:ハードメーカー3社の1社

さらに自動車。
円高、中国スト、震災、タイの洪水。
円高を除くと、日産は無傷

復興関連では、人材の観点から大手建設。
建機はコマツ。コマツは中国関連と考えられがちだが、そうではない。
中国では減速しているが、全体で見れば増加している。

最後に注目銘柄で締める。

ゲーム:任天堂、カプコン、スクエニ
電機:シャープSONY村田製作所
自動車:日産、トヨタ、ホンダ
建機:コマツ
建設:大成建設、大林組、五洋建設

※赤字の銘柄は今中氏が推してると、まーくんが感じたもの。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

2012年3月1週展望

先週の結果

それでは恒例の先週の日経平均。

2/20(月) 9485.09円(+100.92円
2/21(火) 9463.02円(-22.07円
2/22(水) 9554.00円(+90.98円
2/23(木) 9595.57円(+41.57円
2/24(金) 9647.38円(+51.81円

あいかわらず強い
為替のドル円80円、日経平均ともに予想が的中しました。
まぁ先週は簡単だったね。

以下は先週の予想の引用。

日経平均は過熱感たっぷり。騰落レシオは130超え。
でもこういう時って、勢いだけでいっちゃうんだよなぁ。
それで、次の目標となると1万円になるんだろう。

ただ、日経平均は9,500円~9,750円の価格帯は出来高がやや多い。
ここを超えるには、さらなるエネルギーが必要だと考えています。
当面は9,500円~9,750円でもみ合うとみています。
ていうか、あまり一気に上がらずに少しもみ合ってほしいという願望がまーくんにはあったりします。

しかし、来週は欧州でギリシャ問題が進展する可能性もあります。
問題が落ち着けば好材料となるでしょう。

為替もドル、ユーロともに円安が進行。
今週のドル円は80円もあるかもしれません。

悪材料を探すのが困難
もう当分は日経平均が9,000円を割り込むことはないだろう。

日経平均の予想レンジは9,000円~9,750円。
終値で9,500円オーバーを予想。

今週の予想

ついに騰落レシオは140を挟んで推移。
しかし過熱しているからと、安易に売りなんかしたもんなら踏みあげられます。
まーくんは何度も経験しました。

まぁ、いま売っても、いずれ儲けはでるかもしれません。
でも一時的に含み損を抱えることになることでしょう。
下がり始めを確認してからの売りがベスト

いま日経平均が強いのはダウの影響ではなく、ドル円の影響が大です。
円安基調が続くようだと、日経平均も連れられて上がっていくでしょう。

そろそろ円安のスピードも落ちてきて、日経平均も上昇のスピードは落ちるでしょう。
しかし、落ちるとはいえ上昇はするだろうと考えます。
個人的には4月にグアム旅行を考えているので、あまり円安になって欲しくなかったりもします。

今週はダウとか欧州とか気にせず、為替注視です。

さらに現在、少し気になっていることがあります。
それは原油。ここのところのかなり上昇しています。
円安・原油高は業種によっては悪材料となります。
個人にも負担となってくるでしょう。

日経平均9,500円から9,750円の価格帯出来高は多い。
そのため、ここはすぐに突破できない。

日経平均の予想レンジは9,300円~9,800円。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

2011年配当金

毎年、もらった配当を使わずに貯金しています。
以下は、昨年1年間の配当金貯金です。

日付 銘柄 配当金
1月11日 思捷環球 1,217円
1月29日 オハラ 1,800円
3月28日 トレンドマイクロ 7,183円
4月20日 思捷環球 1,859円
5月24日 エーザイ 7,993円
5月18日 長城汽車 4,881円
6月1日 亜洲衛星 4,012円
6月7日 天能動力 4,133円
6月10日 日本水産 5,338円
6月20日 四川高速道路 3,328円
6月20日 田中化学研究所 2,160円
6月21日 みずほフィナンシャルグループ 13,080円
6月22日 慶鈴汽車 4,299円
6月23日 愛知製鋼 4,500円
6月24日 住友電気工業 2,700円
6月27日 東レ 4,500円
6月27日 王朝酒業 498円
6月28日 越秀交通 4,265円
6月29日 日特エンジニアリング 4,050円
6月30日 日本製紙 2,719円
7月4日 深セン控股 2,506円
7月6日 中国糧油控股 314円
7月7日 浪潮国際 866円
7月11日 中電国際 1,728円
7月11日 広深鉄路 6,969円
7月11日 精電国際 3,745円
7月19日 中国銀行 2,792円
7月19日 中国工商銀行 3,524円
7月22日 上海電気 1,231円
7月26日 中国建設銀行 2,004円
8月1日 上海集優機械 1,163円
8月8日 北京北辰 738円
8月18日 深セン高速道路 5,858円
9月5日 民航信息網絡 2,759円
10月6日 精電国際 1,867円
10月11日 香港興業国際集団 2,985円
10月17日 中国糧油控股 604円
10月21日 王朝酒業 257円
11月4日 亜洲衛星 694円
11月17日 エーザイ 7,498円
11月29日 越秀交通 3,403円
12月1日 住友電気工業 2,430円
12月1日 東レ 4,500円
12月1日 平河ヒューテック 1,800円
12月1日 日本製紙 1,855円
12月5日 日本水産 6,454円
12月5日 日特エンジニアリング 4,500円
12月7日 みずほフィナンシャルグループ 7,601円
合計 167,160円

※配当金は税引き後の手取り額

2009年61,636円2010年112,768円でした。
配当収入も順調に増えています。

これで今年も海外旅行だ!

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

マネックス証券中国株の特定口座に対応

まーくんが中国株でメインに利用しているマネックス証券が、中国株取引リニューアルにあわせて特定口座に対応することとなったようです。
実施は2012年3月19日(月)からだそうです。

先日の楽天証券のアセアン主要4か国の株式取扱開始ぐらいのビッグニュース
確定申告をしたばかりで、特定口座の便利さを実感していたところだったので尚更。

中国株の取次会社がユナイテッドワールドから、2010年に買収したBOOM証券に切り替わることで実現できたのでしょう。
特定口座の他にも変更点がありますが、一見しただけではBOOM証券に代わることのデメリットはなさそうです。

BOOM証券では中国株のほかにも、アジア全般(台湾、タイ、インドネシア、フィリピン他)の株式を取り扱っているので、将来的にはそれらの株式も買えるようになるかもしれません。

これから中国株投資を考えている方は、マネックス証券を検討してみてはいかが?
証券会社が切磋琢磨して、投資環境が改善されていくことは良いことですね。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

2012年2月4週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均から。

2/13(月) 8999.18円(+52.01円
2/14(火) 9052.07円(+52.89円
2/15(水) 9260.34円(+208.27円
2/16(木) 9238.10円(-22.24円
2/17(金) 9384.17円(+146.07円

日経平均はまーくんの想定を上回る強さです。
ノンストップで上がりっぱなし。

先週の相場は、2011/8の窓の上限を高値と予想していたのですが、あっさりクリアしてきました。
方向性は間違ていませんが、堂々と的中とは言えないな。

以下は先週の予想の引用。

決算は一巡。
欧米でも好材料悪材料も出尽くした感があります。
まーくんは、いったんはこのあたりで相場は膠着すると考えています。

日経平均は騰落レシオやRSIなどから過熱感があると考えている人もいれば、ボリンジャーバンドが拡大し始めていることから、まだ過熱していないとの説もあります。
まーくんはやはり短期的には過熱していると考えていますが、長期的には先高感を感じています。

また好材料としては、為替はドルもユーロも円安に向かっています。
そんなことから不安は少なく、日柄調整になるだろうと予想します。

今年は節分天井彼岸底というパターンとはならないでしょうね。

今週は日経平均は9,000円を挟んでの動きで、最終的には9,000円をキープと予想。
日経平均の予想レンジは8,700円~9,300円です。

今週の予想

日経平均は過熱感たっぷり。騰落レシオは130超え。
でもこういう時って、勢いだけでいっちゃうんだよなぁ。
それで、次の目標となると1万円になるんだろう。

ただ、日経平均は9,500円~9,750円の価格帯は出来高がやや多い。
ここを超えるには、さらなるエネルギーが必要だと考えています。
当面は9,500円~9,750円でもみ合うとみています。
ていうか、あまり一気に上がらずに少しもみ合ってほしいという願望がまーくんにはあったりします。

しかし、来週は欧州でギリシャ問題が進展する可能性もあります。
問題が落ち着けば好材料となるでしょう。

為替もドル、ユーロともに円安が進行。
今週のドル円は80円もあるかもしれません。

悪材料を探すのが困難
もう当分は日経平均が9,000円を割り込むことはないだろう。

日経平均の予想レンジは9,000円~9,750円。
終値で9,500円オーバーを予想。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月18日 (土)

デイトレ修行中

最近、投資関連の書籍を読み漁り、その影響を受けまくっている。

まず、いま読んでいるのはこれ。

著者の戸松氏が自身のセミナーで紹介していたので購入してみた。
戸松氏曰く、タイトルは出版社の都合で米国株となっているが、内容は米国株はもちろん新興国や商品まで幅広く書かれている。

まーくん評価だけど、これなかなかの良書ですね。
かなり、米国株を買いたい衝動に駆られています。

さらにこの本も読んだ。

一生お金に困らない個人投資家という生き方
吉川 英一
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 499

著者は不動産投資とデイトレで生計を立てているらしい。
不動産投資とデイトレ、どちらも興味があるので読んでみた。
この書籍は、だいたい不動産投資とデイトレが6:4くらいの割合で書かれている。

そして、この本にも影響されてデイトレを開始。
まーくんはサラリーマンだが、会社はフレックスで10時出社可能。
通勤中にスマホを駆使してデイトレができるのだ。

3000株で3円くらい抜ければ十分と思っているのだが、これがなかなか難しい
書籍では簡単そうに書いてあるんだけどな・・・
結局いまのところは高い授業料を払う羽目になっています。

銘柄選択が悪いのか?それとも、スマホでデイトレするのが無謀なのか?
著者の吉川氏曰く、デイトレはとにかく経験。ひたすらトレードしろだそうだ。

いつかは株だけで生活するために、いまはデイトレ修行中なのだ。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

2012年米国経済・株式相場の見通し

楽天証券新春講演会より、堀古英司氏の「2012年米国経済・株式相場の見通し」です。

講演を自分なりに噛み砕いてまとめたつもりですが、内容に誤りがあるかもしれません。
その点をご了承お願いします。(指摘していただけるとありがたいです)

今年もっともチャンスのある商品はドル円(為替)だ。

これまでアメリカや欧州は通貨の供給を増やしてきた。
しかし、日本はM1(マネーサプライ)の増加がなかったため、円高となるのは当然の結果。

なぜ日銀は通貨の供給を増やさないのか?
それは日本とアメリカで中央銀行の使命が違いによるものです。
日銀はその使命として「物価の安定」が課されていますが、FRBには「物価の安定」に加えて「雇用の最大化」が課せられています。
FRBは通貨の供給により雇用の回復する役目もあるが、日銀はそこまでの使命がないためだからだ。

だが、ここにきて日本もようやく通貨の供給を始めた。
日米で金利差がなくなったいま、為替はマネーの量で決まる。

2012年はドル円の転換点。
米国の景気は10年サイクルで動いています。
下落の5年が経過し、これから上昇の5年を迎えようとしています。

金融ショックにより公的債務が増えるのは過去の歴史からみれば当たり前のこと。
公的債務がピークに達するころ、民間債務はかなり圧縮されて、景気は回復基調へと向かう。
しかし、企業は債務が減り、質が高まっているが、ソブリンリスクを恐れて手を出さない。
こんなに良い投資機会はない。

いまアメリカ株式は12年前の水準で購入できます。
為替(ドル円)を勘案すると当時の半分と、非常にバリュエーションが安い
配当利回りが10年債利回りより高いという、リーマンショック時以来の状況で、これはもはや異常
FOMCで、この先2年以上金利は上がらないと発表がありました。
そのため、債権の利回りが上がることはないので、上がるのは株価のほうである。

さらに住宅市場は底打ちの気配を見せている。
先行指標の住宅市場指数は急回復をしています。
ケースシラー指数が上がるころには、メディアが住宅市場が回復したと一斉に騒ぎ出すでしょうが、その時ではもう遅いのです。
欧州で何が起きようとも、米国の住宅指数はまったく影響を受けません。

最後に欧州債務危機

解決策は2つ。
財政による解決と、金融による解決だ。
財政による解決はEU10数か国の合意が必要となるので無理

そうなると金融による解決となる。
EUでは条約により自国で通貨を発行できない。
そこでECBも徐々に通貨を発行する方向に動いている。
これにより3年の時間を稼げる。
通貨量が増えれば、副次的に金価格の上昇もある。

そんなわけで逃避先として円が買われているのだ。
こういった資金はすぐに引いていくだろう。
これが最初に述べたドル円が今年最もチャンスがある理由だ。

2012年前半にドル円は最大の買い場を迎える。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月)

プチ株つみたて2012/2

今月もプチ株つみたての時間です。

毎月8~10万円の範囲でつみたてています。
市場が落ち込んで安いときは多くつみたてて、逆に高いときには少なくつみたてる方針です。

今月もつみたて額はMAXの10万円。

ここにきて、つみたての含み損が激減しています。
安いうちにたっぷり仕込んでおきたいところです。

それでは、今月のつみたての結果です。
武田薬品工業 7株
リコー 6株
三井物産 3株
みずほ 99株
関西電力 18株

これまでの積み立て

銘柄(コード) 保有株数 現在値
平均取得単価
時価評価額
取得金額
評価損益
評価損益率
武田薬品工業(4502) 124株 3,345円
3,610円
414,780円
447,640円
-32,860
-7.3
リコー(7752) 594株 621円
652円
368,874円
387,288円
-18,414
-4.8
三井物産(8031) 341株 1,307円
1,149円
445,687円
391,809円
+53,878
+13.8
みずほ(8411) 3775株 126円
148円
475,650円
558,700円
-83,050
-14.9
関西電力(9503) 352株 1,322円
1,312円
465,344円
461,824円
+3,520
+0.8

プチ株つみたてはカブドットコム証券で!!!

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

2012年2月3週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

2/6(月) 8929.20円(+97.27円
2/7(火) 8917.52円(-11.68円
2/8(水) 9015.59円(+98.07円
2/9(木) 9002.24円(-13.35円
2/10(金) 8947.17円(-55.07円

日経平均は9,000円を回復
終値では9,000円を割り込んでしまいましたが、これは想定内。
先週は簡単な相場でしたね。予想も的中でした。

以下は先週の予想の引用。

いまの日経平均が上昇しているいのは、外国人の買いが戻ってきていることが主な要因。
欧州の不安が遠のいたことで、リスクマネーが戻り始めています。

さらに先週末の米国の雇用統計はかなり良い数字
今週こそ日経平均は9,000円にトライ。
どころか一気に突破してくるかもしれません。

しかし為替はやや気になるところ。
ドル円76円台というのが、思いのほか日経平均が上昇しない理由か。
幸い76円前半は介入を警戒してかなかなか割り込まない。
雇用統計が良かったので、ドル高が進んでるのも好材料

今週こそ日経平均は9,000円回復
日経平均の予想レンジは8,600円~9,200円です。

今週の予想

決算は一巡。
欧米でも好材料悪材料も出尽くした感があります。
まーくんは、いったんはこのあたりで相場は膠着すると考えています。

日経平均は騰落レシオやRSIなどから過熱感があると考えている人もいれば、ボリンジャーバンドが拡大し始めていることから、まだ過熱していないとの説もあります。
まーくんはやはり短期的には過熱していると考えていますが、長期的には先高感を感じています。

また好材料としては、為替はドルもユーロも円安に向かっています。
そんなことから不安は少なく、日柄調整になるだろうと予想します。

今年は節分天井彼岸底というパターンとはならないでしょうね。

今週は日経平均は9,000円を挟んでの動きで、最終的には9,000円をキープと予想。
日経平均の予想レンジは8,700円~9,300円です。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

トレード記録(2012/1)

2012年1月のトレード結果です。

通常の投資とは別に、遊びの資金での短期売買記録です。

ついにフェローテックの含み損を清算しました。
現在、含み益と含み損がトントン。
記録を始めてから1年でややプラスといったところ。

オプション取引のプラスが、信用取引と日経225miniのマイナスで持ってかれていってます。
信用はやめて、オプション一本に絞ろうかな。

今回のトレード

日付 銘柄(コード) 売買 数量 価格 決済日付 決済価格 損益
2011/6/21 フェローテック(6890) 200株 1,935円 2012/1/4 730円 -247,594円
2011/7/11 富士製薬工業(4554) 200株 1,416円 2011/1/4 1,184円 -51,556円
2011/10/24 テンポスバスターズ(2751) 2株 74,000円 2012/1/20 137,400円 +126,168円
2011/11/10 日経平均Op 01プット7250 1枚 75円 2012/1/13 0円 +74,790円
2012/1/4 栗田工業(6370) 200株 2,040円
2012/1/4 スカイマーク(9204) 200株 1,002円
2012/1/4 スカパーJSATHD (9412) 4株 39,600円
2012/1/26 カスミ(8196) 100株 517円
2012/1/26 ビックカメラ(3048) 1株 44,100円

現在の建玉一覧
第一稀元素化学工業(4082) 買建 100株
日特エンジニアリング(6145) 買建 200株
ジオマテック(6907) 買建 200株
三菱ケミカルHLDGS(4188) 買建 1000株
住友化学(4005) 売建 2000株
富士フイルムHLDGS(4901) 買建 200株
栗田工業(6370) 買建 200株
スカイマーク(9204) 買建 200株
スカパーJSATHD (9412) 買建 4株
カスミ(8196) 買建 100株
ビックカメラ(3048) 買建 1株
日経平均Op 02プット7750 売建 1枚
日経平均Op 03プット7500 売建 1枚

当月損益
-98,192円

累計損益(2011/3以降)
+53,377円

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

2012年2月2週展望

先週の結果

マネックス証券のセミナーに落選してしまい、今週の予定が空いてしまいました。
マネックス証券のセミナーには参加したことがなかったので、行きたかったのに。
残念です。

まずは先週の日経平均です。

1/30(月) 8793.05円(-48.17円
1/31(火) 8802.51円(+9.46円
2/1(水) 8809.79円(+7.28円
2/2(木) 8876.82円(+67.03円
2/3(金) 8831.93円(-44.89円

日経平均9,000円タッチはなりませんでした。
先週は大きな話題もなく、もみあいが続きましたね。
このまま日柄調整を続くんでしょうか。

予想はアタリとは言えないまでも、そこそこってとこかな?

以下は先週の予想の引用。

30日のEU首脳会談に懸念が若干残ります。
しかし欧州問題は相当織り込まれているので、そんなに気にしなくてもいいでしょう。

それよりも好調な米国の指標。
国内企業の決算に注目すべきです。

今週の日経平均は9,000円にトライ。
また25日線と75日線がゴールデンクロス間近です。
ただ騰落レシオなどの指標に過熱感もあります。
ちょっとした日柄調整が必要でしょう。
それでも、チャート的に日経平均はかなりいい感じ。

先週も述べたとおり、次のメドは10/31につけた9,152円。
何か一つ材料が出れば、すぐにクリアできると思いますよ。

今週の日経平均は9,000円回復とまではいかないかもしれませんが、タッチくらいはするでしょう。
日経平均の予想レンジは8,600円~9,200円です。

今週の予想

いまの日経平均が上昇しているいのは、外国人の買いが戻ってきていることが主な要因。
欧州の不安が遠のいたことで、リスクマネーが戻り始めています。

さらに先週末の米国の雇用統計はかなり良い数字
今週こそ日経平均は9,000円にトライ。
どころか一気に突破してくるかもしれません。

しかし為替はやや気になるところ。
ドル円76円台というのが、思いのほか日経平均が上昇しない理由か。
幸い76円前半は介入を警戒してかなかなか割り込まない。
雇用統計が良かったので、ドル高が進んでるのも好材料

今週こそ日経平均は9,000円回復
日経平均の予想レンジは8,600円~9,200円です。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

楽天証券「新春講演会 2012」

今年も参加しました。楽天証券主催の「新春講演会 2012

今後、講演会の内容をかいつまんで報告していく予定です。
初回は講演会の概要。

まずは講演会タイムスケジュールです。

10:10~11:10 寺島実郎氏 「日本創生に向けて」
11:15~12:15 堀古英司氏 「2012年米国経済・株式相場の見通し
13:35~14:35 榊原英資氏 「為替がわかれば世界経済がわかる」
14:40~15:40 今中能夫氏 「2012年日本株の注目セクター、注目銘柄
15:55~16:45 辛坊治郎氏 「どうなる!?日本の政治経済~辛坊治郎が2012年を語る~」

まずは全体として、どの方も2012年は円安・株高になるだろうということで一致していました。

寺島氏は1年前も同じ場で講演した方ですが、今回もまったく同じ内容の話をしていました。
1年前の講演記事はこちら
なのでバッサリと割愛します。

堀古氏は、米国市場の話。
実際に米国で活躍されている方で、米国からみた米国の話は大変貴重です。
後日詳細を記事にします。

榊原氏は為替の話で途中まで聴いていたのですが、早起きしたうえに食後だったことが重なり熟睡。起きたら終わっていました。

今中氏は特にゲーム関連の具体的な銘柄について。
ソーシャルはダメ。任天堂が復活するといった内容でした。
これも後日記事にしようと思います。

で、最後が辛坊氏。
政治、マスコミ裏話から哲学的な内容まで多彩。
このブログの記事にするような内容でありませんが、引き込まれる語り口でした。
今回の講演の中で一番面白かった

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »