« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月27日 (火)

必勝ペアトレード

いま、まーくんには必勝トレード法が二つある。

一つは、日経オプションコールとプットのショート。
1~2ヶ月先の相場観を元にトレードして、ここ半年は8万円/月の収入になっている。

二つ目がこれから紹介するペアトレードだ。

ペアは旭硝子(5201)日本電気硝子(5214)

ザラ場で旭硝子と日本電気硝子の前日比値上がり差が10~15円になったら、高いほうを空売りして、安いほうを買う
たとえば、旭硝子が前日比+10円、日本電気硝子-3円だとすると、日本電気硝子を買って、旭硝子を空売る。ただ、それだけ。
前日比値上がり差が大きいほど成功の確率は高くなる。

そして、お互いの価格が近付いてきたら清算する。
そうすると価格差が利益になるという理屈だ。

もし期待に反して相場が逆に動いたら、ナンピンもありだ。
このペアは経験上いずれ近づくから。
でも、相場があまり動かないときは一度撤退するもあり。

ちなみに日本電気硝子のほうが、ボラティリティが大きいので、その点も踏まえるとさらに勝率が上がる。

まぁ経験の部分が大きいので説明がしづらくて申し訳ない

2011年前半、この手法でトレードしていたのだが、震災を境にトレード手法を変えてしまった。
しかし、最近またこの手法を取り入れ始めて高確率で勝っている。

述べ取引期間は3か月で、30戦23勝7敗。実に勝率は75%。
勝った時の1回あたり利益平均は12,000円で、負けた時の1回あたり損失平均は9,800円だ。
月当たりの平均利益は70,000円。

これとオプションだけやってれば、15万円/月の利益。
十分すぎるのだが、その儲け分を信用取引(ロング)でいつも溶かしちゃう。いわゆる必負パターン。

最近、そのことがようやく分かってきたので、そろそろ信用取引(ロング)は止めます。
でもショートは意外と勝てるんだよね。

いまは2つしかないが、必勝投資法をもっと増やして、安定的に50万円/月で目指せリタイヤ生活!

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

2012年3月5週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均のおさらい。

3/19(月) 10141.99円(+12.16円
3/20(火) 祝日
3/21(水) 10086.49円(-55.50円
3/22(木) 10127.08円(+40.59円
3/23(金) 10011.11円(-115.61円

一時、日経平均は1万円を割り込みましたが、最終的には1万円を維持して終えました。
これは素直に強かったと言えるでしょう。

しかし、先週まーくんが予想した窓埋め(10,254円)は達成できませんでした。
微妙な下落という方向性だけは間違ってないかったので、半分的中くらいにしてもらえると嬉しいですね。

以下は先週の予想の引用。

これまで日経平均は為替相場に連動していましたが、先週末から潮目が変わってきたような印象を受けます。
木曜日、金曜日と円高方向に動いたので、日経平均は下落してしかるべきでした。
しかし上昇して終わっています。

急激な円安原油高などもあり、悪材料と市場は判断しているのでしょう。
そのため為替よりもダウ高好感しての上昇とも考えられます。

ですので、これ以上の円安も円高も望ましくありません。
いまがちょうどいい水準といえるのではないでしょうか。

また、毎週気にしていますが、騰落レシオは相変わらず140あたりをうろちょろ。
いまの勢いであれば、今週の日経平均は間違いなく震災で空けた窓(10,254円)を埋めてくるでしょう。

米国の住宅指標次第では、そのまま突き抜けていくかもしれません。
しかし、まーくん的シナリオでは、窓埋め達成感による微妙な下落を予想します。

日経平均の予想レンジは9,750円~10,350円。
結局、行って来いとなるのではないでしょか。

今週の予想

今年は節分、彼岸天井と相場格言のまったく逆の展開。ある意味面白いですね。

それはさておき、日経平均は、3/9の窓と25日移動平均線の9,750円あたりを下値のメド、上値のメドは震災時の窓10,250円と考えています。

また、今週は28日に配当落ちがあります。
そのため株価はその分下落するでしょう。
即日、配当落ち分を埋めてくるようなら強気買いでもかまいません。

しかし、騰落レシオが下がってきているとはいえ、まだ120超です。
まだまだ調整期間は必要。

今週の日経平均は9,000円台が主戦場となると考えています。
もし25日線まで下げ、そこで止まったなら買いです。
中期で見るなら、今週は押し目かもしれません。

あと米国の動向や為替の動向は、あんまり気にせずとも良いでしょう。
世界的に材料出尽くし感があります。

日経平均の予想レンジは9,750円~10,250円。
終値で10,000円に乗せてくれば御の字。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

ダイヤモンド「株」データブックがヒドイ

ダイヤモンド社は、先日楽しいセミナーでお世話になりました。
でも、そのダイヤモンド社が販売する「株」データブックがヒドイんです。

なにがヒドイって、前号で三菱ケミカルHLDGSは最高評価の買い推奨、住友化学は最低評価の売り推奨でした。
ちょっと楽して、本の通りに住友化学を空売りして、三菱ケミカルHLDGSを買ってみましたよ。
したら住友化学は25%も上昇、三菱ケミカルHLDGSはたった3%の上昇。大損です。

さらに今号の「株」データブック読んだら、住友化学は手のひらを返したように「強気」評価となっていて、買いスタンスとかぬかしています。

ちなみに、スカイマークも買い評価で株価は3割も下落でしたよ。
こんなに日経平均が上がっている中、とことんハズレつかんじゃいました。

3か月前とは為替などの前提が全く変わっていますが、ここまでハズすのはヒドイと思いませんか?
さすがに、この本はもう買わないかもね。
データ提供元のフィスコも信用できないな。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

2012年3月4週展望

先週の結果

はい。先週の日経平均です。

3/12日(月) 9889.86円(-39.88円
3/13日(火) 9899.08円(+9.22円
3/14日(水) 10050.52円(+151.44円
3/15日(木) 10123.28円(+72.76円
3/16日(金) 10129.83円(+6.55円

予想よりはるかに強かったが、日経平均は終値で10,000円維持は正解
円安が予想以上のスピードで進行していますね。

ひとまずは予想的中と言っても差し支えないでしょう。

以下は先週の予想の引用。

騰落レシオは140超えですが、まーくんは過去に160近い騰落レシオを見たこともあります。
ですので、それだけでは下げる理由にはなりませんが、先週、MACD(日足)はデッドクロス(再度ゴールデンクロスしそうな勢いですが)
テクニカルだけで考えれば、明らかに売りです。

しかし、頭では過熱していると分かるんですけど、円安という強力な材料もあり、売るに売れません。
順当にいけば、今週日経平均は10,000円を固めてくるでしょう。

また日経平均のPERから考えると22.7倍と高めではありますが、円安により是正されるので、実際はもう少し下がることになります。PBRは1倍ちょっととまだまだ割安

しかし原油高、円安による燃料費の上昇が、やや気になります。
これはこれで、自然エネルギー関連には追い風になるやもしれませんね。

今週は、震災前の株価を回復してくるのでしょうか?
震災からちょうど1年。そのときに空けた窓を埋めるなんて出来すぎな展開。
日経平均の予想レンジは9,700円~10,250円、終値で10,000円を予想。

今週の予想

これまで日経平均は為替相場に連動していましたが、先週末から潮目が変わってきたような印象を受けます。
木曜日、金曜日と円高方向に動いたので、日経平均は下落してしかるべきでした。
しかし上昇して終わっています。

急激な円安原油高などもあり、悪材料と市場は判断しているのでしょう。
そのため為替よりもダウ高好感しての上昇とも考えられます。

ですので、これ以上の円安も円高も望ましくありません。
いまがちょうどいい水準といえるのではないでしょうか。

また、毎週気にしていますが、騰落レシオは相変わらず140あたりをうろちょろ。
いまの勢いであれば、今週の日経平均は間違いなく震災で空けた窓(10,254円)を埋めてくるでしょう。

米国の住宅指標次第では、そのまま突き抜けていくかもしれません。
しかし、まーくん的シナリオでは、窓埋め達成感による微妙な下落を予想します。

日経平均の予想レンジは9,750円~10,350円。
結局、行って来いとなるのではないでしょか。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

ザイ主催セミナー

3/15(木)にザイ主催のセミナーに参加してきました。
実力派ファンドマネジャー・藤野英人さんに聞く『日本を変える!スター企業の見つけ方』です。
参加者は30名程度の少人数。

ちなみに藤野英人さんは、この本の著者でもあります。

早速セミナーの紹介に入ります。

2001~2011年、経団連の会長・副会長のいる企業の成績を株価でみると悪かったといえる。
そんな人たちが日本を牛耳っているのだから、日経平均は今後10年は期待できない

東電しかり、オリンパスしかり、大きな会社がいい会社ではなく、成長する会社がいい会社なのだ。
企業の大小にとらわれず、成長性に投資するとうまくいくだろう。

それが分かるのが、以下の株価を表わした式。

株価=PER(人気)×EPS(利益の成長)

人気が上がるか下がるかなんて読めない。そこに賭けるのは、いわゆる博打だ。
それよりも、毎年利益が成長している会社に賭けるほうがより安全な投資と言える。

それでは成長する会社とは?

  • 生活を快適に楽しくできる会社
  • 10年後、20年後もあり続ける会社
  • 強みのある会社
  • 明確なビジョンがある

セミナーでは、次の銘柄を推していた。
・ジェイアイエヌ(3046)
・コシダカホールディングス(2157)
・エスクリ(2196)
・大研医器(7775)

ちなみに2008/9~2011/9の間に、株価が50%以上上昇した企業は332社。
なんと全上場企業の10%にもなる。しかも、このほとんどが中小型株。
時価総額3000億円以上に絞るとたった4社で、ソフトバンクや楽天などエグイ経営者のいる企業ばかり。

日経平均や為替を当てることは困難。ならば成長する会社を選んで買えばいい。
年率20%成長する企業を買えば、たとえ日経平均が20%下がってもトントンだから。

こんな感じでセミナーは終わりました。
まーくんも共感できる内容。とても有意義な時間を過ごせたと思います。

普通のセミナーならここで終わりなのだが、このあと懇親会まで開催された。
懇親会では、食事をしながら講師の方と話したり、ZAi編集部の方と話したり、セミナー参加者同士で話したりと、こういう双方向のセミナーはとても貴重な体験。
こんな素敵なセミナーを開催してくれたダイヤモンド社には感謝

まーくん的には、ダイヤモンドZAiの紙面にも登場しているアイドル編集部員の前田かなさん(通称:まえかな)と長時間話ができて満足。かわいいし、意外と巨乳だし。(ここ大事です)

こんな至れり尽くせりのセミナー。
タダで帰るのは気が引けたので、セミナー講師の書籍(サイン入り)をお買い上げ。

次回があれば、また参加したいと思えるセミナーでした。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

プチ株つみたて2012/3

3月のプチ株つみたてです。

毎月8~10万円の範囲でつみたてています。
市場が落ち込んで安いときは多くつみたてて、逆に高いときには少なくつみたてる方針です。

今月は相場が過熱してきているため、つみたて額を減額しようとしていました。
しかし変更が間に合わず、結局MAXの10万円。まぁいいか。
来月からは8万円にして、2万円は貯金に回します。

そして実際のつみたてはというと、2月の8万円弱の含み損から、今月は一気に13万円弱の含み益と、一ヶ月で21万も増えています。
これぞ、つみたて投資の醍醐味

それでは、今月のつみたての結果です。
武田薬品工業 7株
リコー 44株
三井物産 5株
みずほ 26株
関西電力 5株

これまでの積み立て

銘柄(コード) 保有株数 現在値
平均取得単価
時価評価額
取得金額
評価損益
評価損益率
武田薬品工業(4502) 131株 3,700円
3,616円
484,700円
473,696円
+11,004
+2.3
リコー(7752) 638株 731円
658円
466,378円
419,804円
+46,574
+11.1
三井物産(8031) 346株 1,403円
1,153円
485,438円
398,938円
+86,500
+21.7
みずほ(8411) 3801株 137円
148円
520,737円
562,548円
-41,811
-7.4
関西電力(9503) 357株 1,386円
1,313円
494,802円
468,741円
+26,061
+5.6

プチ株つみたてはカブドットコム証券で!!!

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

株ってそんなに難しくないんだよ

株がうまくなりたけりゃどうすればいいか?

それは、頭が良くなりたければ勉強するし、スポーツがうまくなりたければ練習しますよね。
それと同じで株がうまくなりたければ、トレードすればいいのです。

ただ多くの人は、途中で大きな損失を被るなどして挫折し、市場から撤退していきます。
そして、そのような多くの人たちを見たり、聞いたりして株は難しいものと思い込んでいるだけす。
これは勉強やスポーツでも同じですよね。
株はトレードを繰り返していけば、必ずうまくなるんです。

だからと言って、何も考えずにトレードしていてはなかなか上達しません。
まず、自分の勝ちパターンと負けパターンをしっかり把握すること。

負けパターンが分かったら、そのパターンは避ける
これはなかなか難しいです。分かっていても、繰り返してしまうものなので。
そういう場合は、トレード用のパソコンのモニタに付箋紙でも貼って、常に意識するしかありません。

まーくんの負けパターンは押し目だと思い、信用取引MAXで買ってしまい、どん底でぶん投げるパターン。
まーくんの場合「いまが本当に底ですか?」と付箋紙で貼ってあります。

逆に勝ちパターンが分かれば、これはひたすら繰り返すだけです。

まーくんのいまの勝ちパターンは、オプション取引のショート戦略と、旭硝子と日本電気硝子のペアトレード。この二つは勝率は9割です。
まーくんは、さらに勝ちパターンを増やしたいため、日々様々な手法を研究しています。

何はともあれ、とにかく少し負けたからって、5年は止めずに株を続けてみろ。
そしてよく考えろ。絶対に株で勝てる
最初は損をしても、必ず取り返せるようになるから。

まーくんは株を初めて6年半。
最初は負けて大損もしたけど、いまではその負けも取り返し、資産はプラスになっています。

昔の人は言いました「継続は力」なりです。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

2012年3月3週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均からです。

3/5(月) 9698.59円(-78.44円
3/6(火) 9637.63円(-60.96円
3/7(水) 9576.06円(-61.57円
3/8(木) 9768.96円(+192.90円
3/9(金) 9929.74円(+160.78円

日経平均は、まさかの10,000円タッチ。
そこまでの展開は完全に予想外。さすがに速すぎます
木曜日まではほぼ予想通りに進んだのですが、金曜日に一気にぶち抜けましたね。
大きくハズした訳でないけれど、予想的中というには恥ずかしい内容の予想。

ちなみに、まーくんの5月までの相場観では、いまは騰落レシオが高いので、日経平均のこれ以上の上昇は限界が知れています。しかし急落して9,000円を割り込むとも考えにくい。
そんなわけで、先週半ばの安いところで日経平均5月プット8500円を売り建て、週末の高いところで日経平均5月コール10750円を売り建ててみました。
いまの勢いではコールの売り建ては少し不安がありますけど・・・

以下は先週の予想の引用。

ドル円82円、日経平均9,800円あたりが、いまの上限ですね。
ドル円が83円を超えてくれば、日経平均は10,000円の大台が見えてくる。

しかしながら、騰落レシオしかり、RSIしかり、テクニカルは超過熱
この状況で、これ以上の上昇は望めない。
まずはいったんこの過熱を冷ます段階にはいるでしょう。

先週の相場を見た感じでは強いんだけど、3日連続の陰線で終わっていて、勢いは弱まっている印象を受けました。
そうは言っても急落なんて事態にはならないでしょうから、日柄調整ということになるんでしょうね。
日経平均は大筋9,500円~9,800円で納まるだろう。

今週はイベントとしては、米国で雇用統計があるし、国内ではメジャーSQもあります。
でも、そんなの関係ねぇ。いま見るべきは為替だけで十分。
今週は一服だ。一週間終わってみれば、今週終値の±100円の範囲にいるだろう。
そういうわけで、日経平均の予想レンジは9,500円~9,800円。

今週の予想

騰落レシオは140超えですが、まーくんは過去に160近い騰落レシオを見たこともあります。
ですので、それだけでは下げる理由にはなりませんが、先週、MACD(日足)はデッドクロス(再度ゴールデンクロスしそうな勢いですが)
テクニカルだけで考えれば、明らかに売りです。

しかし、頭では過熱していると分かるんですけど、円安という強力な材料もあり、売るに売れません。
順当にいけば、今週日経平均は10,000円を固めてくるでしょう。

また日経平均のPERから考えると22.7倍と高めではありますが、円安により是正されるので、実際はもう少し下がることになります。PBRは1倍ちょっととまだまだ割安

しかし原油高、円安による燃料費の上昇が、やや気になります。
これはこれで、自然エネルギー関連には追い風になるやもしれませんね。

今週は、震災前の株価を回復してくるのでしょうか?
震災からちょうど1年。そのときに空けた窓を埋めるなんて出来すぎな展開。
日経平均の予想レンジは9,700円~10,250円、終値で10,000円を予想。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

トレード記録(2012/2)

2012年2月のトレード結果です。

通常の投資とは別に、遊びの資金での短期売買記録です。

初めての優待投資は成功
配当を考慮すれば、タダで吉野屋、ビックカメラ、カスミの優待もらったようなもの。
優待投資ははまるかもしれませんね。

オプション取引は毎月定期的にかなりの収益をもたらしてくれます。
オプション取引の道に導いてくれたこの本には頭が上がりません。

となりのバフェットがやっている凄い投資
マシュー・シフリン
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 173464

さらにはデイトレも始めましたが、これは失敗
とことん自分のポジションと逆に動きます。
でもコツみたいなものは掴みつつあります。

しかし、最終的には以前にもよく売買していた旭硝子と日本電気硝子のペアトレードへと回帰しました。
これも収益源にしようと考えています。
機会があれば、旭硝子と日本電気硝子のペアトレード方法について、記事にするかも。

今回のトレード

日付 銘柄(コード) 売買 数量 価格 決済日付 決済価格 損益
2011/12/5 日経平均Op 02プット7750 1枚 85円 2012/2/10 0円 +84,790円
2012/1/27 ビックカメラ(5201) 1株 44,100円 2012/2/27 43,855円 -390円
2012/1/27 カスミ(8196) 100株 517円 2012/2/27 688円 +974円
2012/2/3 日経平均Op 04プット8000 1枚 80円
2012/2/16 日本電気硝子(5214) 3000株 696円 2012/2/16 703円 -22,006円
2012/2/17 日本電気硝子(5214) 3000株 711円 2012/2/17 715円 -13,111円
2012/2/20 日本電気硝子(5214) 3000株 741円 2012/2/20 740円 -4,116円
2012/2/20 日本電気硝子(5214) 1000株 741円 2012/2/20 740円 +34円
2012/2/21 日本電気硝子(5214) 3000株 720円 2012/2/21 724円 -13,009円
2012/2/22 旭硝子(5201) 2000株 684円 2012/2/22 688円 +6,950円
2012/2/23 旭硝子(5201) 2000株 700円 2012/2/23 702円 +2,947円
2012/2/24 旭硝子(5201) 2000株 708円 2012/2/24 720円 -12,986円
2012/2/24 日本電気硝子(5214) 2000株 733円 2012/2/22 749円 +14,942円
2012/2/24 吉野家ホールディングス (9861) 1株 108,900円 2012/2/27 107,100円 -2,188円
2012/2/27 旭硝子(5201) 1000株 748円 2012/2/29 741円 +6,180円
2012/2/27 日本電気硝子(5214) 1000株 776円 2012/2/29 767円 -10,010円
2012/2/28 旭硝子(5201) 1000株 738円 2012/2/29 741円 -3,796円
2012/2/28 日本電気硝子(5214) 1000株 745円 2012/2/22 767円 +21,060円
2012/2/29 旭硝子(5201) 1000株 744円
2012/2/29 日本電気硝子(5214) 1000株 773円

現在の建玉一覧
第一稀元素化学工業(4082) 買建 100株
日特エンジニアリング(6145) 買建 200株
ジオマテック(6907) 買建 200株
三菱ケミカルHLDGS(4188) 買建 1000株
住友化学(4005) 売建 2000株
富士フイルムHLDGS(4901) 買建 200株
栗田工業(6370) 買建 200株
スカイマーク(9204) 買建 200株
スカパーJSATHD (9412) 買建 4株
旭硝子(5201) 買建 1000株
日本電気硝子(5214) 売建 1000株
日経平均Op 03プット7500 売建 1枚
日経平均Op 04プット8000 売建 1枚

当月損益
+56,265円

累計損益(2011/3以降)
+109,642円

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

2012年3月2週展望

先週の結果

旭硝子と日本電気硝子のペアトレードでお小遣いを稼いでいたのが、ちょうど一年前。
このたび旭硝子と日本電気硝子のペアトレードを再開しました。
相性ってあるんですね。この組み合わせ儲かります

まずは先週の日経平均。

2/27(月) 9633.93円(-13.45円
2/28(火) 9722.52円(+88.59円
2/29(水) 9723.24円(+0.72円
3/1(木) 9707.37円(-15.87円
3/2(金) 9777.03円(+69.66円

先々週ほどではないが、先週も強かった
概ね予想レンジに納まっての推移だったので、的中したと考えていいでしょう。
この調子で、今週も当てにいきますよ。

以下は先週の予想の引用。

ついに騰落レシオは140を挟んで推移。
しかし過熱しているからと、安易に売りなんかしたもんなら踏みあげられます。
まーくんは何度も経験しました。

まぁ、いま売っても、いずれ儲けはでるかもしれません。
でも一時的に含み損を抱えることになることでしょう。
下がり始めを確認してからの売りがベスト

いま日経平均が強いのはダウの影響ではなく、ドル円の影響が大です。
円安基調が続くようだと、日経平均も連れられて上がっていくでしょう。

そろそろ円安のスピードも落ちてきて、日経平均も上昇のスピードは落ちるでしょう。
しかし、落ちるとはいえ上昇はするだろうと考えます。
個人的には4月にグアム旅行を考えているので、あまり円安になって欲しくなかったりもします。

今週はダウとか欧州とか気にせず、為替注視です。

さらに現在、少し気になっていることがあります。
それは原油。ここのところのかなり上昇しています。
円安・原油高は業種によっては悪材料となります。
個人にも負担となってくるでしょう。

日経平均9,500円から9,750円の価格帯出来高は多い。
そのため、ここはすぐに突破できない。

日経平均の予想レンジは9,300円~9,800円。

今週の予想

ドル円82円、日経平均9,800円あたりが、いまの上限ですね。
ドル円が83円を超えてくれば、日経平均は10,000円の大台が見えてくる。

しかしながら、騰落レシオしかり、RSIしかり、テクニカルは超過熱
この状況で、これ以上の上昇は望めない。
まずはいったんこの過熱を冷ます段階にはいるでしょう。

先週の相場を見た感じでは強いんだけど、3日連続の陰線で終わっていて、勢いは弱まっている印象を受けました。
そうは言っても急落なんて事態にはならないでしょうから、日柄調整ということになるんでしょうね。
日経平均は大筋9,500円~9,800円で納まるだろう。

今週はイベントとしては、米国で雇用統計があるし、国内ではメジャーSQもあります。
でも、そんなの関係ねぇ。いま見るべきは為替だけで十分。
今週は一服だ。一週間終わってみれば、今週終値の±100円の範囲にいるだろう。
そういうわけで、日経平均の予想レンジは9,500円~9,800円。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »