« 2012年4月4週展望 | トップページ | GWの日経先物戦略 »

2012年4月23日 (月)

アセアン株が熱い!

先日、楽天証券でタイ、インドネシア、マレーシア、シンガポールなどのアセアン株の取引が開始されたことをお伝えしたと思います。

今度はSBI証券でインドネシア株の取引が開始されました。
SBI証券ではベトナム株をすでに取り扱っており、今後もマレーシア、タイ、シンガポール、カンボジアなどの取り扱いも予定している模様。
アジア株熱いですね。

楽天証券のメリットは売買手数料(1.05% 最低525円)が安いこと。
SBI証券のメリットは資金を外貨建てで保有できること。
為替手数料(0.03銭)は、どちらの証券会社でも同じなので、「買ったら当分売らないぞ」というなら楽天証券が良いでしょう。
適度にポートフォリオを見直し、乗り換えていく可能性があるならSBI証券に分があります。

インドネシア株は、為替手数料が3%超と比較的高いので、外貨建てで保有できるSBI証券か?
はたまた、銘柄数も多く、売買手数料の安い(SBI証券は約定代金の2.1% 最低手数料:250,000インドネシアルピア(日本円で約2,200円))楽天証券か?
一長一短ですね。

そのほかの証券会社は特定口座に対応しているなどのメリットがありますが、手数料の面で、楽天証券やSBI証券に大きく見劣りします。
マネックス証券が参入してきたら、面白くなりそうなんだけどな。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 2012年4月4週展望 | トップページ | GWの日経先物戦略 »

外国株式」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/54545102

この記事へのトラックバック一覧です: アセアン株が熱い!:

« 2012年4月4週展望 | トップページ | GWの日経先物戦略 »