« トレード記録(2012/8) | トップページ | プチ株つみたて2012/9 »

2012年9月 9日 (日)

2012年9月2週展望

先週の結果

それでは先週の日経平均です。

9/3(月)8783.89円(-50.02円
9/4(火)8775.51円(-8.38円
9/5(水)8679.82円(-95.69円
9/6(木)8680.57円(+0.75円
9/7(金)8871.65円(+191.08円

ECB理事会は警戒要因にならないと考えていましたが、自分が考える以上に影響が大きかったのですね。
まぁ今度こそ悪材料出尽くしでしょう。

予想は相変わらずはずれています。
しかし安値で少々仕込めたので結果オーライです。

以下は先週の予想の引用。

バーナンキFRB議長の講演という一大イベントは通過しました。
次は米雇用統計です。良ければ素直に上昇
悪ればQE3期待で上昇。
いずれにせよ、悪材料にはならないと考えます。

しかし警戒感は米国から欧州へ。6日のECB理事会へと移ります。
懸念事項ではありますが、こちらはジャクソンホールほどの警戒感とはならず。

また何度も言っていますが日経平均チャートはWボトムが形成されています。
先行きに大きな期待感が持てます。
騰落レシオも101ほどと安定していて、下落要因は少ない。

そこで、今週の日経平均はいったん反発
先週金曜日に空けた窓埋めの9,000円辺りが妥当と考えます。
日経平均予想レンジは、8,700円~9,200円とします。

今週の予想

今度こそ悪材料出尽くしで上昇と思いたいのですが・・・
QE3ムードが高まり、為替がドル安になっているのが懸念材料。

アメリカはリーマンショック後の高値を更新しているというのに、日本株は超出遅れ
維新の会の登場により改革ムードも高まり、日本が良い方向に変化すると外国から判断されれば、一気に上昇もあるかもしれません。
これはちょっと長いスパンの話ですけどね。

直近で意識するのは、今週がSQってこと。
しかし世界的には株価は上昇の流れ。
そんなことは世界的視点で見ると些細な出来事。

勢いは上昇だけど、為替がドル安なら勢いも弱まる
日経平均9,000円の手前には移動平均線がいくつもあり、早めに9,000回復してもらいたい。
逆に回復してしまえば、上昇に弾みがつくだろう。

今週は希望も込みで、日経平均9,000円を予想します。
日経平均予想レンジは、8,600円~9,200円。

毎週上がるって言っておけば、いつかは当たるんですね。
まぁ大事なのは結果よりも、予想の質や考えることなんです。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« トレード記録(2012/8) | トップページ | プチ株つみたて2012/9 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/55613914

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年9月2週展望:

« トレード記録(2012/8) | トップページ | プチ株つみたて2012/9 »