« 2012年10月4週展望 | トップページ | トレード記録(2012/10) »

2012年10月29日 (月)

2012年11月1週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

10/22(月)9010.71円(+8.03円
10/23(火)9014.25円(+3.54円
10/24(水)8954.3円(-59.95円
10/25(木)9055.2円(+100.9円
10/26(金)8933.6円(-122.14円

先週の日経平均は9,000円を挟んでの展開。
それほど悪くない予想だったかと思います。

株価は、25日線はキープしています。
上昇継続とみていいでしょう。

以下は先週の予想の引用。

日経平均は9,000円を回復しましたが、チャートをみると三空踏み上げ?となっています。
月曜日は安く寄り付くことは確定しているので、やや不安
為替が円安継続なら問題ありませんが、再び円高方向に向かうようだと厳しいですね。

また、日経平均は9,000円回復で、達成感もでています。
上昇も急でしたので、今週は小休止か!?
まぁ騰落レシオも過熱していませんし、25日線を割り込まなければ上昇継続と考えてもいいでしょう。

日本は中間決算の発表が本格化。
決算の内容次第では上下があるかも。

米国でもアップルなど主要企業の決算発表があります。
日本よりもこちらのほうが日経平均に与える影響大。
そして、FOMCは材料がなさそうなのでスルーでいいかと。

上値の上限は5月にあけた窓の9,300円。
予想レンジは8,700円~9,300円とします。
今週は9,000円を固める展開。

今週の予想

為替が80円を回復したあと、やや円高に推移しています。
原因は30日に控える、日銀の金融政策決定会合でしょうか。
どのような結果になるかに注目されています。
今週のメインイベントはこれでしょう。

企業決算は、予想通り悪いことが認知され始め、悪材料として織り込みつつあります。
アク抜けになると考えます。

日経平均の騰落レシオも100以下と過熱感はなし。
米国では雇用統計と大統領選の行方に注目。
欧州はLIBOR金利が落ち着いているので、いまのところは問題なし。

相変わらず上限は5月にあけた窓の9,300円。
予想レンジは8,800円~9,300円とします。
先週同様、9,000円を挟んでもみ合うと考えています。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 2012年10月4週展望 | トップページ | トレード記録(2012/10) »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/55993693

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年11月1週展望:

« 2012年10月4週展望 | トップページ | トレード記録(2012/10) »