« プチ株つみたて2012/10 | トップページ | 憧れのベトナム株 »

2012年10月14日 (日)

2012年10月3週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均をみてみましょう。

10/8(月)休み
10/9(火)8769.59円(+93.71円
10/10(水)8596.23円(-173.36円
10/11(木)8546.78円(-49.45円
10/12(金)8534.12円(-12.66円

完全に読み誤りました
日経平均9,000円どころか、8,600円も割り込んでしまうという失態

世界経済の見通しが下方修正されたり、円相場が円高になったりと、予想以上に環境が悪化しています。
しかし、日経平均は下げ渋っているのも事実。
PBRから見た割安度は依然高い

以下は先週の予想の引用。

欧州は落ち着いています

今週、米国は7-9月期の決算発表シーズン。
主要企業の決算には要注目です。
先週発表された雇用統計が予想外に良かったので、この流れを切らないでほしい。

日本はというと、チャイナリスクについて聞かれますが、思っているほど中国の影響は少ないとも聞きます。
また、レアアースも中国から入手しにくくなったおかげで、使わない方向に技術が進歩しているという皮肉も。

チャート的には調整終了。底打ちしましたかね?
日経平均の日足も下値切り上げてきています。
株価は煮詰まり、そろそろ上か下に跳ねるのでは!?
どっちにでるかは為替次第でしょう。

今週は4日立会い。
日本には材料はあまりないので、結局米国相場に左右されるのでしょうね。
株価は弱め。日経平均は9,000円が達成できれば上出来と考えています。
おそらく達成しても一時的なものになるかと。
予想レンジは8,800円~9,200円とします。

今週の予想

オプションSQ通過、領土問題沈静化?、下方修正懸念など一連の悪材料は織り込まれたと考えています。
PBR、配当利回りをみても、8,500円水準は底値だと感じています。

だけどトレンドは明らかに下降中
いつも、ここで逆らって買い、痛い目にあっていますので、今回はもう少し様子を見ます。

いまは為替がどうにも円高です。
ドル円が80円にならなければ、日経平均9,000円は夢の話。
すべては為替次第と考えていいでしょう。

また、米国では決算、住宅関連指標と大事なイベントがあります。
ここのところ米住宅市場には明るい兆しが見え始めました。
今回も十分期待はできるのでは?と妄想を膨らませています。

今の相場では日経平均は8,800円が上限だが、下値も限られている。
アク抜け反発という展開も考えられますが、期待するとしっぺ返しを食らいます。
先ほども言いましたが、トレンドは下降中。まだ底打ちはしていません。

これらから、今週は下げると考えるのが妥当。底値を見極める一週間になるでしょう。
しかし8,400円を割りこむようなら買い出動します。個人的な勝負です。
予想レンジは8,200円~8,800円。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« プチ株つみたて2012/10 | トップページ | 憧れのベトナム株 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/55887340

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年10月3週展望:

« プチ株つみたて2012/10 | トップページ | 憧れのベトナム株 »