« プチ株つみたて2012/11 | トップページ | 2012年11月5週展望 »

2012年11月18日 (日)

2012年11月4週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

11/12(月)8676.44円(-81.16円
11/13(火)8661.05円(-15.39円
11/14(水)8664.73円(+3.68円
11/15(木)8829.72円(+164.99円
11/16(金)9024.16円(+194.44円

日経平均は、まさかの9,000円回復

理由は明確で、政権交代への期待感からでしょう。
さすがに衆議院解散表明までは想像していなかったので、まーくんの予想を大きく上回ってきました。
結局のところ、為替の円安進行が一番の要因。

しかし、先週が底値だとの考えは的中

結果的に、先週指摘した通り、三空叩き込み後の急騰
教科書通りの展開になりました。

予想は当たりとは言わないが、ハズレてはいないと思う。

以下は先週の予想の引用。

日経平均日足チャートを見てみるとダブルトップ気味で、以前指摘した三空のマド埋めにいっています。

そして月曜日もマドをあけ下落するようですと、今度は逆に三空叩き込み
底打ちのサインとなります。
底値は、2つ目のマドの8,700円か、もう一つ下のマドの8,600円割れ水準でしょう。

とにかく今週は買い場と考えます。

そうはいっても、日本を取り巻く欧米などの外部要因はよくありません。
底打ちするかもしれませんが、そこから再び上昇に入るには為替頼み。
ドル円の80円回復は必須です。

日経平均の下限は、三空踏み上げ時の一番下のマド埋め水準の8,550円。
上限は8,900円となり、予想レンジは8,550円~8,900円とします。

今週は底値を模索する1週間。
8,600円~8,700円をうろちょろとすることになると予想します。

今週の予想

底打ちからの上昇中。まだ勢いは続くと考えていいでしょう。

自民党総裁の安倍さんは、無制限に緩和すると言っています。
これが円安進行している原因で、おそらく自民党へ政権交代するでしょうから、実現の可能性は高いでしょう。

企業の決算発表も一通り通過して悪材料は出尽くしています。
決して景気はいいと言えませんが、株価は割安ですので上昇の余地はまだ十分。

米国は年末商戦に向け、個人消費の増える時期です。
そろそろ米国株も下げ止まりの時期かと考えます。

今週の上限は2012/5のマド埋め9,400円。先週あけたマド8,800円を下限とします。
そんなわけで、日経平均の予想レンジは8,800円~9,400円とします。

為替が、現在の水準維持なら9,000円を値固め。
82円を超えて、さらに円安方向に進行するようであれば、一段上(9000円台半ば)にいくでしょう。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« プチ株つみたて2012/11 | トップページ | 2012年11月5週展望 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/56140133

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年11月4週展望:

« プチ株つみたて2012/11 | トップページ | 2012年11月5週展望 »