« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月26日 (月)

2012年11月5週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

11/19(月)9153.2円(+129.04円
11/20(火)9142.64円(-10.56円
11/21(水)9222.52円(+79.88円
11/22(木)9366.80円(+144.28円
11/23(金)祝日

日経平均が、5月連休のマド埋め達成。
ようやく次に進めそうですね。

為替が円安になりましたので、一段上への上昇シナリオ的中です。
自分で言うのもなんですが、かなり完璧な予想でした。

以下は先週の予想の引用。

底打ちからの上昇中。まだ勢いは続くと考えていいでしょう。

自民党総裁の安倍さんは、無制限に緩和すると言っています。
これが円安進行している原因で、おそらく自民党へ政権交代するでしょうから、実現の可能性は高いでしょう。

企業の決算発表も一通り通過して悪材料は出尽くしています。
決して景気はいいと言えませんが、株価は割安ですので上昇の余地はまだ十分。

米国は年末商戦に向け、個人消費の増える時期です。
そろそろ米国株も下げ止まりの時期かと考えます。

今週の上限は2012/5のマド埋め9,400円。先週あけたマド8,800円を下限とします。
そんなわけで、日経平均の予想レンジは8,800円~9,400円とします。

為替が、現在の水準維持なら9,000円を値固め。
82円を超えて、さらに円安方向に進行するようであれば、一段上(9000円台半ば)にいくでしょう。

今週の予想

チャートは再び三空踏み上げとなっています。
さらに月曜日もマドをあけそうです。

急落はないでしょうが、ここまで上昇が急だったので、そろそろ落ち着くころかと考えます。

騰落レシオも105とまだ上昇の余地は多い。選挙までは、基本的に上昇トレンドです。
ただ選挙後は前回の政権交代時同様、天井をうつことにならないか気がかりでもあります。

また、米国の年末商戦はイマイチとの声も聞かれますが、実際のところどうなんでしょうか。
若干、不安が残ります。

日経平均は、価格帯出来高の多い9,700円付近が上限。
下でも9,000円キープは堅いでしょう。

そんなわけで、日経平均の予想レンジは9,000円~9,700円です。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

2012年11月4週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

11/12(月)8676.44円(-81.16円
11/13(火)8661.05円(-15.39円
11/14(水)8664.73円(+3.68円
11/15(木)8829.72円(+164.99円
11/16(金)9024.16円(+194.44円

日経平均は、まさかの9,000円回復

理由は明確で、政権交代への期待感からでしょう。
さすがに衆議院解散表明までは想像していなかったので、まーくんの予想を大きく上回ってきました。
結局のところ、為替の円安進行が一番の要因。

しかし、先週が底値だとの考えは的中

結果的に、先週指摘した通り、三空叩き込み後の急騰
教科書通りの展開になりました。

予想は当たりとは言わないが、ハズレてはいないと思う。

以下は先週の予想の引用。

日経平均日足チャートを見てみるとダブルトップ気味で、以前指摘した三空のマド埋めにいっています。

そして月曜日もマドをあけ下落するようですと、今度は逆に三空叩き込み
底打ちのサインとなります。
底値は、2つ目のマドの8,700円か、もう一つ下のマドの8,600円割れ水準でしょう。

とにかく今週は買い場と考えます。

そうはいっても、日本を取り巻く欧米などの外部要因はよくありません。
底打ちするかもしれませんが、そこから再び上昇に入るには為替頼み。
ドル円の80円回復は必須です。

日経平均の下限は、三空踏み上げ時の一番下のマド埋め水準の8,550円。
上限は8,900円となり、予想レンジは8,550円~8,900円とします。

今週は底値を模索する1週間。
8,600円~8,700円をうろちょろとすることになると予想します。

今週の予想

底打ちからの上昇中。まだ勢いは続くと考えていいでしょう。

自民党総裁の安倍さんは、無制限に緩和すると言っています。
これが円安進行している原因で、おそらく自民党へ政権交代するでしょうから、実現の可能性は高いでしょう。

企業の決算発表も一通り通過して悪材料は出尽くしています。
決して景気はいいと言えませんが、株価は割安ですので上昇の余地はまだ十分。

米国は年末商戦に向け、個人消費の増える時期です。
そろそろ米国株も下げ止まりの時期かと考えます。

今週の上限は2012/5のマド埋め9,400円。先週あけたマド8,800円を下限とします。
そんなわけで、日経平均の予想レンジは8,800円~9,400円とします。

為替が、現在の水準維持なら9,000円を値固め。
82円を超えて、さらに円安方向に進行するようであれば、一段上(9000円台半ば)にいくでしょう。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月13日 (火)

プチ株つみたて2012/11

11月のプチ株つみたてです。

毎月8~10万円の範囲でつみたてています。
市場が落ち込んで安いときは多くつみたてて、逆に高いときには少なくつみたてる方針です。

今月のつみたて額は9万円。
少し前まで日経平均は9,000円を超えていたので、つみたて額を減額しました。
しかし、数日で底値圏まで落ちてきてしまい失敗・・・

それでは、今月のつみたての結果です。
武田薬品工業 2株
リコー 26株
三井物産 14株
みずほ 99株
関西電力 13株

これまでの積み立て

銘柄(コード) 保有株数 現在値
平均取得単価
時価評価額
取得金額
評価損益
評価損益率
武田薬品工業(4502) 146株 3,635円
3,607円
530,710円
526,622円
+4,088
+0.8
リコー(7752) 816株 648円
652円
528,768円
532,032円
-3,264
-0.6
三井物産(8031) 474株 1,069円
1,147円
506,706円
543,678円
-36,972
-6.8
みずほ(8411) 4124株 123円
146円
507,252円
602,104円
-94,852
-15.8
関西電力(9503) 898株 632円
942円
567,536円
845,916円
-278,380
-32.9

プチ株つみたてはカブドットコム証券で!!!

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

米国株が買いやすくなる(その2)

こんな本があったんですね。
これで米国株が身近になり、米国株投資に前向きになっています。

ただし、掲載企業数が120社と少なめです。
企業数は徐々に増やす方向のようですが、まーくん的には二期報でいいから300社程度掲載してもらいたいところ。

ちなみに、中国株四半期速報で有名な、亜州IR株式会社から発行されています。

米国株四半期速報 2012年秋号
亜州IR株式会社
星雲社
売り上げランキング: 157485

米国株に興味のある方はご参考に!

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

2012年11月3週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

11/5(月)9007.44円(-43.78円
11/6(火)8975.15円(-32.29円
11/7(水)8972.89円(-2.26円
11/8(木)8837.15円(-135.74円
11/9(金)8757.60円(-79.55円

週前半は様子見。
米大統領選挙後に大きく下げ、その後に切り返すというのがまーくんの予想でした。

切り返すまでには至りませんでしたが、方向性は予想通りだったと言って良いでしょう。

以下は先週の予想の引用。

今週のメインイベントは間違いなく、米大統領選挙です。
現時点では、若干オバマ氏が有利だとか。
オバマ氏の再選となれば、株価はそのままかへ。
ロムニー氏が勝てば、株価は上昇との見方がされているようです。
要するに議会のネジレが、最大の問題なのです。

ロムニー氏は不人気なので、大方の予想通りにオバマ氏が勝つと、まーくんは考えてます。
日本人のまーくんが言うのもなんですが、ロムニー氏が大統領の器とは思えませんし・・・

さらに注目は、ここ最近の中国の堅調ぶり。
市場では、底打ちムードが広がっています。
特に香港では、9月から上昇を続けています。
これは日本にとって好材料

日本に目を移すと、為替は円安が進行。
決算でも悪材料は概ね出尽くしたかと。
騰落レシオも100近辺で過熱感はなし。
為替次第では、上昇のポテンシャルは十分です。

まとめると、週前半は大統領を控えて様子見。
大統領選後にいったん下げて、週末に戻す展開を考えています。(オバマ氏勝利と仮定)

しかし、5月にあけた窓の9,300円は未到達
9,300円が当面の上限という見方に変更はありません。

先週同様、日経平均の予想レンジは8,800円~9,300円とします。
おそらく週を通して8,000円台で推移。
週末に戻して、9,000円を回復するかしないか辺りの値になると予想します。

今週の予想

日経平均日足チャートを見てみるとダブルトップ気味で、以前指摘した三空のマド埋めにいっています。

そして月曜日もマドをあけ下落するようですと、今度は逆に三空叩き込み
底打ちのサインとなります。
底値は、2つ目のマドの8,700円か、もう一つ下のマドの8,600円割れ水準でしょう。

とにかく今週は買い場と考えます。

そうはいっても、日本を取り巻く欧米などの外部要因はよくありません。
底打ちするかもしれませんが、そこから再び上昇に入るには為替頼み。
ドル円の80円回復は必須です。

日経平均の下限は、三空踏み上げ時の一番下のマド埋め水準の8,550円。
上限は8,900円となり、予想レンジは8,550円~8,900円とします。

今週は底値を模索する1週間。
8,600円~8,700円をうろちょろとすることになると予想します。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

米国株が買いやすくなる

マネックス証券の米国株取引手数料が大幅に安くなる
詳細はこちら

これまでマネックス証券では、1約定当たり、取引株数にかかわらず25.2米ドルでした。
これが、2012年11月28日(水)以降、1約定当たり、1,000株まで18.9米ドル25%OFFとなる。
ちなみに為替手数料は片道25銭。

米国株を扱う、楽天証券やSBI証券などのネット証券と比較しても断然安い。
これまで割高に感じていた米国株への投資も、マネックス証券の手数料は合格点

まーくん的には、まずは5銘柄程度への投資で、1銘柄あたり10~20万円で投資できる投資先を検討していたところ。
良いタイミングでの今回のニュース。
この程度の額であれば株数は1,000株で納まりそうですので、手数料は18.9米ドルで済みそう。満足のゆく手数料です。

米国株が、日本株、中国株に次ぐ投資先の最有力にあがってきました。
あとは特定口座があれば、文句なしなのですが。

ただ残念なことに、投資株数が多い方にとって、今回の改定は大幅な値上げとなります。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

2012年11月2週展望

ブログの更新をサボっていましたが、ようやくネタがたまってきました。
少しずつ記事にしていこうと考えています。

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

10/29(月)8929.34円(-3.72円
10/30(火)8841.87円(-87.36円
10/31(水)8928.29円(+80.42円
11/1(木)8946.87円(+18.58円
11/2(金)9051.22円(+104.35円

先週は、日経平均が9,000円を挟んでもみ合うと予想しました。
まぁ、これは的中でしょう。

悪材料は出尽くし、為替が円安になれば、日経平均9,000円は自然な水準です。
妥当な展開でしたね。

以下は先週の予想の引用。

為替が80円を回復したあと、やや円高に推移しています。
原因は30日に控える、日銀の金融政策決定会合でしょうか。
どのような結果になるかに注目されています。
今週のメインイベントはこれでしょう。

企業決算は、予想通り悪いことが認知され始め、悪材料として織り込みつつあります。
アク抜けになると考えます。

日経平均の騰落レシオも100以下と過熱感はなし。
米国では雇用統計と大統領選の行方に注目。
欧州はLIBOR金利が落ち着いているので、いまのところは問題なし。

相変わらず上限は5月にあけた窓の9,300円。
予想レンジは8,800円~9,300円とします。
先週同様、9,000円を挟んでもみ合うと考えています。

今週の予想

今週のメインイベントは間違いなく、米大統領選挙です。
現時点では、若干オバマ氏が有利だとか。
オバマ氏の再選となれば、株価はそのままかへ。
ロムニー氏が勝てば、株価は上昇との見方がされているようです。
要するに議会のネジレが、最大の問題なのです。

ロムニー氏は不人気なので、大方の予想通りにオバマ氏が勝つと、まーくんは考えてます。
日本人のまーくんが言うのもなんですが、ロムニー氏が大統領の器とは思えませんし・・・

さらに注目は、ここ最近の中国の堅調ぶり。
市場では、底打ちムードが広がっています。
特に香港では、9月から上昇を続けています。
これは日本にとって好材料

日本に目を移すと、為替は円安が進行。
決算でも悪材料は概ね出尽くしたかと。
騰落レシオも100近辺で過熱感はなし。
為替次第では、上昇のポテンシャルは十分です。

まとめると、週前半は大統領を控えて様子見。
大統領選後にいったん下げて、週末に戻す展開を考えています。(オバマ氏勝利と仮定)

しかし、5月にあけた窓の9,300円は未到達
9,300円が当面の上限という見方に変更はありません。

先週同様、日経平均の予想レンジは8,800円~9,300円とします。
おそらく週を通して8,000円台で推移。
週末に戻して、9,000円を回復するかしないか辺りの値になると予想します。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 2日 (金)

トレード記録(2012/10)

2012年10月のトレード結果です。

通常の投資とは別に、遊びの資金での短期売買記録です。

先月は、空売り銘柄を上方修正直前に清算することができて、損失を免れることができました。
しかし、今月は逆に空売りしていたNTTドコモが清算後に下方修正を発表。
利益を取り損ねました。上手くできているもんですね。

今月で信用取引は完全に0になりました。
以降、信用取引では基本的に空売り方針でいきます。

今回のトレード

日付 銘柄(コード) 売買 数量 価格 決済日付 決済価格 損益
2012/5/14 太平洋セメント(5233) 1000株 170円 2012/10/22 163円 -10,083円
2012/5/23 太平洋セメント(5233) 1000株 163円 2012/10/22 163円 -2,749円
2012/6/1 太平洋セメント(5233) 1000株 153円 2012/10/22 163円 +7,895円
2012/6/1 太平洋セメント(5233) 1000株 152円 2012/10/22 163円 +8,067円
2012/8/2 日経平均Op 10プット7750 1枚 60円 2012/10/12 0円 +59,790円
2012/8/9 日経平均Op 10プット8000 1枚 40円 2012/10/12 0円 +39,790円
2012/9/6 太平洋セメント(5233) 1000株 161円 2012/10/22 163円 +921円
2012/10/5 日経平均Op 12プット8250 1枚 65円 2012/10/15 125円 -60,472円
2012/10/11 日経平均Op 12プット8000 1枚 75円
2012/10/11 日経平均Op 12プット7750 1枚 43円 2012/10/15 36円 +6,580円
2012/10/11 いすゞ自動車(7202) 1000株 379円 2012/10/18 410円 +29,820円
2012/10/15 日経平均Op 12プット8000 1枚 75円
2012/10/22 NTTドコモ(9437) 4株 125,500 円 2012/10/26 123,400円 +7,351円
2012/10/22 ソフトバンク(9984) 200株 2,545円 2012/10/26 2,587円 +7,178円

現在の建玉一覧
日経平均Op 11プット8000 売建 2枚
日経平均Op 12プット8000 売建 2枚

当月損益
+94,088円

累計損益(2011/3以降)
+58,913円

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »