« トレード記録(2012/12) | トップページ | 中国株セミナー~QE3で過剰流動性相場再来!2013年の香港株は勝負時!!(後編) »

2013年1月 4日 (金)

2013年1月1、2週展望

先週の結果

まずは、年末の日経平均です。

12/24(月)祝日
12/25(火)10080.12円(+140.06円
12/26(水)10230.36円(+150.24円
12/27(木)10322.98円(+92.62円
12/28(金)10395.18円(+72.20円

今週は1日だけですので、来週も併せて予想します。

それにしても年末の日経平均は意味不明なほどの勢い。
為替が大きく影響しているのは明らか。
予想はどうにかレンジ内に収まったが、全く押し目などなく完全に予想はハズレ

以下は先週の予想の引用。

今週、欧米は休暇モードです。
出来高は減少するでしょう。
しかし、今の日本市場は欧米に左右されず、ガンガン上昇しています。
気にする必要はなし。

また現在、急激に円安になっています。
84円台後半まできています。これは追い風

しかし騰落レシオは150超とかなり振り切っています。
いつ調整が来てもおかしくない水準です。
でも懸念材料ではあるが、円安を材料に上昇のほうがやや強い。
上げ下げを繰り返しながら、中期は上昇トレンドになるでしょう。

そこで戦略としては押し目狙いが賢い選択。
日経平均の予想レンジは9,700円~10,400円です。
週の終値は、10,000円近辺の水準と予想。
9000円台なら買ってもいいでしょう。

今週の予想

日本市場が休暇中に、海外市場は「財政の崖」回避により上昇
為替も一気に87円まで円安進行。
月曜日、日経平均は10,700円あたりで寄り付きそうです。
これはトレンドに乗るしかないのだろうか?

あえて、あら探しをすると、株価の上昇とは逆に騰落レシオが低下
ダイバージェンス状態になっています。

それに過度の円安とはいえ、日経平均は底値から2割以上も上がっています。
26週移動平均線との乖離率は約15%と、経験的にほぼ天井圏

ここで売るのはバカと言われるかもしれませんが、そろそろ売りで勝負してみたい!
もし11,000円に近づくことがあれば、先物を空売りしてみますよ。

日経平均の予想レンジは10,200円~11,000円です。
一時的に高値はつけるだろうが、終値は10,500円前後かと。
正直、この勢いがいつまで続くのか・・・自信なしです。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« トレード記録(2012/12) | トップページ | 中国株セミナー~QE3で過剰流動性相場再来!2013年の香港株は勝負時!!(後編) »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/56463060

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年1月1、2週展望:

« トレード記録(2012/12) | トップページ | 中国株セミナー~QE3で過剰流動性相場再来!2013年の香港株は勝負時!!(後編) »