« マーケットスピードFXを使った最強の売買手法-儲かっている人はこれを見ている- | トップページ | シェールガス革命で復活するアメリカと日本 »

2013年1月20日 (日)

2013年1月4週展望

先週の結果

それでは、先週の日経平均です。

1/14(月)祝日
1/15(火)10879.08円(+77.51円
1/16(水)10600.44円(-278.64円
1/17(木)10609.64円(+9.20円
1/18(金)10913.30円(+303.66円

先週中に日経平均が11,000円を超える瞬間があるだろうと予想しましたが実現せず。
しかし、それ以外はほぼ的中だったので許していただきたい。95%的中ってことで。

以下は先週の予想の引用。

米国は決算シーズン本格化です。
今週は大手銀行の決算があります。
まーくんは、良い結果がでることを想定しています。
結果が良ければ日経には追い風
しかし、日経へのインパクトはそれほど大きくないと見ています。

インパクトが大きいのはむしろ為替。
どこまで円安進むのかが注目です。
想定レート70円台の輸出企業が90円近くになれば、それだけですごい利益になりますからね。
ただ、これまで円高により利益を上げていた企業もあるんです。
そろそろ、このことに気づいてくれば、ある程度のところで日経は収束するでしょう。

騰落レシオは再び上がり始めて155.91%。
すごい高いとまではいきませんが、高値圏であることは否定できません。
移動平均線からの乖離率も15%超と高い。

さらに気になることは、市場が総楽観状態。
時間はかかるかもしれないが、日経先物でも空売りしておけば、いずれ儲かると思います。

いつかは断定できませんが、今週中に日経平均は11,000円を超える瞬間があるでしょう。
また、日経平均をドル建てでみると、次に挑戦する高値が124ドル。
89円換算で約11,000円です。このあたりが抵抗線となるでしょう。
日経平均の予想レンジは10,400円~11,100円です。

今週の予想

今週の最大の注目は、言わずもがな日銀金融政策決定会合。
しかし、かなり織り込み済み
余程のインパクトがないと材料出尽くしとなるだろう。

円安による企業の上方修正も期待されるが、逆にガソリン価格の上昇など問題もちらほら出てきている。
現状では、プラスの要因の方がやや大きいかなと感じています。

気になる騰落レシオは143.77%と、先週からいくらか下げていますが、かなりの過熱感かと思いますね。
加えて市場の総楽観。一抹の不安を感じます。
個人的に空売り方針ですので、ポジショントーク的な見方になっていることも否めませんが・・・

先週も書きましたが、ドル建て日経平均で次の抵抗帯は124ドル。
90円換算で11,100~11200円です。このあたりを上値のメド考えます。
日経平均の予想レンジは10,600円~11,200円です。

11,000円を超えたら空売り、10,600円辺りまで下げたら買戻し方針です。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« マーケットスピードFXを使った最強の売買手法-儲かっている人はこれを見ている- | トップページ | シェールガス革命で復活するアメリカと日本 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/56579822

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年1月4週展望:

« マーケットスピードFXを使った最強の売買手法-儲かっている人はこれを見ている- | トップページ | シェールガス革命で復活するアメリカと日本 »