« 楽天証券新春講演会2013 | トップページ | マーケットスピードFXを使った最強の売買手法-儲かっている人はこれを見ている- »

2013年1月18日 (金)

日本経済復興のシナリオ

楽天証券新春講演会2013より、竹中平蔵氏の「日本経済復興のシナリオ」です。

毎度のことですが前置きしておきます。
講演を自分なりに噛み砕いてまとめたつもりですが、内容に誤りがあるかもしれません。
その点をご了承お願いします。(指摘していただけるとありがたいです)

ちょっと遅刻したため前半15分間は聞いていません。
半端な内容になっていることも併せてご了承ください。

アベノミクスの三本の矢

  • 金融政策
    デフレ克服。これには金融緩和が必要。
    世の中がデフレの時、お金を持っている人は動かさないでおくのが最良の選択だ。
    それは相対的なお金の価値が上がるため。
    これではお金は動かない。年間にマネーを5~6%増やす必要がある。
  • 財政政策
    90年代後半は公共事業のGDP比は6.4%あったが、昨年は3.2%。
    欧米平均は2%。フランスは3.1%。国際水準からみると決して多い数字ではない。

    国土強靭化として、空港、道路などのキャッシュフローを産む産業は民間に任せることも視野に入れる。
    メリット・デメリットはあるが、建設的な議論が必要だろう。
  • 成長戦略
    これまでの官僚主導のやり方ではダメ
    企業に自由を与える。
    それには減税、規制緩和が必要。

    安倍政権への期待で市場は盛り上がっている。
    「景気」の意味は「空気の景色」だそうだ。
    期待は自己実現すると言い、みんなが期待すれば良くなることもあり、逆もしかり。

最期に政治の話。
自民党が294議席を確保して大勝利したが、小選挙区30%、比例40%と党の支持率は高くない。
今の政治への期待を維持しつつ、参院選で自公で過半数を獲得することが必要。

そのためには、アーリー・スモール・サクセス(早い時期に小さなことでもやる)。

そして長期的な課題は「教育」
ゆとり教育の影響で、世界のトップ100に入る日本の大学は東大、京大の2校にまで減った。
イノベーション、英語力がこれからの世代には必要だ。

また日本に不足しているのは「若者への子育て支援」
額でみると英国の1/4しかない。
年金は少ないとはいえ、英国を超えている。

以上、竹中平蔵氏の講演でした。

 

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 楽天証券新春講演会2013 | トップページ | マーケットスピードFXを使った最強の売買手法-儲かっている人はこれを見ている- »

セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/56563885

この記事へのトラックバック一覧です: 日本経済復興のシナリオ:

» ついてる仙人の「株式投資」「日経225先物」と「ありがとう」で幸せになるブログ [ついてる仙人の「株式投資」「日経225先物」と「ありがとう」で幸せになるブログ]
日経平均の動きをベースに個別と日経225先物の売買を実践、さらに人生を楽しく楽に生きる方法を書いていきます。 [続きを読む]

受信: 2013年1月19日 (土) 11時13分

« 楽天証券新春講演会2013 | トップページ | マーケットスピードFXを使った最強の売買手法-儲かっている人はこれを見ている- »