« 2013年1月1、2週展望 | トップページ | プチ株つみたて2013/01 »

2013年1月 8日 (火)

中国株セミナー~QE3で過剰流動性相場再来!2013年の香港株は勝負時!!(後編)

12/16のグローバルリンクアドバイザーズの中国株セミナー報告後編です。
前編はこちら

いつも同じことを言いますが、まーくんの解釈で書いているので、内容に間違いがあるかもしれません。その場合、指摘していただけるとありがたい。

後編はQ&Aと軽いベトナム市況が中心です。
それでははじめ。

中国株Q&A

Q.本土株ETFはどうか?
A.おすすめ

Q.上海B株はどう?
A.いずれ消えてなくなるので、おすすめしない。香港にしたほうが良い。

Q.今後、中国は成長するか?
A.インフラ投資や国内市場が大きさで優位性がある。人民元が安い間は問題ない。

Q.本土不動産の見通しは?
A.2級、3級都市が有望

Q.港湾株の見通しは?
A.買うなら内需株のほうが良い。ただ、待てるなら港湾株もOK。

Q.薬品株の見通しは?
A.薬価が押さえつけられているため厳しい。しかし、定期的に見直し買いがはいる。そこで売り抜けられるならOK。

Q.保険株の見通しは?
A.良くない。銀行が儲けすぎ批判から簡単に保険を売ることができなくなったことが一点。もう一点はA株が下げていること。

Q.銀行株の見通しは?
A.批判は受けているが、資産や割安さなどから上昇余地あり。

Q.カジノ銘柄は?
A.株価上昇中で割高だが、長期ならおすすめ。

Q.亨泰(00197)はどう?
A.良くない。農業は規模の大きさが必要なうえ、競合も激しい。

Q.聯想集団(00347)はどう?
A.世界で最も勢いのあるPCメーカー。

Q.鞍鋼(00197)はどう?
A.鉄は重い。動くのは最後になる。

Q.百度(ADR)はどう?
A.奇虎にシェアを奪われる不安があるようだが、これはないだろう。ただ中国はPCからスマホに移行している。この点が見えていないことが懸念。しかし大きく下げるようなら買い。

Q.中国SNSは?
A.人人網は良くない。もう一方のSNS(名前は忘れた。非上場)のほうが良い。

Q.電気自動車は?
A.シェールガスと同じで、まだ先の話。

Q.ハンセン指数の売却目安は?
A.200日移動平均線50%乖離。

Q.Sell in mayはあるの?
A.中国株は強気でいきましょう。

そのほかでは、勝利管道(01080)の質問が多かったような気がした。

ベトナム市況

銀行と国営企業の不良債権が多い。
しかし、銀行の吸収合併や不良債権買取機構が設立されそうなので克服できるだろう。
また、インフレは落ち着き、銀行の合併による金利の低下、携帯部品などの輸出品回復など好材料あり。

これらから、本来ベトナム株は上昇しているはずだったが、2012年7月にACB銀行のオーナーが逮捕された。
このオーナーは日本でいうところのホリエモン。
出る杭は打たれるといいますか、政治的な問題で消されたとみられる。
この事件によりベトナム株は低迷している。

さらにベトナムの旧正月前は、中国以上に大きく下落する。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 2013年1月1、2週展望 | トップページ | プチ株つみたて2013/01 »

セミナー」カテゴリの記事

外国株式」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/56463339

この記事へのトラックバック一覧です: 中国株セミナー~QE3で過剰流動性相場再来!2013年の香港株は勝負時!!(後編):

« 2013年1月1、2週展望 | トップページ | プチ株つみたて2013/01 »