« トレード記録(2013/1) | トップページ | マネックス証券お客様感謝Day2013~日本株VS米国株どっちが強い?~ »

2013年2月 3日 (日)

2013年2月2週展望

先週の結果

それでは、先週の日経平均のおさらい。

1/28日(月)10824.31円(-102.34円
1/29日(火)10866.71円(+42.41円
1/30日(水)11113.95円(+247.23円
1/31日(木)11138.66円(+24.71円
2/1日(金)11191.34円(+52.68円

日経平均がレンジ相場なのは確かですが、円建てで考えていたのが失敗でした。
正確にはドル建てで考えるべきで、119ドル~124ドルのレンジ相場とみるべきでしょう。

ゆえに為替が円安に振れているので、円建ての日経平均が上昇している(ように見える)。
しかし欧米人からしてみたら、120ドルチョイのところでもみ合っているんです。面白いですよね。

先週の予想を振り返ると、当たっているとは言えませんが、ドル建て日経平均は124ドルを超えていません。
レンジ内に収まっているし、完全にハズレてはいません。まだ負けは認めないぞ。

以下は先週の予想の引用。

日本も第3四半期決算が本格化、米国では問題のボーイングの決算も気になる。
またFOMC、雇用統計とイベント目白押し。

チャートからは日経225日足チャートでMACDはデッドクロス
騰落レシオも再び150に近づきつつあります。

また過熱売りだけど、超過熱は買いという言葉もあります。
経験上、この言葉の意味も理解できます。
でもやっぱり、諸々総合すると日経平均11,000円は売りです。

毎週のように言ってますが、ドル建て日経平均の前回高値は124ドル。
まだ前回高値を上抜けていないんです。
ここが当面の上限だという考えは譲れません。
為替が円安に動けば、円建てでの日経平均上限は上がりますが・・・

相場を動かしている外国人は、こちらのチャートを見ているのでしょうから、本来これを見るべきだと思うんです。

124ドルは91円換算で11,300円弱です。このあたりを上値のメド考えます。
日経平均の予想レンジは10,600円~11,300円です。

何度もいますが、まーくんはレンジ相場と見ています。
これまで通り11,000円を超えたら空売り、10,600円辺りまで下げたら買戻し方針です。
これによると、そろそろ売り時ですね。ただし124ドル超えたら潔く諦めましょう

今週の予想

個人的には、今週こそ日経平均は下げると考えています。
ていうか、ここ数週間ずっと下げるって言ってハズしています
そりゃずっと言っていれば、いつかは当たりますよね。

過熱しているとはいえ、チャートは綺麗な上昇トレンドを描いています。
MACDは再度ゴールデンクロス
ここで売るのはバカだろうと思われるかもしれませんが、逆張りが大好きなんです。
それに節分天井という言葉もあります。これに賭けようじゃありませんか。

さらに電車の中吊りみたら、週刊誌は株高だとか円安だとかアベノミクスの話ばかり。
週刊誌のような一般人が読む本に、株の記事が出たら相当過熱です。

それでは、どのあたりの株価になるかを考えてみます。
まず、ドル建て日経平均で124ドルをクリアするまでは、119ドル~124ドルのレンジ相場です。
なので、日経平均の予想は実質為替予想と同義。

先週も述べましたが、なぜドル建て日経平均かというと、いま株を買っているのは海外の投資家。
彼らにとっては円建てよりも、ドル建てチャートの方が意味があるはずです。
ですから、ドル建てのチャートを見るべきなんです。

話を為替に戻して・・・
そりゃあ、まーくんも長期的に円安だと考えていますよ。
ただ、速過ぎるんですよ。
しかしドル円93円に大量のストップロスがあるそうで、まだまだ下がるという話も聞くし、何か異常だよね。これはただの愚痴ですのでお気になさらず。

今週、一週間で考えれば、ドル円は90~94円くらいが妥当でしょう。
この為替予想から、円建て日経平均の安値を算出すると、ドル建て日経平均が119ドルで、為替が90円のときになります。すなわち10,710円。
同様に高値は124×94円で11,656円となります。

これにより、日経平均の予想レンジはおおよそ10,700円~11,600円となります。
ドル建て日経平均122ドルで、為替が92円の11,200円が妥当な水準でしょうか。

日経平均11200円超で空売り仕掛けてみます。
決心が鈍らないように注文出しておこっと。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« トレード記録(2013/1) | トップページ | マネックス証券お客様感謝Day2013~日本株VS米国株どっちが強い?~ »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

11200円の空売り作戦、大成功ですね!

投稿: かおりん | 2013年2月 5日 (火) 04時30分

かおりんさん

今は上昇トレンドですから、ちょっとしたきっかけで簡単に戻してしまいます。
なんて書いている時点でも、11,200円ですからね。

投稿: まーくん | 2013年2月 5日 (火) 22時31分

はじめまして、こんばんわ

自分も日経平均はドルベースで見るべきだと思ってました
でも実生活では円世界を生きているので、やっぱり円建てで上がっていくチャートを見てると気分がよいデス^^

これは自分の妄想ですが
今後、日本株はドルベースでボックス相場が10年か15年くらい続くかも!
なぜなら、「今の日本」は「戦後の米国」に似ているから

米国も戦後10~20年間ボックス相場でした
戦後、日本やドイツが急速に復興して株価が上がっている最中にです

この時代の米国には「株式市場の死」というフレーズがあったようです
上に抜けるような発展がなかったからです

ただ日本とドイツは超インフレを伴っていましたが、米国は逆にデフレ気味でした

つまり、うまく説明できないけど
社会インフラがすでに整っている先進国特有の現象が今後の日本で発生し
その結果、株式市場はボックス相場となるのでは?

投稿: ラージャ | 2013年2月 7日 (木) 21時43分

ラージャさん

詳しい解説ありがとうございます。
今後ドル建てで日経平均はボックス相場になるなど考えてもいませんでした。
大変参考になります。

それにしても、ドルベース日経平均の話が思いのほか好評で少し嬉しいです。

逆にNYダウやハンセン指数なんかは、円の世界で投資している人からすると、円建てで見た方が実態に即しているのだと思います。
円建てNYダウやハンセン指数のチャートを探してみましたが、見つかりませんでした。
時間ができたら、自分で作って楽しんでみようかな。

投稿: まーくん | 2013年2月 8日 (金) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/56684436

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年2月2週展望:

« トレード記録(2013/1) | トップページ | マネックス証券お客様感謝Day2013~日本株VS米国株どっちが強い?~ »