« 夢はギャンブラー | トップページ | 中国株投資2013新春 »

2013年2月11日 (月)

2013年2月3週展望

先週の結果

それでは、先週の日経平均のおさらい。

2/4(月)11260.35円(+69.01円
2/5(火)11046.92円(-213.43円
2/6(水)11463.75円(+416.83円
2/7(木)11357.07円(-106.68円
2/8(金)11153.16円(-203.91円

先週の日経平均終値予想は11,200円だったので、ほぼ的中と言っても良いかと思います。
ドル建て日経平均は綺麗に120ドル~124ドルで収まっています。
今の日経予想はドル円予想と同じといっても過言でない。

以下は先週の予想の引用。

個人的には、今週こそ日経平均は下げると考えています。
ていうか、ここ数週間ずっと下げるって言ってハズしています
そりゃずっと言っていれば、いつかは当たりますよね。

過熱しているとはいえ、チャートは綺麗な上昇トレンドを描いています。
MACDは再度ゴールデンクロス
ここで売るのはバカだろうと思われるかもしれませんが、逆張りが大好きなんです。
それに節分天井という言葉もあります。これに賭けようじゃありませんか。

さらに電車の中吊りみたら、週刊誌は株高だとか円安だとかアベノミクスの話ばかり。
週刊誌のような一般人が読む本に、株の記事が出たら相当過熱です。

それでは、どのあたりの株価になるかを考えてみます。
まず、ドル建て日経平均で124ドルをクリアするまでは、119ドル~124ドルのレンジ相場です。
なので、日経平均の予想は実質為替予想と同義。

先週も述べましたが、なぜドル建て日経平均かというと、いま株を買っているのは海外の投資家。
彼らにとっては円建てよりも、ドル建てチャートの方が意味があるはずです。
ですから、ドル建てのチャートを見るべきなんです。

話を為替に戻して・・・
そりゃあ、まーくんも長期的に円安だと考えていますよ。
ただ、速過ぎるんですよ。
しかしドル円93円に大量のストップロスがあるそうで、まだまだ下がるという話も聞くし、何か異常だよね。これはただの愚痴ですのでお気になさらず。

今週、一週間で考えれば、ドル円は90~94円くらいが妥当でしょう。
この為替予想から、円建て日経平均の安値を算出すると、ドル建て日経平均が119ドルで、為替が90円のときになります。すなわち10,710円。
同様に高値は124×94円で11,656円となります。

これにより、日経平均の予想レンジはおおよそ10,700円~11,600円となります。
ドル建て日経平均122ドルで、為替が92円の11,200円が妥当な水準でしょうか。

日経平均11200円超で空売り仕掛けてみます。
決心が鈍らないように注文出しておこっと。

今週の予想

ここ一か月は、週の半ばで下げても、週末に一気に盛り返し高値を付けていました。
ところが先週は週末にかけて下げてきました。
SQがあったことも関係があるのかもしれませんが、なにやら相場の変化を感じます。

先にも述べたとおり、ドル建て日経平均は120ドル~124ドルのレンジを抜けませんので、まだ強気に行く場面ではありません。
ただ124ドルを超えてきたら、一気に突き抜けるかもしれませんので、今後もドル建て日経平均には注視する必要あり。

今週は、週前半は押し目買いで上昇する場面も予想できますが、勢いが落ちている印象もあります。
スピード調整があってもおかしくない。
ただ、その場合でも25日移動平均線の10,869円が支持線となるでしょう。

また、G20も控えるため、急激な円安で目立ちたくない意図もあり、為替を落ち着かせる政治家の発言もちらほら。
政治的な絡みで円安は進行しないと考えます。むしろ、やや後退

そんなわけで、日経平均はドル建てで120ドル強、ドル円は91円強で、日本円換算で大体11,000円辺りと予想。
日経平均の予想レンジは10,800円~11,500円とします。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 夢はギャンブラー | トップページ | 中国株投資2013新春 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/56738417

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年2月3週展望:

« 夢はギャンブラー | トップページ | 中国株投資2013新春 »