« 資産効果ってやつかな | トップページ | 2013年3月3週展望 »

2013年3月 3日 (日)

2013年3月2週展望

先週の結果

それでは、先週の日経平均のおさらい。

2/25(月)11662.52円(+276.58円
2/26(火)11398.81円(-263.71円
2/27(水)11253.97円(-144.84円
2/28(木)11559.36円(+305.39円
3/1(金)11606.38円(+47.02円

日経平均は300円近い変動のある日が多くなり、ボラティリティが高くなってきていますので注意しましょう。

予想は11,500円を挟み、高値圏で推移するとしていたので、それほどハズしていないかなと考えています。どうでしょうか?

一応、上限としていた11,600円は、月曜日早々ににクリア
日銀総裁が金融緩和に積極的な黒田氏にと噂されたことが上振れ要因か。
それを除けば、概ね的中と言えるかなと思っています。

以下は先週の予想の引用。

ここ数週間11,100円から11,500円のボックス相場となっています。
今週も、ほぼこのボックスで推移すると考えています。

でも、もし抜けることがあるならかなと思いますね。
そして、いつ上抜けてもおかしくないくらい調整は進んでいます。

またTPP交渉の参加表明や、北方領土問題の解決に向けた動きも好材料かと。

蛇足ですが、個人的には北方領土は3島(歯舞、色丹、国後)返還で決着するのではないかと考えます。
誰が何と言おうと、歯舞、色丹は完全に日本領です。これを返すのは当然です。
しかし国後と択捉は微妙な事情があり、国際的に日本領だと認められない可能性もあります。
ですので、国後と択捉を痛み分けする形で決着するとまーくんは考えます。
この話を続けると、本題から逸れまくるので、この辺りで止めておきますね。

そして、注目の日銀総裁人事。
国際的な事情を踏まえ、ハト派色の弱い候補に決まると予想されています。
そのため、円安は急進しないだろうと考えられ、当面は90円台半ばで推移するでしょう。
ただしハト派候補に決まると、円安が進むと考えられ好材料になります。
日銀総裁人事は様子見要因です。

しかし、MACDはデッドクロスしていますし、出来高も減ってきています。
これを見るとここからもあるかななんて考えます。
結局どっちだよって感じですね。

総合すると上に向かう材料のほうが強く、今週の日経平均は11,500円を挟んで高値圏で推移すると考えます。
日経平均の予想レンジは11,100円~11,600円とします。

今週の予想

ついにドル建て日経平均が124ドルを突破しました。
しかも、マド埋めのおまけつきです。
騰落レシオも落ち着いているし、ひとまず調整完了とみていいでしょう。

Nk_20130303_3

これで日経平均は一段上のステージへ。
次のドル建て日経平均のメドは130ドル。
1ドル100円と仮定すると円建てで13,000円。95円とすると12,350円。
このくらいが目標になるのでしょうか。

そして日銀総裁は黒田氏に決まったようです。
金融緩和に積極的であることから、中期的にはドル円は100円を目指すと考えます。

しかし今週は米雇用統計やメジャーSQなどのイベントが控え、警戒感から様子見だったり、先物主導で大きく動くことも想定しています。
11,000円を割り込むようなことはないでしょうが、下も考えておく必要があります。

あと、個人的にはTPPなんかよりも、北方領土問題の解決のほうが株価に与えるインパクトが大きいと考えます。
すぐに解決する問題ではありませんが、進展があるようなら好材料です。
一部関係者にとっては大問題なのでしょうが、日本全体でみるなら、痛み分けでも早期解決しておくべきだと考えます。

なんだかんだ言っても、日経平均の勢いはまだ続くと考えるでしょう。
でも今週は11,500円前後でもみ合い、上昇は来週からと考えています。
配当取りなんかも意識されはじめるでしょうから。

ではいつ買うか?今でしょ!(一度、言いたかっただけです。すみません)
日経平均の予想レンジは11,300円~11,900円とします。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 資産効果ってやつかな | トップページ | 2013年3月3週展望 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/56874563

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年3月2週展望:

« 資産効果ってやつかな | トップページ | 2013年3月3週展望 »