« 楽天証券iSPEEDに不満 | トップページ | トレード記録(2013/3) »

2013年3月31日 (日)

2013年4月1週展望

先週の結果

まずは、先週の日経平均のおさらい。

3/25(月)12546.46円(+207.33円
3/26(火)12471.62円(-74.84円
3/27(水)12493.79円(+22.17円
3/28(木)12335.96円(-157.83円
3/29(金)12397.91円(+61.95円

先週の予想はほぼ的中で。
希望的な予想でしたが、もみ合いになってくれました。

まぁ配当取りくらいしか、材料がありませんでしたからね。

以下は先週の予想の引用。

再び騰落レシオは130を超え、200日移動平均線乖離率は30%超とかなり過熱気味です。
これは懸念材料。
言ってみれば、この程度しか懸念点はありません。

今週は配当取りもあります。27日の権利落ちを埋めることができるか?
2007年2月28日につけた高値の18,300円と2008年10月31日に6,994円の半値戻し水準の12,650円をクリアできるかがポイントです。(実は12,650円は3/21に一度クリアしているんですけどね)

この2つをクリアしてくれば、かなり強い相場となるでしょう。
しかし、個人的には調整してもらえると、良い押し目買いのチャンスとなり、大変ありがたい。

先週から日経平均のボラティリティが大きくなってきましたので、予想レンジを幅広くとります。
下値は25日移動平均線水準と予想。上値大台の13,000円。
日経平均予想レンジは11,850円~13,000円とします。
これは可能性として、考えられるレンジですが、幅が広すぎます。

実際の日経平均予想レンジはというと12,300円~12,700円あたりが妥当でしょうか。
上値は追いかけませんが、押し目があれば買いたいですね。
個人的な願望で、今週はもみ合いと予想。

今週の予想

騰落レシオは若干収まったが、それでも118とまだ高いこと。

朝鮮半島が何やら不穏な感じで、慌ただしい。

それと欧州の投資家の買い越し止まったのかな?
ウオッチしたところによると、欧州投資家は売り越しとなってきているような印象を受けました。(米国投資家はそうでもない感じなのですが)
理由が、欧州の祝日というだけであれば問題はないのですが、引き続き注視です。

まぁ懸念材料は、このくらいですかね。
朝鮮半島で戦争でも起きない限り、気にすることはないでしょう。

中立材料としては、米雇用統計ですかね。
場合によっては、下落要因にも上昇要因にもなり得ますが、気にしてもしょうがない。

それで、今週から新シーズン入りです。
先週は、週末にかけて売られたので、心機一転の買いが入るとみています。

まーくんの注目は、黒田総裁になってから初の日銀政策決定会合です。
これが4/3~4にあります。期待から週前半は上昇を予想します。
結果にサプライズでもなければ、週末は下げるかなと考えています。

ただ、先週の配当落ちはあっさり埋めました。先高観は強いとみています。

日経平均は、2007年2月28日につけた18,300円と2008年10月31日に6,994円の半値戻し水準の12,650円を高値のメドとします。

そんなわけで、日経平均予想レンジは12,300円~12,800円です。
下値の12,300円は固いでしょう。
週前半は上昇するが、週末にかけて下げる展開を考えています。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 楽天証券iSPEEDに不満 | トップページ | トレード記録(2013/3) »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/57074042

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年4月1週展望:

« 楽天証券iSPEEDに不満 | トップページ | トレード記録(2013/3) »