« 日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル | トップページ | トレード記録(2013/5) »

2013年5月27日 (月)

2013年5月5週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均のおさらい。

5/20(月)15360.81円(+222.69円
5/21(火)15381.02円(+20.21円
5/22(水)15627.26円(+246.24円
5/23(木)14483.98円(-1143.28円
5/24(金)14612.45円(+128.47円

予想レンジはやや超えましたが、バイインググ・クライマックスの読みは見事的中させました。これだけで満足です。
それにしても木曜日はすごかった。

まだボラティリティが大きいので、上手く買いや売りでトレードすれば大きな利益も出しやすい相場になっていますよ。

以下は先週の予想の引用。

為替に加速がついてきました。
ドル円が、先日100円を突破したと思っていたら、もう103円です。

また、騰落レシオが急激に下がるも、日経平均は上昇を続けています。
これは中小型株から大型株へのシフトが進んでいると見ることができます。実際にそうなんですが・・・
大型株まで上昇を始めたら、一相場の終わり。
ダイバージェンス現象ともとれるし、急落のサインなのか?

しかし、企業利益が増加してきているので、PERの割高感がなくなってきている。
これからは業績相場への移行が進むでしょう。

そういうわけで、まだ日経平均の上昇は続くだろうが、そろそろ最後の急騰
バイイング・クライマックスが訪れるのではないでしょうか。

日経平均予想レンジは14,600円~15,500円。
今週もきっと上がるでしょうけど、そろそろポジションを縮小することにします。
これくらいで、ひとまず満腹。欲張ってはいけませんよ。

今週の予想

急落したとは言っても、まだトレンドは崩れていません。
今回の下げは、急騰し過ぎた反動かと。
今週も25日線をキープしていれば問題ありません。安いところは買っていけばいいかと。

割り込んでも25日線は右肩上がりなので、スピード調整ということで片付くと思います。
ただ、日経は底値探しの旅にでるので、いったん手じまいも考えていこうかと。
もう一段安くなったところで、買いを入れるといいでしょう。

まぁ先週の暴落で、相場の雰囲気はガラッと変わるでしょう。
ボラティリティが大きくなっています。
下げ過ぎだと思ったら買い、逆に上げ過ぎなら売るというスタンスでいこうと考えています。

ただし、そんな相場も週の前半で終わり。
後半には落ち着きを取り戻すと考えています。
そこまでは様子見もありかなと思いますが、まーくんは積極的に動いてみようかと。

最悪一段下げたとして13週移動平均線の13,400円。
上は15,000円回復などはなく、金曜日の始値14,700円あたりでしょうか。
日経平均予想レンジは13,400円~14,700円。
大きく下げたら買いというスタンスです。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル | トップページ | トレード記録(2013/5) »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/57452722

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年5月5週展望:

« 日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル | トップページ | トレード記録(2013/5) »