« 2013年6月3週展望 | トップページ | トレード記録(2013/6) »

2013年6月24日 (月)

2013年6月4週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

6/17(月)13033.12円(+346.60円
6/18(火)13007.28円(-25.84円
6/19(水)13245.22円(+237.94円
6/20(木)13014.58円(-230.64円
6/21(金)13230.13円(+215.55円

予想通りでしたが、予想をはるかに上回る上昇でした。
もう底打ちしたとみていいでしょうね。
ただ今後は、これまでのような異常な上昇ではなく、じわじわと上がっていくと考えています。

以下は先週の予想の引用。

メジャーSQ通過。これで相場が落ち着いてくれるといいんですいけどね。

ドル円はいまが買い時と考えます。個人的にも買おうかと考えているくらいです。
株もまた買いたい銘柄が多く、嬉しい悩み。
暴落時は、これまで買えなかった株が安く買えるチャンスなので好きだったりします。

本題に入ります。
今週はG8やFOMCなど、海外の要因で動きそうです。
ただ、SQは通過したので、先物による荒い値動きは少なくなってくるかと。

日経平均12,000円、ドル円90円辺りが下限と考えています。
そして、そこまではきっといかないでしょう。
騰落レシオなどからも、ほぼ底値はつけたと思っていいのでは。
安いところを買って、中期的に持っていれば、それなりの儲けになると思います。

今週の日経平均予想レンジは12,200円~13,000円。
悪材料はそこそこ出尽くしたかなと言うことで、やや上がると予想します。
大反発を予想します。

今週の予想

米国の金融緩和縮小で株式市場は一時下げましたが、為替が円安に向かうことで日本株は上昇基調へ戻るでしょう。
個人的には、今回の一時的な円高でドルを追加購入できたのが良かったかと。

G8では一定の評価を受けたようですし、過熱感も解消。
もう日本株は悪材料はありません。
もし下がることがあるなら、海外要因でしょうね。

日足の日経平均チャートを見ると13,500円がWボトムのネックラインになっています。
ここを突破することが当面の目標で、今週は13,500円前後での攻防になると考えられます。

そして、日経平均13,000円という値が強固な抵抗帯。
割り込んでも、すぐに戻してきます。
今週はこの13,000円~13,500円の間で推移することが予想されます。
一時的には、上下に抜けることもあるやもですが、13,000円割れは買いでいいと思います。

またテクニカル的にMACDがゴールデンクロスしたのも好材料

そんなわけで、今週の日経平均予想レンジは13,000円~13,500円。
13,500円前後での攻防を予想します。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 2013年6月3週展望 | トップページ | トレード記録(2013/6) »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/57653317

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年6月4週展望:

« 2013年6月3週展望 | トップページ | トレード記録(2013/6) »