« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月29日 (月)

2013年8月1週展望

先週の結果

それでは先週の日経平均です。

7/22(月)14658.04円(-251.72円
7/23(火)14778.51円(+120.47円
7/24(水)14731.28円(-47.23円
7/25(木)14562.93円(-168.35円
7/26(金)14129.98円(-432.95円

参院選通過による材料出尽くしは想定通り。
予想外だったのは、思いのほか下落したこと。

7月SQ値を割り込んだことで、調整は長期化することも考えられます。

正解とはいかないまでも60点くらいの予想でしょうか。
中長期で見れば、いつか上昇に転じると思っています。

以下は先週の予想の引用。

参院選が終わりました。結果は概ね予想通り。
個人的には民主が2位というのが不満ですけどね。
想定通りなんですが、ネジレの解消は評価できます。

これを受けて、考えられる来週のシナリオは2つ。
1つは、いったん材料出尽くしで下げるも、じわじわ戻すシナリオ。
もう1つは、月曜日から一気に上昇するシナリオ。

まーくんは前者かなと考えています。
月曜日は高く寄り付くも、その後は下げていくと予想します。
週を通してある程度まで下げたら、そこからは上昇モードに入るのではないかと。

ある程度というのは、7月SQ値である14,410.75円がメド。
これを割り込んでしまうと調整が長期化することになるかもしれません。

長期で考えれば「買い」ですので、ゆっくり待てるなら、月曜寄り付きで買って待っているのもありですけどね。

ところで、最近、いろいろな人の話を聞きますが、やはり好景気を実感しつつあるようです。
仕事が増えたとか、景気のいい話を聞くようになりました。
ただ気になるのは、原油価格が高騰。この状況が長引くと、景気の冷え込みにつながります。
前回の原油高円高もあってましな状況でしたが、円安となると原油高は厳しいのではないかと思うんですよね。
それだけが不安要素です。

今週の日経平均予想レンジは14,300円~15,250円。
買うタイミング探しが重要ですね。
あまり待ってたら、一気に行ってしまうかもしれませんし。

今週の予想

一番気になるのは為替。
ドル円は98円台にまで上昇しています。
まーくんは、この水準でドル買いいってみようと考えています。

円高は株式市場にとってはよくないが、円安のまま株式市場が下落したのでなく、円高により下落したので、長期的には円安時に、為替による株式市場の上昇が期待できます。

個別では決算発表が始まりました。
期待が高すぎるのか、失望が大きくなっているように感じます。
業績のいい銘柄で下げているものは、強気の買いでいいですね。

また、米国ではFOMCによる量的緩和策の行方が気になります。
いずれ終わらせなくてはならない量的緩和策。
株価は一時的に下がるかもしれないけど、できるなら早めに終わらせてしまったほうが良策かと。

今週の日経平均予想レンジは13,800円~14,600円。
月曜日の寄り付きが14,000円割れ水準になると思います。
この13,900円水準が底となり、そこからある程度上がり、14,000円台前半でもみ合いとの予想。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月22日 (月)

2013年7月4週展望

先週の結果

それでは先週の日経平均です。

7/15(祝) 休場
7/16(火)14599.12円(+92.87円
7/17(水)14615.04円(+15.92円
7/18(木)14808.50円(+193.46円
7/19(金)14589.91円(-218.59円

木曜日は想定レンジより株価が上にいってしまいました。
しかし、最終的には戻して想定レンジに収まりました。
まぁこれくらいは想定範囲です。

最終的に想定株価の14,500円から誤差なく落ち着いたので、100点とは言わないまでも80点くらいはつけていいと思いますね。

以下は先週の予想の引用。

バーナンキFRB議長の金融緩和継続発言があり、ドル円は100円を割り込みましたが、再上昇しています。
長期的には円安トレンドなので、ドル円95円まで下げれば目を瞑ってドル買いでいきましょう。

米企業決算は概ね良好なようです。
日本株にも好影響がありと見ています。

次に中国。中国景気は悪化していますが、織り込みつつあります。
日本株は気にしなくてもいいと思います。
香港株も円安トレンドなので、香港ドル建ての取引であれば、大きなはないかと。

そして日経平均14,500円。この水準は妥当な価格だと考えています。
一大イベントの参院選を控え、ここから大きく上がることは考えづらいかな。

しかし、参院選の結果が想定通りであれば、上昇トレンドへの復帰も間違いないと思われるので、今週安いところがあれば買いも一考。

今週の日経平均予想レンジは13,900円~14,700円。
日経平均は下げたら買いの方針で。
安全に行きたいなら、参院選の結果を見てからで十分と考えてます。

今週の予想

参院選が終わりました。結果は概ね予想通り。
個人的には民主が2位というのが不満ですけどね。
想定通りなんですが、ネジレの解消は評価できます。

これを受けて、考えられる来週のシナリオは2つ。
1つは、いったん材料出尽くしで下げるも、じわじわ戻すシナリオ。
もう1つは、月曜日から一気に上昇するシナリオ。

まーくんは前者かなと考えています。
月曜日は高く寄り付くも、その後は下げていくと予想します。
週を通してある程度まで下げたら、そこからは上昇モードに入るのではないかと。

ある程度というのは、7月SQ値である14,410.75円がメド。
これを割り込んでしまうと調整が長期化することになるかもしれません。

長期で考えれば「買い」ですので、ゆっくり待てるなら、月曜寄り付きで買って待っているのもありですけどね。

ところで、最近、いろいろな人の話を聞きますが、やはり好景気を実感しつつあるようです。
仕事が増えたとか、景気のいい話を聞くようになりました。
ただ気になるのは、原油価格が高騰。この状況が長引くと、景気の冷え込みにつながります。
前回の原油高円高もあってましな状況でしたが、円安となると原油高は厳しいのではないかと思うんですよね。
それだけが不安要素です。

今週の日経平均予想レンジは14,300円~15,250円。
買うタイミング探しが重要ですね。
あまり待ってたら、一気に行ってしまうかもしれませんし。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月20日 (土)

買った直後に2日連続ストップ高

現在、2社と有料投資情報から提供を受けています。

一方はファンダメンタル重視の銘柄選びで、業績好調なのに割安な銘柄を紹介してます。
もう一方はチャート重視で、底値での反発狙い、高値抜き銘柄などを紹介してくれます。

自分の投資スタイルには前者がかなり近い。
しかし、今のやり方がうまくいかなくなったり、チャートの勉強がしたいこともあり、違うスタイルも取り入れようと考えてタイプの違う2社と契約しています。

先日、同時期にジャパンベストレスキューシステム(2453)が推奨されました。
両社のスタイルから、この銘柄はチャート良し、ファンダメンタル良しと判断し、少し多めに資金投入してみたところ、買った直後からストップ高。翌日もストップ高。

ただ、ストップ高は長く続かないような動きをしていたので、ストップ高の値ですべてを売却
これもピタリで、その後下落

24時間1銘柄で40%以上も利益が出るなんて驚きです。
ここ数か月、毎日投資しているからデイトレの技術も向上している実感があります。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月17日 (水)

2013/7推奨銘柄

今回も、最新の会社四季報2013年夏号で全上場企業をチェックしました。

会社四季報 2013年3集 夏号 [雑誌]
東洋経済新報社 (2013-06-14)

CD-ROM版でスクリーニングすればなのですが、自分なりのポリシーもあり、アナログ的に1企業ずつチェックしていく地味な作業です。

必要な情報だけを得るには、CD-ROM版でデジタル的に処理した方が効率的です。
しかし、アナログ的にチェックすることで、副次的な情報も得られるんです。
たとえば、いま好調な業種の傾向などがわかったり、こんな企業があるんだとか、ほかにもたくさん、デジタルでは得られない有用な情報もあるんです。
全企業をチェックするのに、計10時間くらいかかるというデメリットもありますけどね・・・

そんな苦労してチェックした中から、これはと思う5銘柄を紹介します。
前回から引き続きの紹介ものもありますね。

・ジェイエイシーリクルートメント(2124)
・日本管理センター(3276)
・コムチュア(3844)
・オーデリック(6889)
・ナック(9788)

最後に、これまでの推奨銘柄の結果確認です。
投資のご参考になればと思います。

銘柄(コード) 推奨日 推奨時株価 現株価
(2013/7/12)
推奨後の上昇率 投資方針
ソーバル(2186) 2013/1/30 710円 912円 +28.5% ホールド
エン・ジャパン(4849) 2013/1/30 127,100円 179,000円 +40.8% 利益確定売り
アイティーシィーネットワーク(9422) 2013/1/30 823円 890円 +8.1% ホールド
ジェイエイシーリクルートメント(2124) 2013/4/8 2,150円 3,805円 +77.0% 買い増し
日本管理センター(3276) 2013/4/8 1,140円 986円 -13.5% 買い増し
日本駐車場開発(2353) 2013/4/8 7,960円 8,370円 +5.2% ホールド
ワイヤレスゲート(9419) 2013/4/8 4,615円 5,090円 +10.3% ホールド

4/8からの日経平均上昇率は10%強で、1/30からは30%強です。
ジェイエイシーリクルートメントは当たりでしたね。

まーくんは投資したので、かなり利益が出ています。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月)

2013年7月3週展望

先週の結果

それでは先週の日経平均です。

7/8(月)14109.34円(-200.63円
7/9(火)14472.90円(+363.56円
7/10(水)14416.60円(-56.30円
7/11(木)14472.58円(+55.98円
7/12(金)14506.25円(+33.67円

先週は買い予想で的中
あまり難しくはありませんでしたね。
予定調和の世界です。

以下は先週の予想の引用。

為替はドル円が100円を突破。
米金融緩和の出口戦略を織り込みつつあります。
織り込んでしまえば、あとは円安進行は必然。
日本に死角はなく絶好調です。

そうは言っても過度な円安は悪材料になります。
急激な変動は勘弁してもらいたい。

また、今週はオプションSQなんてものもありますが、これについては波乱はなしと考えます。

あと注目はFOMCや日銀政策決定会合、米国の4-6月期決算発表シーズンなど話題はそこそこあるようです。
中国の影響なのか、非鉄金属の価格が下がっているようで、決算などにどういった影響があるのか興味はあります。

そのほかでは、ポルトガルで問題が起き、欧州不安再びみたいな雰囲気にもなっていますし、エジプトも情勢不安
しかし、日本に問題なく、海外要因で日本株が下げるようなら断固買いでいいと思います。

今週の日経平均予想レンジは13,800円~14,700円。
参院選に向け死角なし、日経平均は買いで間違いない。

今週の予想

バーナンキFRB議長の金融緩和継続発言があり、ドル円は100円を割り込みましたが、再上昇しています。
長期的には円安トレンドなので、ドル円95円まで下げれば目を瞑ってドル買いでいきましょう。

米企業決算は概ね良好なようです。
日本株にも好影響がありと見ています。

次に中国。中国景気は悪化していますが、織り込みつつあります。
日本株は気にしなくてもいいと思います。
香港株も円安トレンドなので、香港ドル建ての取引であれば、大きなはないかと。

そして日経平均14,500円。この水準は妥当な価格だと考えています。
一大イベントの参院選を控え、ここから大きく上がることは考えづらいかな。

しかし、参院選の結果が想定通りであれば、上昇トレンドへの復帰も間違いないと思われるので、今週安いところがあれば買いも一考。

今週の日経平均予想レンジは13,900円~14,700円。
日経平均は下げたら買いの方針で。
安全に行きたいなら、参院選の結果を見てからで十分と考えてます。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月12日 (金)

プチ株つみたて2013/07

7月のプチ株つみたてです。

毎月8~10万円の範囲でつみたてています。
市場が落ち込んで安いときは多くつみたてて、逆に高いときには少なくつみたてる方針です。

今月もつみたて額はMAXの10万円。
相場も回復してきたため、含み益が90万円まで復活。
あまり上がらず、このくらいの株価でいてもらえると嬉しいんですけどね。

それでは、今月のつみたての結果です。
武田薬品工業 6株
大日本印刷 9株
住友商事 6株
あおぞら銀行 88株
日本電信電話 1株

これまでの積み立て

銘柄(コード) 保有株数 現在値
平均取得単価
時価評価額
取得金額
評価損益
評価損益率
武田薬品工業(4502) 170株 4,685円
3,729円
796,450円
633,930円
+162,520
+25.6
大日本印刷(7192) 972株 933円
704円
906,876円
684,288円
+222,588
+32.5
住友商事(8053) 638株 1,327円
1,127円
846,626円
719,026円
+127,600
+17.7
あおぞら銀行(8304) 2727株 315円
270円
859,005円
736,290円
+122,715
+16.7
日本電信電話(9432) 174株 5,200円
3,701円
904,800円
643,974円
+260,826
+40.5

プチ株つみたてはカブドットコム証券で!!!

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 8日 (月)

2013年7月2週展望

仕事が多忙でブログの更新がなかなかできません。
来月になれば、落ち着くと思うんだけどな・・・

そういえば、本日楽天証券のセミナーに参加してきました。
近日中にブログで報告します。

先週の結果

それでは先週の日経平均です。

7/1(月)13852.50円(+175.18円
7/2(火)14098.74円(+246.24円
7/3(水)14055.56円(-43.18円
7/4(木)14018.93円(-36.63円
7/5(金)14309.97円(+291.04円

先週も予想を上回る上昇となりましたが、やっぱりそこは結果オーライ
上昇予想は的中です。
そういうことにしておいてください。

以下は先週の予想の引用。

見ようによっては、日経平均の日足チャートはWボトムを形成しています。
ネックラインの13,500円を一気に抜けてきたことで、再び上昇相場へと向かうことが予想されます。
また、ネックラインの13,500円が下値の支持線となることでしょう。
上値は一目均衡表の雲の下限である13,900円を想定しています。

一目均衡表は7月中旬で雲のネジレがあり、相場の転換になると考えています。
この時期のイベントである参院選の時期と合致します。
参院選が日経平均の転換点であることは間違いないでしょう。

さらに、今週はテクニカル的に見ていきます。
日経平均チャートは、すでに日足でMACDがゴールデンクロスしています。
そろそろ日足チャートもゴールデンクロスが近いようです。

また、騰落レシオも70辺りの底値圏にまで落ちてから、やや上がり気味の傾向です。

東証一部全体のPERは15.81とようやく妥当な水準となりましたが、PBR1.26とまだ上値の余地も十分にあります。

しかし、当面は14,000円を挟んだ攻防というのが、まーくんのメインシナリオ。
その後、参院選の結果で大きく動き出すと考えます。
結果にネガティブサプライズがなく、順当に自民党が勝つことになれば、上に動き出すことになるでしょう。

念のため、米中の動向には注意を向けておいてください。

今週の日経平均予想レンジは13,500円~13,900円。
アベノミクス第2波が始まる前に、まーくんは仕込みに入ります。

今週の予想

為替はドル円が100円を突破。
米金融緩和の出口戦略を織り込みつつあります。
織り込んでしまえば、あとは円安進行は必然。
日本に死角はなく絶好調です。

そうは言っても過度な円安は悪材料になります。
急激な変動は勘弁してもらいたい。

また、今週はオプションSQなんてものもありますが、これについては波乱はなしと考えます。

あと注目はFOMCや日銀政策決定会合、米国の4-6月期決算発表シーズンなど話題はそこそこあるようです。
中国の影響なのか、非鉄金属の価格が下がっているようで、決算などにどういった影響があるのか興味はあります。

そのほかでは、ポルトガルで問題が起き、欧州不安再びみたいな雰囲気にもなっていますし、エジプトも情勢不安
しかし、日本に問題なく、海外要因で日本株が下げるようなら断固買いでいいと思います。

今週の日経平均予想レンジは13,800円~14,700円。
参院選に向け死角なし、日経平均は買いで間違いない。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »