« 2013年8月5週展望 | トップページ | トレード記録(2013/8) »

2013年9月 1日 (日)

2013年9月1週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

8/26(月)13636.28円(+24.27円
8/27(火)13542.37円(-93.91円
8/28(水)13338.46円(-203.91円
8/29(木)13459.71円(+121.25円
8/30(金)13388.86円(-70.85円

もみ合いの展開との予想は当たっていましたが、どちらかというと下落に向かっています。
はずした原因は、シリアの問題によるものだと考えています。

そのせいで26週移動平均線も割り込み、弱い動きとなっているようです。

以下は先週の予想の引用。

気になるのはQE3縮小の行方。
まだ、この件は完全に織り込まれていない。
結果如何では、日本株の急落も想定しておかなくてはなりません。

また、日本にとって好材料があるとすれば、オリンピック関連。
オリンピック銘柄で攻めてみるのも、面白いかもしれません。
その場合、開催地決定前にすべて処分するのが前提。短期勝負です。

全体のチャートから判断すると、日足は下降トレンド。短期では弱さを感じます。
25日移動平均線を上回ってくれば、買い転換してもいいと思いますが、25日移動平均線に阻まれると予想。

下値は週足、26週移動平均線で踏みとどまっています。
中期はまだ上昇トレンド継続中と考えます。
26週移動平均線は今のところ堅く、ここを割り込むことヤバい展開になるかもしれませんが、まーくんは割り込まないと考えています。

徐々に下値を切り上げ、25日移動平均線ブレイク買いに行きますよ。

今週の日経平均予想レンジは13,500円~14,000円。
もみ合いつつ、やや上昇を予想します。

今週の予想

今週の話題は、国内ではオリンピック、消費税、日経平均の銘柄入れ替えなどがあり、国外ではやっぱりシリアです。

オリンピックの開催地は日本がかなり濃厚となってきた雰囲気です。
今週のみの限定ですが、オリンピック銘柄で攻勢にでてみようかと。
東京になったとしても、それ以外だとしても、開催地決定後はいったん売られると思います。
安くなったところを長期でオリンピック銘柄に投資していけばいいでしょう。

消費税は増税される予感がしますね。
消費増税を見越した予算要求になっている感じに思えてなりません。
官僚さんたちには、借金返済することは頭にないんでしょうかね。

国外へ目を向けるとシリアの問題。
これはまだ完全に織り込んでいないと考えます。
円安となったいま、原油高は日本市場とってかなりの悪材料
いまこれをゆっくりと織り込むよう、日経平均は下落しています。

チャート判断では、週足が26週移動平均線を割り込みました。
自分の中では要警戒のアラートが鳴っています。

チャートだいぶ煮詰まってきています。
13,300円を割り込んだら下げが加速し、底値は12,500円前後までを考えています。

上値は5日移動平均線の13,700円前後を想定していますが、これを超える展開は考えにくい。

そういうわけで、今週の日経平均予想レンジは12,500円~13,700円の下落予想です。
大きいのも来るかもしれませんので、念のためもう少しヘッジしておきます。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 2013年8月5週展望 | トップページ | トレード記録(2013/8) »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/58106004

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年9月1週展望:

« 2013年8月5週展望 | トップページ | トレード記録(2013/8) »