« トレード記録(2013/8) | トップページ | マネックス証券が、またまた米国株手数料を値下げ »

2013年9月 9日 (月)

2013年9月2週展望

最近、引っ越しをしまして、バタバタしていました。
さらに、人生の転機(良いほうに)を迎えています、そんなわけで、なかなかブログの更新ができていません。

ほとんど、自分の投資記録のために更新している感じになっていますが、たまには思っていることなども語っていこうと思うので、これからもご愛顧よろしくお願いします。

先週の結果

さて、それでは先週の日経平均です。

9/2(月)13579.92円(+184.06円
9/3(火)13978.44円(+405.52円
9/4(水)14053.87円(+75.43円
9/5(木)14064.82円(+10.95円
9/6(金)13860.81円(-204.01円

シリアなんか忘れられちゃった感がありますね。
話題はオリンピックでした。
東京に決定したことは個人的に喜ばしいことです。

金曜日は、東京落選予想から日経平均は大きく下げました
しかし、1週間でみるとかなりの上昇

私の予想と正反対の結果となりました。
難しいですね。先週は大ハズレです。

以下は先週の予想の引用。

今週の話題は、国内ではオリンピック、消費税、日経平均の銘柄入れ替えなどがあり、国外ではやっぱりシリアです。

オリンピックの開催地は日本がかなり濃厚となってきた雰囲気です。
今週のみの限定ですが、オリンピック銘柄で攻勢にでてみようかと。
東京になったとしても、それ以外だとしても、開催地決定後はいったん売られると思います。
安くなったところを長期でオリンピック銘柄に投資していけばいいでしょう。

消費税は増税される予感がしますね。
消費増税を見越した予算要求になっている感じに思えてなりません。
官僚さんたちには、借金返済することは頭にないんでしょうかね。

国外へ目を向けるとシリアの問題。
これはまだ完全に織り込んでいないと考えます。
円安となったいま、原油高は日本市場とってかなりの悪材料
いまこれをゆっくりと織り込むよう、日経平均は下落しています。

チャート判断では、週足が26週移動平均線を割り込みました。
自分の中では要警戒のアラートが鳴っています。

チャートだいぶ煮詰まってきています。
13,300円を割り込んだら下げが加速し、底値は12,500円前後までを考えています。

上値は5日移動平均線の13,700円前後を想定していますが、これを超える展開は考えにくい。

そういうわけで、今週の日経平均予想レンジは12,500円~13,700円の下落予想です。
大きいのも来るかもしれませんので、念のためもう少しヘッジしておきます。

今週の予想

金曜日の落選の噂で下げたので、五輪決定は完全には織り込まれていない。
しかし、CMEや先物が夜間取引で上昇して引けたので、高く寄り付くでしょう。

ただ、いったんあげた後は出尽くしとなると考えます。
日経平均は、週前半が勝負でしょうね。

また、QE3絡みで雇用統計に注目されていましたが、予想を下回ったことで、QE3の縮小はまだ先になるかもしれません。
QE3縮小となれば、円安という流れが連想できます。

日本でも4-6月期GDPの改定値が発表されます。
事前予想では、良い数字が出るようです。
この結果如何では、消費税が絡んでくるんで、難しい問題です。

100歩譲って消費税を上げるのは認めたとしても、きっと税金を無駄遣いすることになるので、まーくんは反対なんですよ。
正しい方向に使うなら、消費税は認めざるを得ないかなと思いますが。

チャートでは、一目均衡表の雲の下限で押さえつけられています。
ねじれがあるので、相場転換のサインかそれなら、まずは上だろうと。
高めに見積もって、日経平均は14,500円あたりでしょうか。
安値は25日移動平均線が固いようで13,700円をメドとします。

今週の日経平均予想レンジは13,700円~14,500円の前半上昇、後半失速と予想してみます。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« トレード記録(2013/8) | トップページ | マネックス証券が、またまた米国株手数料を値下げ »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/58156120

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年9月2週展望:

« トレード記録(2013/8) | トップページ | マネックス証券が、またまた米国株手数料を値下げ »