« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

2013年10月1週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

9/23(月)祝日
9/24(火)14732.61円(-9.81円
9/25(水)14620.53円(-112.08円
9/26(木)14799.12円(+178.59円
9/27(金)14760.07円(-39.05円

配当落ち分を即日で吸収しました。
これは日経平均15,000円に期待が持てそうです。

ただ1週間で株価はほぼ変わらず。
消費増税判断待ちといったところでしょうか。

まーくんの予想通り、売りでも買いでもないという結果となりました。

さて、今週は日経平均15,000円の目標の達成もあり得ますね。

以下は先週の予想の引用。

今週のポイントは配当落ち後の相場と消費増税ですね。

まずは配当落ち後の話。
配当落ち後に落ち分を即日吸収するようであれば、日経平均15,000円は高確率で達成するのではないかと見ています。
吸収できないようだと、15,000円を目前にしてもみ合いは続くのでしょう。

しかし、今のままだと15,000円で頭打ち。あっても15000円ちょっとでしょう。
何故なら、いま盛り上がっているのは、オリンピック関連のゼネコン株。
こいつらは日経平均への寄与度が低いんですよね。

値がさハイテク株と言われる銘柄は、それほど盛り上がっていないんです。
ゆえにオリンピック関連株だけ盛り上がっていても、日経平均はそれほど上がりません。

また、先週、消費増税は個人的には反対しているが好材料であると書きました。

しかし、本日改めてカブドットコムのセミナーを聞いたら、消費増税はせっかく盛り上がってきた景気を失速させてしまう恐れがあるということを考えさせられました。

消費増税は一時的に好材料と受け取られるかもしれませんが、長期では悪材料であると考えを改めました。
先週の考えは撤回させていただきます。

その消費増税に関する話題が、今週は多く聞かれることになるでしょう。
このニュースの行方は注視していく必要があります。
まーくん的には、消費増税が現在最大の関心事です。

ただ、日経平均に過熱感はなく、出来高も増えてきています。
そういう意味では、上昇の余力は十分に残っているとも言えます。
どっちだよって感じですけど、まーくんも悩ましいんですよね。

売りはないけど、自信を持って買いという状況でもありません。
消費税増税の決断待ちですね。

今週の日経平均の上値は15,300円、下値は14,500円とします。
テクニカルやチャートが良いからどうにかなるんじゃないでしょうか。
余力があるなら、買ってみてみましょうという感じですかね。

今週の予想

今週は消費増税一本です。

大事なのは10/1の日銀短観の内容です。
余程のことがない限り、消費増税で決定と考えられています。

ですので、その前提で書きますが、消費税が5%から8%に上がれば、一時的に日経平均は上昇して、15,000円を達成すると思われます。
しかし、その後は出尽くしから下落という展開を予想します。

騰落レシオも一気に高値圏の124.90まで上昇。
そろそろ急落があってもおかしくありません。

そのタイミングで消費増税決定となれば、そこが絶好の売り場となるでしょう。
まーくんは仕掛けてみますよ。

今週の日経平均の上値は15,000円強、下値は25日移動平均線の14,100円とします。
消費増税の結果次第ですが売りですよ。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月24日 (火)

2013年9月4週展望

本日、カブドットコムのセミナー(株スクール)に参加してきました。
近いうちに内容をまとめてアップする予定です。

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

9/16(月)祝日
9/17(火)14311.67円(-93.00円
9/18(水)14505.36円(+193.69円
9/19(木)14766.18円(+260.82円
9/20(金)14742.42円(-23.76円

先週はアゲアゲ相場でしたね。予想通りに動いてくれました。
毎週、こんな簡単ならいいんですけどね。

さて、今週は日経平均15,000円の目標の達成もあり得ますね。

以下は先週の予想の引用。

騰落レシオも過熱感なし。出来高も増加傾向。
オリンピック開催も決定と、世界で日本の一人勝ち状態。
これから、アゲアゲの相場になると思います。

そういえば、周りで仕事を辞める人が増えました。
辞めても次の職が見つかる状態になったということでしょうか。
そう考えるなら、景気は回復しているということですね。

消費増税は実施が濃厚のようですが、株価には好材料
海外マネーの流入を呼びます。個人的には消費増税には反対なんですけどね。
増税の代わりに法人税を減税してもらえば、さらに株価への影響は大です。

米国ではFOMCがあります。
思ったほど量的緩和縮小は控えめとの噂が流れています。
控え目だろうと縮小すれば、円安の流れに向かい、当面は日経平均にプラスに作用すると考えます。

今週の日経平均の上値は15,000円、下値は一目均衡表雲の上限14,100円とします。
もう今週は、下げる要因がなく、アゲアゲだと思っています。
ガンガン買っていきましょう!

今週の予想

今週のポイントは配当落ち後の相場と消費増税ですね。

まずは配当落ち後の話。
配当落ち後に落ち分を即日吸収するようであれば、日経平均15,000円は高確率で達成するのではないかと見ています。
吸収できないようだと、15,000円を目前にしてもみ合いは続くのでしょう。

しかし、今のままだと15,000円で頭打ち。あっても15000円ちょっとでしょう。
何故なら、いま盛り上がっているのは、オリンピック関連のゼネコン株。
こいつらは日経平均への寄与度が低いんですよね。

値がさハイテク株と言われる銘柄は、それほど盛り上がっていないんです。
ゆえにオリンピック関連株だけ盛り上がっていても、日経平均はそれほど上がりません。

また、先週、消費増税は個人的には反対しているが好材料であると書きました。

しかし、本日改めてカブドットコムのセミナーを聞いたら、消費増税はせっかく盛り上がってきた景気を失速させてしまう恐れがあるということを考えさせられました。

消費増税は一時的に好材料と受け取られるかもしれませんが、長期では悪材料であると考えを改めました。
先週の考えは撤回させていただきます。

その消費増税に関する話題が、今週は多く聞かれることになるでしょう。
このニュースの行方は注視していく必要があります。
まーくん的には、消費増税が現在最大の関心事です。

ただ、日経平均に過熱感はなく、出来高も増えてきています。
そういう意味では、上昇の余力は十分に残っているとも言えます。
どっちだよって感じですけど、まーくんも悩ましいんですよね。

売りはないけど、自信を持って買いという状況でもありません。
消費税増税の決断待ちですね。

今週の日経平均の上値は15,300円、下値は14,500円とします。
テクニカルやチャートが良いからどうにかなるんじゃないでしょうか。
余力があるなら、買ってみてみましょうという感じですかね。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月19日 (木)

米国に投資しようと思った理由

まーくんは、いま米国株投資のタイミングを模索中です。
QE3が終了し、株価が下げきったところを狙っています。

外国株といえば、まーくんは中国にも投資しています。
その理由は将来確実に成長すると考えられるからです。

では、なぜ米国株なのかというと、中国ほどの伸びしろはありませんが、成長の余地は十分。
それと、長期的に高い確率で円安が進行すると考えるからです。

さらには極端に円安が進んだ場合のリスクヘッジでもあります。

加えて、将来的には子供も欲しいですし、もし子供がアメリカの大学に行きたいといえば、行かせてやりたいと考えます。
その時、円安だから無理なんて言いたくはない。

そんな理由で、まーくんは米国株に投資しようと考えています。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月17日 (火)

2013年9月3週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

9/9日(月)14205.23円(+344.42円
9/10日(火)14423.36円(+218.13円
9/11日(水)14425.07円(+1.71円
9/12日(木)14387.27円(-37.80円
9/13日(金)14404.67円(+17.40円

週前半上げて、後半は失速気味と予想しましたが、ほぼ正解
まぁ妥当な流れでしょうね。

次は日経平均15,000円が目標です。

以下は先週の予想の引用。

金曜日の落選の噂で下げたので、五輪決定は完全には織り込まれていない。
しかし、CMEや先物が夜間取引で上昇して引けたので、高く寄り付くでしょう。

ただ、いったんあげた後は出尽くしとなると考えます。
日経平均は、週前半が勝負でしょうね。

また、QE3絡みで雇用統計に注目されていましたが、予想を下回ったことで、QE3の縮小はまだ先になるかもしれません。
QE3縮小となれば、円安という流れが連想できます。

日本でも4-6月期GDPの改定値が発表されます。
事前予想では、良い数字が出るようです。
この結果如何では、消費税が絡んでくるんで、難しい問題です。

100歩譲って消費税を上げるのは認めたとしても、きっと税金を無駄遣いすることになるので、まーくんは反対なんですよ。
正しい方向に使うなら、消費税は認めざるを得ないかなと思いますが。

チャートでは、一目均衡表の雲の下限で押さえつけられています。
ねじれがあるので、相場転換のサインかそれなら、まずは上だろうと。
高めに見積もって、日経平均は14,500円あたりでしょうか。
安値は25日移動平均線が固いようで13,700円をメドとします。

今週の日経平均予想レンジは13,700円~14,500円の前半上昇、後半失速と予想してみます。

今週の予想

騰落レシオも過熱感なし。出来高も増加傾向。
オリンピック開催も決定と、世界で日本の一人勝ち状態。
これから、アゲアゲの相場になると思います。

そういえば、周りで仕事を辞める人が増えました。
辞めても次の職が見つかる状態になったということでしょうか。
そう考えるなら、景気は回復しているということですね。

消費増税は実施が濃厚のようですが、株価には好材料
海外マネーの流入を呼びます。個人的には消費増税には反対なんですけどね。
増税の代わりに法人税を減税してもらえば、さらに株価への影響は大です。

米国ではFOMCがあります。
思ったほど量的緩和縮小は控えめとの噂が流れています。
控え目だろうと縮小すれば、円安の流れに向かい、当面は日経平均にプラスに作用すると考えます。

今週の日経平均の上値は15,000円、下値は一目均衡表雲の上限14,100円とします。
もう今週は、下げる要因がなく、アゲアゲだと思っています。
ガンガン買っていきましょう!

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月12日 (木)

プチ株つみたて2013/09

9月のプチ株つみたてです。

毎月5~7万円(わけあって今月からつみたて額を減額しました)の範囲でつみたてています。
市場が落ち込んで安いときは多くつみたてて、逆に高いときには少なくつみたてる方針です。

今月は比較的過熱感もなく、つみたて額はMAXを超えて7万3千円。
(実はMAXを超えてしまったのは、手違いなんですけどね)

東京オリンピック効果もあって、含み益最高値更新の勢いです。

ところで、最近自分の記録のためのブログとなってしまっています。
もう少し、自分の考えを書けるよう頑張ります。ネタはあるんですよね。

それでは、今月のつみたての結果です。
武田薬品工業 3株
大日本印刷 3株
住友商事 12株
あおぞら銀行 53株
日本電信電話 1株

これまでの積み立て

銘柄(コード) 保有株数 現在値
平均取得単価
時価評価額
取得金額
評価損益
評価損益率
武田薬品工業(4502) 185株 4,645円
3,803円
859,325円
703,555円
+155,770
+22.1
大日本印刷(7192) 982株 1,015円
707円
996,730円
694,274円
+302,456
+43.6
住友商事(8053) 656株 1,307円
1,133円
857,392円
743,248円
+114,144
+15.4
あおぞら銀行(8304) 2806株 297円
271円
833,382円
760,426円
+72,956
+9.6
日本電信電話(9432) 176株 5,290円
3,719円
931,040円
654,544円
+276,496
+42.2

プチ株つみたてはカブドットコム証券で!!!

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月10日 (火)

マネックス証券が、またまた米国株手数料を値下げ

2013/09/23以降、マネックス証券の米国株取引手数料を大幅値下げします。
マネックス証券の値下げは以前にもブログで取り上げましたが、さらに値下げだそうです。
まーくん的には驚異的な手数料設定です。

約定代金の0.4725%
最低5.25米ドル 最大21米ドル
約定株数による加算なし。

現在のドル円レート(1ドル100円)で換算とすると、最大でも2100円です。
米国株1銘柄を2000ドル(約20万円)購入しても、取引手数料は945円と1000円以下となります。

このほかには、円→ドルの為替手数料がかかりますが片道25銭。
現在の為替レート(≒100円)で計算すると、たったの0.25%です。

為替手数料は、円→ドル、ドル→円の時のみ発生するので、米国株口座内で取引している間は為替手数料は発生しません。

以下は、他社との米国株手数料比較表です。

マネックス証券
(9月23日以降)
SBI証券 楽天証券
手数料体系 約定代金ベース 株数ベース 株数ベース
最低手数料 5.25米ドル 一律
26.25米ドル
一律
26.25米ドル
最大手数料 21米ドル
1,000株以上の部分の
追加手数料
なし 1株につき
0.021米ドル
1株につき
0.021米ドル

普通の外国株(中国株、米国株を除く)を日本の証券会社で買おうとしたら、安くても取引手数料は1%、為替手数料は3%くらい取られます。
スタートから含み損5%弱なんです。

今現在、米国株取引はマネックス証券一択ですね。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 9日 (月)

2013年9月2週展望

最近、引っ越しをしまして、バタバタしていました。
さらに、人生の転機(良いほうに)を迎えています、そんなわけで、なかなかブログの更新ができていません。

ほとんど、自分の投資記録のために更新している感じになっていますが、たまには思っていることなども語っていこうと思うので、これからもご愛顧よろしくお願いします。

先週の結果

さて、それでは先週の日経平均です。

9/2(月)13579.92円(+184.06円
9/3(火)13978.44円(+405.52円
9/4(水)14053.87円(+75.43円
9/5(木)14064.82円(+10.95円
9/6(金)13860.81円(-204.01円

シリアなんか忘れられちゃった感がありますね。
話題はオリンピックでした。
東京に決定したことは個人的に喜ばしいことです。

金曜日は、東京落選予想から日経平均は大きく下げました
しかし、1週間でみるとかなりの上昇

私の予想と正反対の結果となりました。
難しいですね。先週は大ハズレです。

以下は先週の予想の引用。

今週の話題は、国内ではオリンピック、消費税、日経平均の銘柄入れ替えなどがあり、国外ではやっぱりシリアです。

オリンピックの開催地は日本がかなり濃厚となってきた雰囲気です。
今週のみの限定ですが、オリンピック銘柄で攻勢にでてみようかと。
東京になったとしても、それ以外だとしても、開催地決定後はいったん売られると思います。
安くなったところを長期でオリンピック銘柄に投資していけばいいでしょう。

消費税は増税される予感がしますね。
消費増税を見越した予算要求になっている感じに思えてなりません。
官僚さんたちには、借金返済することは頭にないんでしょうかね。

国外へ目を向けるとシリアの問題。
これはまだ完全に織り込んでいないと考えます。
円安となったいま、原油高は日本市場とってかなりの悪材料
いまこれをゆっくりと織り込むよう、日経平均は下落しています。

チャート判断では、週足が26週移動平均線を割り込みました。
自分の中では要警戒のアラートが鳴っています。

チャートだいぶ煮詰まってきています。
13,300円を割り込んだら下げが加速し、底値は12,500円前後までを考えています。

上値は5日移動平均線の13,700円前後を想定していますが、これを超える展開は考えにくい。

そういうわけで、今週の日経平均予想レンジは12,500円~13,700円の下落予想です。
大きいのも来るかもしれませんので、念のためもう少しヘッジしておきます。

今週の予想

金曜日の落選の噂で下げたので、五輪決定は完全には織り込まれていない。
しかし、CMEや先物が夜間取引で上昇して引けたので、高く寄り付くでしょう。

ただ、いったんあげた後は出尽くしとなると考えます。
日経平均は、週前半が勝負でしょうね。

また、QE3絡みで雇用統計に注目されていましたが、予想を下回ったことで、QE3の縮小はまだ先になるかもしれません。
QE3縮小となれば、円安という流れが連想できます。

日本でも4-6月期GDPの改定値が発表されます。
事前予想では、良い数字が出るようです。
この結果如何では、消費税が絡んでくるんで、難しい問題です。

100歩譲って消費税を上げるのは認めたとしても、きっと税金を無駄遣いすることになるので、まーくんは反対なんですよ。
正しい方向に使うなら、消費税は認めざるを得ないかなと思いますが。

チャートでは、一目均衡表の雲の下限で押さえつけられています。
ねじれがあるので、相場転換のサインかそれなら、まずは上だろうと。
高めに見積もって、日経平均は14,500円あたりでしょうか。
安値は25日移動平均線が固いようで13,700円をメドとします。

今週の日経平均予想レンジは13,700円~14,500円の前半上昇、後半失速と予想してみます。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 3日 (火)

トレード記録(2013/8)

2013年8月のトレード結果です。

通常の投資とは別に、遊びの資金での短期売買記録です。
相場観を養うために趣味で売買していたのですが、なかなかの収入源となっています。

しかし、今月は大きくマイナスで、二つ契約していた投資情報のうち、一つを解約しました。
パフォーマンスが悪いというか、自分には全く合いませんでした。
お金払って情報を買い、3ヶ月でマイナス200万円はちょっといただけないよな。
傷が浅いうちに撤退することにします。

この件は、いずれ記事にしようと思います。

今回のトレード

日付 銘柄(コード) 売買 数量 価格 決済日付 決済価格 損益
2013/5/24 日経平均Op 08プット10000 1枚 70円 2013/8/9 0円 +69,790円
2013/6/15 日経平均Op 08プット10000 1枚 80円 2013/8/9 0円 +79,790円
2013/6/25 日経平均Op 08プット10750 1枚 70円 2013/8/9 0円 +69,790円
2013/7/29 OAKキャピタル(3113) 3,000株 139円 2013/8/6 141円 +4,730円
2013/7/29 サイバーエージェント(4751) 2株 224,900円 2013/8/23 242,000円 +31,750円
2013/7/30 ネクスト(2120) 300株 1,500円 2013/8/2 1,585円 +24,082円
2013/7/31 ネットワークバリューコンポ(3394) 2株 220,000円 2013/8/12 165,000円 -111,542円
2013/7/31 D.A.コンソーシアム(4281) 600株 700円 2013/8/2 525円 -106,111円
2013/7/31 オリコ(8585) 1,500株 278円 2013/8/5 292円 +19,487円
2013/7/31 IMV(7760) 2,000株 415円 2013/8/2 412円 -8,450円
2013/8/6 タムラ製作所(6768) 2,000株 267円
2013/8/7 ユナイテッド(4380) 100株 3,330円 2013/8/8 3,060円 -27,896円
2013/8/7 ベネフィット・ワン(2412) 5株 185,400円 2013/8/16 178,600円 -36,721円
2013/8/7 オルトプラス(3672) 100株 5,110円 2013/8/12 3,860円 -126,359円
2013/8/8 日経平均Op 10プット11500 1枚 90円
2013/8/12 価値開発(3010) 8,000株 35円 2013/8/12 32円 -24,448円
2013/8/12 エイチーム(3662) 100株 3,780円 2013/8/12 3,290円 -49,606円
2013/8/12 日経225mini 13/09 3枚 13,500円
2013/8/13 新日本理化(4406) 1,000株 361円 2013/8/13 380円 +18,522円
2013/8/14 オルトプラス(3672) 100株 4,875円
2013/8/14 まんだらけ(2652) 200株 3,825円 2013/8/19 3,960円 +24,580円
2013/8/20 ヒマラヤ(7514) 200株 1,434円
2013/8/20 ヒマラヤ(7514) 100株 1,430円
2013/8/14 アルペン(3028) 200株 2,011円
2013/8/21 トラスト・テック(2154) 1,000株 738円 2013/8/23 720円 -20,787円
2013/8/28 アドバンスクリエイト(8798) 700株 1,207円 2013/8/30 1,188円 -15,297円

現在の建玉一覧
日経平均Op 09プット10750 売建 1枚
日経平均Op 09プット11000 売建 1枚
日経平均Op 09プット11250 売建 1枚
日経平均Op 09プット11500 売建 1枚
日経平均Op 10プット11500 売建 2枚
日経225mini 13/09 売建 3枚
タムラ製作所 買建 2,000株
オルトプラス 買建 100株
ヒマラヤ 買建 300株
アルペン 買建 200株

当月損益
-184,696円

累計損益(2011/3以降)
+283,526円

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 1日 (日)

2013年9月1週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

8/26(月)13636.28円(+24.27円
8/27(火)13542.37円(-93.91円
8/28(水)13338.46円(-203.91円
8/29(木)13459.71円(+121.25円
8/30(金)13388.86円(-70.85円

もみ合いの展開との予想は当たっていましたが、どちらかというと下落に向かっています。
はずした原因は、シリアの問題によるものだと考えています。

そのせいで26週移動平均線も割り込み、弱い動きとなっているようです。

以下は先週の予想の引用。

気になるのはQE3縮小の行方。
まだ、この件は完全に織り込まれていない。
結果如何では、日本株の急落も想定しておかなくてはなりません。

また、日本にとって好材料があるとすれば、オリンピック関連。
オリンピック銘柄で攻めてみるのも、面白いかもしれません。
その場合、開催地決定前にすべて処分するのが前提。短期勝負です。

全体のチャートから判断すると、日足は下降トレンド。短期では弱さを感じます。
25日移動平均線を上回ってくれば、買い転換してもいいと思いますが、25日移動平均線に阻まれると予想。

下値は週足、26週移動平均線で踏みとどまっています。
中期はまだ上昇トレンド継続中と考えます。
26週移動平均線は今のところ堅く、ここを割り込むことヤバい展開になるかもしれませんが、まーくんは割り込まないと考えています。

徐々に下値を切り上げ、25日移動平均線ブレイク買いに行きますよ。

今週の日経平均予想レンジは13,500円~14,000円。
もみ合いつつ、やや上昇を予想します。

今週の予想

今週の話題は、国内ではオリンピック、消費税、日経平均の銘柄入れ替えなどがあり、国外ではやっぱりシリアです。

オリンピックの開催地は日本がかなり濃厚となってきた雰囲気です。
今週のみの限定ですが、オリンピック銘柄で攻勢にでてみようかと。
東京になったとしても、それ以外だとしても、開催地決定後はいったん売られると思います。
安くなったところを長期でオリンピック銘柄に投資していけばいいでしょう。

消費税は増税される予感がしますね。
消費増税を見越した予算要求になっている感じに思えてなりません。
官僚さんたちには、借金返済することは頭にないんでしょうかね。

国外へ目を向けるとシリアの問題。
これはまだ完全に織り込んでいないと考えます。
円安となったいま、原油高は日本市場とってかなりの悪材料
いまこれをゆっくりと織り込むよう、日経平均は下落しています。

チャート判断では、週足が26週移動平均線を割り込みました。
自分の中では要警戒のアラートが鳴っています。

チャートだいぶ煮詰まってきています。
13,300円を割り込んだら下げが加速し、底値は12,500円前後までを考えています。

上値は5日移動平均線の13,700円前後を想定していますが、これを超える展開は考えにくい。

そういうわけで、今週の日経平均予想レンジは12,500円~13,700円の下落予想です。
大きいのも来るかもしれませんので、念のためもう少しヘッジしておきます。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »