« プチ株つみたて2013/10 | トップページ | 2013年10月4週展望 »

2013年10月14日 (月)

2013年10月3週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

10/7(月)13853.32円(-170.99円
10/8(火)13894.61円(+41.29円
10/9(水)14037.84円(+143.23円
10/10(木)14194.71円(+156.87円
10/11(金)14404.74円(+210.74円

予想通り上げてきましたね。
値幅も日経平均終値が14404円と、ほぼ的中です。

当たり前といえば、当たり前ですね。

以下は先週の予想の引用。

今週は、先週から引き続き、米国財政問題ですね。
米国株価は上昇しているのに、日経平均が下落している状況は、イマイチ理解に苦しむ。

アメリカが破たんしたら、世界恐慌どころの騒ぎじゃないので、そんなことは常識的にまずありえない。
もしそうなったら、株どころじゃないので考えても仕方なし。

いまは駆け引きして、落としどころを探っている状態で、最後はまとまるというのが通例。

そうだと日経平均が下がるのは大歓迎買い場なんですもん。ただ急ぐ必要な無し。
まーくんは13,500円以下があれば、買いと考えます。

今週の日経平均の上値は25日移動平均線の14,400円、下値は13,500円とします。
今週は様子見です。もしくは安いところを拾っていくのがイイかと思います。

今週の予想

先週は米国財政問題解決に向かっているとの話題で、日経平均は大きく上昇しました。
まーくんは、以前から米国が破たんするわけないと言い続けていますし、いまもそう思っています。

しかし、噂だけで上がり過ぎているように思えます。
何一つはっきりとした話が出ていないのではないでしょうか?
このまま、何も進展がないようだと悪材料として下落するでしょうし、進展があったとしても、材料出尽くしの、完全八方ふさがり状態ですね。

しかし、チャートを見てもらえればわかる通り、結局、なんだかんだ言ってアベノミクス後の日経平均は為替に連動しています。
ドル円100円いって日経平均15,000円が目安かと。
そして現在の為替レートですと、14,500円が関の山。

ドル円98円という水準では、日経平均は高値圏にあると言わざるを得ません。

こういった理由から、一転して今週は売り予想とします。
円安が進むようなら話は変わりますが、そのような状況になりそうな気がしません。
もし明日にマドをあけて上昇するようだと、チャートは三空となります。

これより、日経平均の上値は14,600円、下値は13,800円とします。
ただし、売り予想といえども、積極的に売り込む必要もありませんので、ご注意を。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« プチ株つみたて2013/10 | トップページ | 2013年10月4週展望 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/58386537

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年10月3週展望:

« プチ株つみたて2013/10 | トップページ | 2013年10月4週展望 »