« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月28日 (月)

2013年11月1週展望

先週の結果

最近、ブログの更新が週1になっています。
しかも、自身の記録といった内容ばかり。
もっと更新頻度を上げねばと思っています。

今後は、もっと読者の役に立つ内容を発信していこうと考えています。
よろしくお願いします。

まずは先週の日経平均です。

10/21(月)14693.57円(-132.03円
10/22(火)14713.25円(+19.68円
10/23(水)14426.05円(-287.20円
10/24(木)14486.41円(+60.36円
10/25(金)14088.19円(-398.22円

予想はずしました。
意外と大胆に下げましたね

先週、不安視していた為替の影響が大きく、量的緩和の縮小先送り観測にともなう円高が原因ですかね。

以下は先週の予想の引用。

さて今週は短く済ませます。

先週は米国財政問題は暫定法案が可決されたため、上昇しています。
最初から分かっているのに、いまさらって感じですよ。
また数か月後に同じ問題で株価が下落するのでしょうね。

いったい何度繰り返せば気が済むんでしょう。
こちらとすれば、良い買いのタイミングとなり、悪い話じゃないんですけど。

為替を見ると、ドル円が97円台に突入。
騰落レシオは落ち着いていますが、為替環境が悪すぎます。
ドル円が100円で、日経平均15,000円というのが適正水準ですので、今週は大きな上昇はないでしょう。

とはいえ悪材料もないので微増の予想とします。
日経平均の上値は14,800円、下値は14,200円。
買っても、売っても妙味はなさそうですね。

今週の予想

今週も短く済ませようと思います。

日足チャートは悪化しています。
25日線を割り込み下落

週足の26週移動平均線に迫っています。
26週移動平均線をキープできるかがポイントで、14,000円を割り込んで来たら13,500円までの下落は覚悟する必要がありそうです。

騰落レシオも100程度。上下どちらに行く可能性も秘めている、難しい局面です。

日本株は決算本格化。上方修正する企業もでてきています。
そんなか日経平均が下げるようなことになれば、押し目買いのチャンス。

また、来年から税金が10%から20%となります。
今年は株式投資で利益を出した人も多くいることでしょう。
そんな方々が、今年中に利益確定しておきたいと考えるのは自然なこと。
そろそろ、そんな売りが出始めるころです。

正直、どっちに動くか判断が難しいところですが、まーくんは、14,000円前後でもみ合いと予想します。
日経平均の上値は14,500円、下値は13,700円。
大きな上昇は期待していませんが、13,000円台は買いでいいかと思いますよ。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

2013年10月4週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

10/14(月) 祝日
10/15(火)14441.54円(+36.80円
10/16(水)14467.14円(+25.60円
10/17(木)14586.51円(+119..37円
10/18(金)14561.54円(-24.97円

日経平均はまーくん予想上値の14,600円近辺で推移しました。
まーくんの描いたシナリオのなかでは上出来な結果です。

日経平均は三空で始まりましたが、暴落は起きていませんしね。
過熱感はないので、そこまで暴落とはならないのでしょう。

まーくん的には為替がやや心配です。

以下は先週の予想の引用。

先週は米国財政問題解決に向かっているとの話題で、日経平均は大きく上昇しました。
まーくんは、以前から米国が破たんするわけないと言い続けていますし、いまもそう思っています。

しかし、噂だけで上がり過ぎているように思えます。
何一つはっきりとした話が出ていないのではないでしょうか?
このまま、何も進展がないようだと悪材料として下落するでしょうし、進展があったとしても、材料出尽くしの、完全八方ふさがり状態ですね。

しかし、チャートを見てもらえればわかる通り、結局、なんだかんだ言ってアベノミクス後の日経平均は為替に連動しています。
ドル円100円いって日経平均15,000円が目安かと。
そして現在の為替レートですと、14,500円が関の山。

ドル円98円という水準では、日経平均は高値圏にあると言わざるを得ません。

こういった理由から、一転して今週は売り予想とします。
円安が進むようなら話は変わりますが、そのような状況になりそうな気がしません。
もし明日にマドをあけて上昇するようだと、チャートは三空となります。

これより、日経平均の上値は14,600円、下値は13,800円とします。
ただし、売り予想といえども、積極的に売り込む必要もありませんので、ご注意を。

今週の予想

さて今週は短く済ませます。

先週は米国財政問題は暫定法案が可決されたため、上昇しています。
最初から分かっているのに、いまさらって感じですよ。
また数か月後に同じ問題で株価が下落するのでしょうね。

いったい何度繰り返せば気が済むんでしょう。
こちらとすれば、良い買いのタイミングとなり、悪い話じゃないんですけど。

為替を見ると、ドル円が97円台に突入。
騰落レシオは落ち着いていますが、為替環境が悪すぎます。
ドル円が100円で、日経平均15,000円というのが適正水準ですので、今週は大きな上昇はないでしょう。

とはいえ悪材料もないので微増の予想とします。
日経平均の上値は14,800円、下値は14,200円。
買っても、売っても妙味はなさそうですね。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

2013年10月3週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

10/7(月)13853.32円(-170.99円
10/8(火)13894.61円(+41.29円
10/9(水)14037.84円(+143.23円
10/10(木)14194.71円(+156.87円
10/11(金)14404.74円(+210.74円

予想通り上げてきましたね。
値幅も日経平均終値が14404円と、ほぼ的中です。

当たり前といえば、当たり前ですね。

以下は先週の予想の引用。

今週は、先週から引き続き、米国財政問題ですね。
米国株価は上昇しているのに、日経平均が下落している状況は、イマイチ理解に苦しむ。

アメリカが破たんしたら、世界恐慌どころの騒ぎじゃないので、そんなことは常識的にまずありえない。
もしそうなったら、株どころじゃないので考えても仕方なし。

いまは駆け引きして、落としどころを探っている状態で、最後はまとまるというのが通例。

そうだと日経平均が下がるのは大歓迎買い場なんですもん。ただ急ぐ必要な無し。
まーくんは13,500円以下があれば、買いと考えます。

今週の日経平均の上値は25日移動平均線の14,400円、下値は13,500円とします。
今週は様子見です。もしくは安いところを拾っていくのがイイかと思います。

今週の予想

先週は米国財政問題解決に向かっているとの話題で、日経平均は大きく上昇しました。
まーくんは、以前から米国が破たんするわけないと言い続けていますし、いまもそう思っています。

しかし、噂だけで上がり過ぎているように思えます。
何一つはっきりとした話が出ていないのではないでしょうか?
このまま、何も進展がないようだと悪材料として下落するでしょうし、進展があったとしても、材料出尽くしの、完全八方ふさがり状態ですね。

しかし、チャートを見てもらえればわかる通り、結局、なんだかんだ言ってアベノミクス後の日経平均は為替に連動しています。
ドル円100円いって日経平均15,000円が目安かと。
そして現在の為替レートですと、14,500円が関の山。

ドル円98円という水準では、日経平均は高値圏にあると言わざるを得ません。

こういった理由から、一転して今週は売り予想とします。
円安が進むようなら話は変わりますが、そのような状況になりそうな気がしません。
もし明日にマドをあけて上昇するようだと、チャートは三空となります。

これより、日経平均の上値は14,600円、下値は13,800円とします。
ただし、売り予想といえども、積極的に売り込む必要もありませんので、ご注意を。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

プチ株つみたて2013/10

10月のプチ株つみたてです。

毎月5~7万円の範囲でつみたてています。
市場が落ち込んで安いときは多くつみたてて、逆に高いときには少なくつみたてる方針です。

積み立て額を決めるのは月初で、その時点では日経平均は調整していたので、つみたて額はMAXの7万としました。
しかし、ここ数日で急騰してしまい、結果的に高値掴みとなってしまったかもしれません。

それはさておき、含み益が100万弱となりました。
今年中に利益を確定しておかないと、税金を無駄に払うことになってしまいます。

さらに、毎年銘柄選定に利用していたみずほ証券のスクリーニングサイトがなくなってしまいました。
銘柄の選定方法で悩んでいる次第です。

それでは、今月のつみたての結果です。
武田薬品工業 3株
大日本印刷 2株
住友商事 6株
あおぞら銀行 72株
日本電信電話 1株

これまでの積み立て

銘柄(コード) 保有株数 現在値
平均取得単価
時価評価額
取得金額
評価損益
評価損益率
武田薬品工業(4502) 188株 4,700円
3,818円
883,600円
717,784円
+165,816
+23.1
大日本印刷(7192) 984株 1,040円
707円
1,023,360円
695,688円
+327,672
+47.1
住友商事(8053) 662株 1,343円
1,135円
889,066円
751,370円
+137,696
+18.3
あおぞら銀行(8304) 2878株 291円
271円
837,498円
779,938円
+57,560
+7.4
日本電信電話(9432) 177株 5,290円
3,728円
936,330円
659,856円
+276,474
+41.9

プチ株つみたてはカブドットコム証券で!!!

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月)

2013年10月2週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

9/30(月)14455.80円(-304.27円
10/1(火)14484.72円(+28.95円
10/2(水)14170.49円(-314.23円
10/3(木)14157.25円(-13.24円
10/4(金)14024.31円(-132.94円

日経平均15,000円達成の予想ははずしましたが、消費増税決定が売りのタイミングという予想は見事的中

まーくんの予想も売りと言ってたわけだし、今回は的中としてもいいでしょう。

以下は先週の予想の引用。

今週は消費増税一本です。

大事なのは10/1の日銀短観の内容です。
余程のことがない限り、消費増税で決定と考えられています。

ですので、その前提で書きますが、消費税が5%から8%に上がれば、一時的に日経平均は上昇して、15,000円を達成すると思われます。
しかし、その後は出尽くしから下落という展開を予想します。

騰落レシオも一気に高値圏の124.90まで上昇。
そろそろ急落があってもおかしくありません。

そのタイミングで消費増税決定となれば、そこが絶好の売り場となるでしょう。
まーくんは仕掛けてみますよ。

今週の日経平均の上値は15,000円強、下値は25日移動平均線の14,100円とします。
消費増税の結果次第ですが売りですよ。

今週の予想

今週は、先週から引き続き、米国財政問題ですね。
米国株価は上昇しているのに、日経平均が下落している状況は、イマイチ理解に苦しむ。

アメリカが破たんしたら、世界恐慌どころの騒ぎじゃないので、そんなことは常識的にまずありえない。
もしそうなったら、株どころじゃないので考えても仕方なし。

いまは駆け引きして、落としどころを探っている状態で、最後はまとまるというのが通例。

そうだと日経平均が下がるのは大歓迎買い場なんですもん。ただ急ぐ必要な無し。
まーくんは13,500円以下があれば、買いと考えます。

今週の日経平均の上値は25日移動平均線の14,400円、下値は13,500円とします。
今週は様子見です。もしくは安いところを拾っていくのがイイかと思います。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

トレード記録(2013/9)

2013年9月のトレード結果です。

通常の投資とは別に、遊びの資金での短期売買記録です。
相場観を養うために趣味で売買していたのですが、なかなかの収入源となっています。

リスクヘッジのための先物の売り建てで失敗で、せっかくのオプションの利益を飛ばしてしまいました。
リスクが去った後も、先物を持ち続けてしまったことが敗因でしたね。
9月はそれが全て。

ただ、先月では出し切りました。
今月は、久しぶりにプラスで終わるかと・・・

今回のトレード

日付 銘柄(コード) 売買 数量 価格 決済日付 決済価格 損益
2013/6/28 日経平均Op 09プット10750 1枚 95円 2013/9/13 0円 +94,790円
2013/7/8 日経平均Op 09プット11250 1枚 80円 2013/9/13 0円 +79,790円
2013/7/26 日経平均Op 09プット11500 1枚 50円 2013/9/13 0円 +49,790円
2013/7/29 日経平均Op 09プット11000 1枚 45円 2013/9/13 0円 +44,790円
2013/8/6 タムラ製作所(6768) 2,000株 267円
2013/8/12 日経225mini 13/09 3枚 13,500円 2013/9/13 14,323円 -247,131円
2013/8/14 オルトプラス(3672) 100株 4,875円 2013/9/2 3,915円 -97,953円
2013/8/20 ヒマラヤ(7514) 200株 1,434円 2013/9/6 1,325円 -22,993円
2013/8/20 ヒマラヤ(7514) 100株 1,430円 2013/9/6 1,325円 -11,095円
2013/8/14 アルペン(3028) 200株 2,011円 2013/9/6 1,944円 -15,178円
2013/9/4 魚力(7596) 500株 1,631円 2013/9/6 1,690円 +27,323円
2013/9/6 日経平均Op 10プット11625 1枚 45円
2013/9/6 日経平均Op 11プット12000 2枚 60円
2013/9/18 日経平均Op 12プット12000 1枚 85円
2013/9/18 きちり(3082) 1,000株 1,064円 2013/9/20 1,050円 -18,449円
2013/9/25 和田興産(8931) 600株 772円 2013/09/27 757円 -10,010円
2013/9/25 和田興産(8931) 600株 764円 2013/09/27 757円 -5,205円

現在の建玉一覧
日経平均Op 10プット11500 売建 2枚
日経平均Op 10プット11625 売建 1枚
日経平均Op 11プット12000 売建 2枚
日経平均Op 12プット12000 売建 1枚
タムラ製作所 買建 2,000株

当月損益
-131,531円

累計損益(2011/3以降)
+82,205円

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

ついに米国株買いました

米国相場が調整気味なので、念願の米国株を買ってみました!!
米国株と言えばIT。

まーくんもIT業界に身を置くものとして、最低限の知識はあるので、これから流行る(もう流行っている)技術は、ある程度理解しているつもりです。
キーワードだけ言うと、データセンター、ビッグデータ、SAN(ストレージエリアネットワーク)、ネットワーク機器、光ケーブル、無線LAN、セキュリティ機器、仮想化技術などキリがありません。

穴場で注目しているのは、SAN仮想化技術です。
これにより何が起こるかというと、個人用のPCが減ります。

モニター、キーボード、マウスとちょっとした装置だけで、ネットワークを通して、データセンターにある、環境にアクセスしてOS、ソフトウェアなどを利用する世の中へとなっていくでしょう。
個人用PCが全くゼロになるとは思っていませんが、ハードメーカーにとっては厳しい時代となるでしょう。
個人用PCはSSDなどのメモリストレージが主流になると思いますが、規模は縮小するとみています。

SANというのはストレージ(記憶装置)専用のネットワークと、LANとの間を高速に結ぶネットワークです。主にデータセンターで使われることになります。
日本では、震災のもありましたし、データセンターの普及は間違いないでしょう。
そうすると、確実にSANは導入されます。ここの有望株ブロケード(BRCD)。
まずは、ここを買いました。

次に仮想化技術ですが、VMウェア(VMW)を考えていましたが、最近amazon(AMZN)のAWSに押され気味で、今後数年は苦渋を舐めることが予想されます。
しかしながら、amazonも株価が割高で、ちょっと手を出しづらい。

次に考えられるのは、ネットワーク機器の雄であるCisco(CSCO)です。
今後も、ネットワークを流れるデータは大容量化していくので、ネットワーク機器は廃れることはないでしょう。

まずは様子見で、この2社だけ買ってみました。
中国経済の成長同様、クラウド技術の成長は、ほぼ既定路線です。
長期で持っておけば、大きな間違いはないかと。
円安も後押ししてくれそうですしね。

ついに米国株投資家となりました。というご報告でした。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »