« 2013年10月1週展望 | トップページ | トレード記録(2013/9) »

2013年10月 1日 (火)

ついに米国株買いました

米国相場が調整気味なので、念願の米国株を買ってみました!!
米国株と言えばIT。

まーくんもIT業界に身を置くものとして、最低限の知識はあるので、これから流行る(もう流行っている)技術は、ある程度理解しているつもりです。
キーワードだけ言うと、データセンター、ビッグデータ、SAN(ストレージエリアネットワーク)、ネットワーク機器、光ケーブル、無線LAN、セキュリティ機器、仮想化技術などキリがありません。

穴場で注目しているのは、SAN仮想化技術です。
これにより何が起こるかというと、個人用のPCが減ります。

モニター、キーボード、マウスとちょっとした装置だけで、ネットワークを通して、データセンターにある、環境にアクセスしてOS、ソフトウェアなどを利用する世の中へとなっていくでしょう。
個人用PCが全くゼロになるとは思っていませんが、ハードメーカーにとっては厳しい時代となるでしょう。
個人用PCはSSDなどのメモリストレージが主流になると思いますが、規模は縮小するとみています。

SANというのはストレージ(記憶装置)専用のネットワークと、LANとの間を高速に結ぶネットワークです。主にデータセンターで使われることになります。
日本では、震災のもありましたし、データセンターの普及は間違いないでしょう。
そうすると、確実にSANは導入されます。ここの有望株ブロケード(BRCD)。
まずは、ここを買いました。

次に仮想化技術ですが、VMウェア(VMW)を考えていましたが、最近amazon(AMZN)のAWSに押され気味で、今後数年は苦渋を舐めることが予想されます。
しかしながら、amazonも株価が割高で、ちょっと手を出しづらい。

次に考えられるのは、ネットワーク機器の雄であるCisco(CSCO)です。
今後も、ネットワークを流れるデータは大容量化していくので、ネットワーク機器は廃れることはないでしょう。

まずは様子見で、この2社だけ買ってみました。
中国経済の成長同様、クラウド技術の成長は、ほぼ既定路線です。
長期で持っておけば、大きな間違いはないかと。
円安も後押ししてくれそうですしね。

ついに米国株投資家となりました。というご報告でした。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 2013年10月1週展望 | トップページ | トレード記録(2013/9) »

外国株式」カテゴリの記事

株日記」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます!まーくんさんのご健勝をお祈りしています。

投稿: オイラ | 2013年11月 1日 (金) 23時34分

オイラさん

ありがとうございます。
今後は、日本株、中国株、米国株の3本柱で勝負していこうと思います。

投稿: まーくん | 2013年11月 2日 (土) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/58298042

この記事へのトラックバック一覧です: ついに米国株買いました:

« 2013年10月1週展望 | トップページ | トレード記録(2013/9) »