« トレード記録(2013/10) | トップページ | 2013年11月3週展望 »

2013年11月 5日 (火)

2013年11月2週展望

先週の結果

それでは先週の日経平均。

10/28(月)14396.04円(+307.85円
10/29(火)14325.98円(-70.06円
10/30(水)14502.35円(+176.37円
10/31(木)14327.94円(-174.41円
11/1(金)14177.82円(-150.12円

いってこいでしたね。
想定していた14,000円付近でのもみ合いよりは、良い動きだったと思います。

高値もほぼ想定通りの14,500円でした。
当たらずとも遠からずの結果です。

以下は先週の予想の引用。

今週も短く済ませようと思います。

日足チャートは悪化しています。
25日線を割り込み下落

週足の26週移動平均線に迫っています。
26週移動平均線をキープできるかがポイントで、14,000円を割り込んで来たら13,500円までの下落は覚悟する必要がありそうです。

騰落レシオも100程度。上下どちらに行く可能性も秘めている、難しい局面です。

日本株は決算本格化。上方修正する企業もでてきています。
そんなか日経平均が下げるようなことになれば、押し目買いのチャンス。

また、来年から税金が10%から20%となります。
今年は株式投資で利益を出した人も多くいることでしょう。
そんな方々が、今年中に利益確定しておきたいと考えるのは自然なこと。
そろそろ、そんな売りが出始めるころです。

正直、どっちに動くか判断が難しいところですが、まーくんは、14,000円前後でもみ合いと予想します。
日経平均の上値は14,500円、下値は13,700円。
大きな上昇は期待していませんが、13,000円台は買いでいいかと思いますよ。

今週の予想

日経平均のチャートはだいぶ煮詰まってまいりました。
今月の中旬までには、どちらかに大きく動くかと予想しています。

でも、正直なところ方向感がつかめません。

好材料としては、騰落レシオが80台と過熱感はありません。
中期のトレンドは、まだ上昇トレンド継続中です。
空売り規制の緩和による正常化。
円安のやや進行。

悪材料としては、今年いっぱいでの軽減税率の廃止があります。
今年は含み益が出ている人が多くいるでしょうから、普通に考えれば税金の安いうちに利益確定売りがでると考えるのは自然。
まーくんも徐々に利益を確定させています。

また好決算企業が多くみられますが、日経平均に寄与していない中小企業が頑張っているだけのように感じます。

そう考えると、好材料は決定的なものではなく、軽減税率の廃止が意識され始めて、上値が重くなってくると考えています。

そうは言えども、日経平均の下値14,000円は前後は固いでしょう。
売りが枯れれば、いずれは必然的に上へと向かうかと。

日経平均の上値は14,500円、下値は13,900円。
上値は追いかけず、下げたら買いの方針で行きましょうか。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« トレード記録(2013/10) | トップページ | 2013年11月3週展望 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/58516788

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年11月2週展望:

« トレード記録(2013/10) | トップページ | 2013年11月3週展望 »