« 2013年12月3週展望 | トップページ | トレード記録(2013/12) »

2013年12月24日 (火)

2013年12月4週展望

先週の結果

ついに今年も最終週ですね。
はい。それでは先週の日経平均です。

12/16(月)15152.91円(-250.20円
12/17(火)15278.63円(+125.72円
12/18(水)15587.80円(+309.17円
12/19(木)15859.22円(+271.42円
12/20(金)15870.42円(+11.20円

月曜日に予想安値を大きく下回ってしまいましたが、週を通しての上昇予想は的中
予想高値も若干上回ってしまったので、偉そうなことを言える結果ではないのですが・・・

先週も言った通り、年内の日経平均16,000円が焦点になりそうです。

以下は先々週の予想の引用。

メジャーSQ通過で、今年のイベントはほぼ終わったかなと思っています。
しいて言えばFOMCが残っていますが、結果如何にかかわらず日本株の上昇は堅いとみています。

年内に16,000円に到達するか否かが焦点とまーくんは考えます。

日本株が上昇する理由として、調整は一巡した感があります。
加熱していた相場も冷め、騰落レシオも標準値まで低下しています。

また、証券税制変更に絡む売りも枯れてきているころです。

日経平均は、25日移動平均線がサポートとして機能していますので、下値は25日移動平均線の15,300円。
日経平均の上値は直近高値の15,800円とします。

安いところをちょくちょく買って儲ける戦略でいきたいですね。

日経平均15,500円以下なら買いです。

今週の予想

米国はクリスマス休暇に突入。
今週は海外からの買いがなく閑散相場となることでしょう。
「閑散に売りなし」という格言もあるように、今週は上昇相場を予想します。

先週からやや上がりすぎ感が否めませんが、この勢いは持続すると考えます。
今年中の日経平均16,000円は達成間違いなしかと。

証券優遇税制廃止に伴う換金売りもほぼ終わったとみていいでしょうし、これ以上売られる要因があるとしたら、直近上がりすぎたことによる警戒感くらいのもの。

そうはいっても騰落レシオは80台と、どちらかといえば安値圏です。
気にするまでもありません。

日経平均は、25日移動平均線がサポートとして機能。
下値は25日移動平均線の15,450円。日経平均の上値は直近高値の16,000円とします。

是非16,000円を達成して、気持ちよく締めてもらいたいですね。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 2013年12月3週展望 | トップページ | トレード記録(2013/12) »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/58809768

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年12月4週展望:

« 2013年12月3週展望 | トップページ | トレード記録(2013/12) »