« やっちまった | トップページ | プチ株つみたて2014/2 »

2014年2月 9日 (日)

2014年2月2週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均から。

2/3(月)14619.13円(-295.40円
2/4(火)14008.47円(-610.66円
2/5(水)14180.38円(+171.91円
2/6(木)14155.12円(-25.26円
2/7(金)14462.41円(+307.29円

予想よりも大きく下げましたが、当面の底値は14,000円で、先週は絶好の買い場になるとの予想は大当たりだと思っています。
ただ、予想はあたったのですが、個人的には大損となんだか納得いかぬ結果になってしまいました。

以下は先週の予想の引用。

新興国リスクや量的緩和縮小は、そんな大騒ぎする問題ではないと思うんですよ。
日本株は決算結果から判断すると、これ以上大きな下げないだろうと考えます。
最悪14,000円が当面の下値になるかと。

今週は週末に向け、米雇用統計とや都知事選が注目テーマになるかと思います。
特に都知事選の結果は株価に大きな影響を及ぼすとみています。
今週も、これらの話題で乱高下するのではと考えます。

無難に舛添氏が当選すれば、来週からは上昇相場への復帰のシナリオも見えてくるでしょう。
このシナリオを前提に考え、今週はダメですが、ここが絶好の買い場になるのかと。

日経平均は高値が15,500円で、安値が14,500円。
弱含みの相場を予想します。

今週の予想

まず都知事選都。
どうやら舛添氏に決まったようで、日経平均は上昇相場へと戻ることでしょう。

日経平均14,000円は明らかに大底です。
いま買わないと儲けはないというくらいの絶好のタイミングですよ。

ただ信用評価損益率が悪化していることから、一度上昇しても利益確定の売りが入ると思われます。
焦らずに飛びつかず、いったん下げたところで買いを入れるのが、ベストチョイスかと考えています。

また、今週はマイナーSQがああるので、それによる波乱もありえます。
ですので、下げることがあれば思い切って買いでいってしまいましょう。

さらに、先週の米雇用統計の結果は良い面もあり、悪い面もあり、それ自体は材料にはならないと思いますが、無事通過で懸念材料が減ったという点では良いニュース。

日経平均は高値が15,000円で、安値が14,300円。
強気でいきます!

にほんブログ村 株ブログへ

|

« やっちまった | トップページ | プチ株つみたて2014/2 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

本業は不動産屋ですが、サイドビジネスとして株投資と不良債権を購入して弁護士に回収してもらっています。
正直株よりも債権回収の方が儲かっています。
5年前に買った債券はどれも3年で元本が返って来て、それ以降2年以上はすべてが利益になっています。
弁護士の報酬は回収額の50%ですが、それを差し引いても3年で投資した元本はすべて返って来ました。
そして、その弁護士法人が投資家から集めた資金でファンドを組んで債権を買い取り、投資家に配当を出すファンドを2月から日本で初めて稼働させるので、弊社で投資の募集を募る事になりました。
1口2500万円からです。
弁護士法人は年利20%~50%の配当をうたっていますが、弁護士の報酬が50%ではなく30%なので、
配当は年利30%以上である事は間違いないでしょう。
詳しくは弊社のホームページをご覧下さい。

http://www.sides.co.jp/topics/
サイズ・コーポレーション

投稿: sides | 2014年2月10日 (月) 15時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/59101735

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年2月2週展望:

« やっちまった | トップページ | プチ株つみたて2014/2 »