« 2014年2月4週展望 | トップページ | トレード記録(2014/2) »

2014年3月 2日 (日)

2014年3月1週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

2/20(月)14837.68円(-27.99円
2/21(火)15051.60円(+213.92円
2/22(水)14970.97円(-80.63円
2/23(木)14923.11円(-47.86円
2/24(金)14841.07円(-82.04円

寄り付きで買えと言いましたが、結果的にほとんど利益にはなりませんでした。
ただ方向性としては間違っていないと思うんですよね。

先週の予想は的中とも言えず、ハズレとも言えず、半端な予想となってしまいました。

以下は先週の予想の引用。

アメリカは落ち着いてきた模様。

現在、唯一の懸念は中国です。
何らかの悪材料が出るなら中国関連。
ただある程度、材料としては見えてきいるので、今すぐどうにかなることはないと思いたい。

日経平均日足のMACDは今年初のゴールデンクロスを達成しました。
また為替も円安に戻り始めています。
これにより強気になっていい局面と考えています。

日経平均の日足チャートは安値を切り上げてきています。
安値から下値の指示線を引いていくと14,500円が下値になるかと。
逆に上値の指示線は15,300円となります。

というわけで、日経平均は高値が15,300円。
安値が14,500円の範囲で動くと予想します。

現在はネックラインでの攻防を繰り広げています。
遅かれ早かれここは突破してくるでしょう。
明確に上抜けたら、一気に上昇トレンドです。

いまから買っていってもまだ遅くない。

今週は寄り付きでの買いがベストかと考えます。

今週の予想

外国人の買いが戻ってきているようです。
これは良いニュースです。
ここまで外国人の売りで下げ続けていたのですから、それが止めば上がるのは必然。

また先週も書きましたが、日経平均の日足チャートは安値を切り上げてきています。
安値から下値の指示線を引いていくと14,700円が下値となり。
逆に上値の指示線は15,100円となります。

この範囲の動きがメインとなるでしょう。
まずは確実に15,000円をキープするのが肝要。

当面、悪材料もありませんし、まだまだ今週から買っても遅くない。
騰落レシオも安値圏。日経平均PERも14倍台と割安
強気でいっちゃっていいと思うんですよね。

日経平均15,000円以下は買いでいきましょう。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 2014年2月4週展望 | トップページ | トレード記録(2014/2) »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/59227895

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年3月1週展望:

« 2014年2月4週展望 | トップページ | トレード記録(2014/2) »