« トレード記録(2014/2) | トップページ | メジャーSQ考察 »

2014年3月 9日 (日)

2014年3月2週展望

先週の結果

最初に先週の日経平均を見てみましょう。

3/3(月)14652.23円(-188.84円
3/4(火)14721.48円(+69.25円
3/5(水)14897.63円(+176.15円
3/6(木)15137.75円(+237.12円
3/7(金)15274.07円(+139.32円

月曜日は日経平均が14,400円台まで下げたり、金曜日には15,300円台をつけるなど、まーくんの想定レンジを大きく超えてきました。

それはなぜかと言いますと、ウクライナ情勢が緊迫化したり、中国の昆明でのテロ。
そして、北朝鮮からミサイル発射と、地政学リスクが噴出した結果によるものと考えます。
悪材料は少ないと思っていましたが、予期せぬところから湧いてきました。

結果的に上昇予想は的中しています。
しかし、あまりにも想定レンジを外しており、素直に喜べない結果です。

以下は先週の予想の引用。

外国人の買いが戻ってきているようです。

これは良いニュースです。
ここまで外国人の売りで下げ続けていたのですから、それが止めば上がるのは必然。

また先週も書きましたが、日経平均の日足チャートは安値を切り上げてきています。
安値から下値の指示線を引いていくと14,700円が下値となり。
逆に上値の指示線は15,100円となります。

この範囲の動きがメインとなるでしょう。
まずは確実に15,000円をキープするのが肝要。

当面、悪材料もありませんし、まだまだ今週から買っても遅くない。
騰落レシオも安値圏。日経平均PERも14倍台と割安
強気でいっちゃっていいと思うんですよね。

日経平均15,000円以下は買いでいきましょう。

今週の予想

木曜日は株価が上がらないという都市伝説めいた話がありました。
先週まで8週連続で日経平均は下落中
今回はどうなることかと眺めていましたが、めでたく上昇してくれました。

それにしても、上げ幅が大きすぎませんか?
アノマリー通りに下げると考えた輩が、日経先物を空売り→でも下がらない→買戻し踏み上げ、といった流れだったのではと思っています。

さて話は変わりますが、日経平均は保ち合いを上放れした格好となっています。
今週はメジャーSQもあり、一波乱あるかもしれませんが、15,000円を固めつつ上昇で間違いないと考えます。

日経平均の上値は、今年1/24に開けた窓の上限15,700円。
下値は移動平均線の集中する15,000円を想定します。

騰落レシオが高まりつつありますが、まだ112.2と高値圏とまではいきません。
毎週言っていますが、日経平均15,000円以下は買いです。

週末終値で日経平均は15,500円あたりを想定しています。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« トレード記録(2014/2) | トップページ | メジャーSQ考察 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/59262761

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年3月2週展望:

« トレード記録(2014/2) | トップページ | メジャーSQ考察 »