« 短期的な調整 | トップページ | 2014年3月4週展望 »

2014年3月16日 (日)

2014年3月3週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

3/10(月)15120.14円(-153.93円
3/11(火)15224.11円(+103.97円
3/12(水)14830.39円(-393.72円
3/13(木)14815.98円(-14.41円
3/14(金)14327.66円(-488.32円

ことごとく読みが外れています。
以下は、ここ最近の外した予想です。

上昇どころか大幅な下落
・想定レンジ(下値15,000円)を大幅に下回る結果
・上昇トレンド中のメジャーSQでは株価も上昇する
短期的な調整なら14,600円で下げ止まる。

これではダメですね。

以下は先週の予想の引用。

木曜日は株価が上がらないという都市伝説めいた話がありました。
先週まで8週連続で日経平均は下落中
今回はどうなることかと眺めていましたが、めでたく上昇してくれました。

それにしても、上げ幅が大きすぎませんか?
アノマリー通りに下げると考えた輩が、日経先物を空売り→でも下がらない→買戻し踏み上げ、といった流れだったのではと思っています。

さて話は変わりますが、日経平均は保ち合いを上放れした格好となっています。
今週はメジャーSQもあり、一波乱あるかもしれませんが、15,000円を固めつつ上昇で間違いないと考えます。

日経平均の上値は、今年1/24に開けた窓の上限15,700円。
下値は移動平均線の集中する15,000円を想定します。

騰落レシオが高まりつつありますが、まだ112.2と高値圏とまではいきません。
毎週言っていますが、日経平均15,000円以下は買いです。

週末終値で日経平均は15,500円あたりを想定しています。

今週の予想

今週はクリミアの住民投票の結果、どう動くのかが焦点となるでしょう。

そんなわけで、ウクライナ問題もあり世界的に株価が下落基調です。
それにしても日本株だけが突出して下げ過ぎています。
金曜日、他市場は1%程度の下げに対して、日本は3%以上下げました。明らかに過剰な下落ですよ。

下落の限界値を考えると、これまでの下げ止まりラインであるPER14倍。
日経平均でいうと14,150円あたりとなります。

また、米国ではリスク資産の売り一巡したとの見方もでているようで、は近いと考えています。

ただし、日本株はまだ下げ止まり感はありません。
長期なら間違いなく買いで良いのですが、短期なら完全に下げ止まったことを見極める必要ありです。

日経平均の上値は3/14に開けた窓の上限14,800円。
下値は日経平均PER14倍の14,150円とします。
反発もあるかもしれませんが、最終的には行って来いとなるかなと。
毎度外してばかりで申し訳ない・・・

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 短期的な調整 | トップページ | 2014年3月4週展望 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

まーくん
メジャーSQは難しいですね
これを読み切れる人はいるんですかね?
売りのスタンスの方が怪我が少ないのかなと思うこの頃です

投稿: ピンストライプ | 2014年3月17日 (月) 10時31分

ピンストライプさん

見事なまでに外して申し訳ないです。

私も前々から売りの方が利益を出すのは簡単だと考えています。
日経先物は基本的に売りからしか入らないようにしていますし。
ただ、売りも売りで難しいんですよね。

そういえば、アセットアライブの日経225売買シグナルでは、3/11に高値警戒シグナルが出ていたんですよ。
もう少し待ってから先物を売ろうと考えていたら、今回は速かったです。

投稿: まーくん | 2014年3月17日 (月) 12時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/59304951

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年3月3週展望:

« 短期的な調整 | トップページ | 2014年3月4週展望 »