« マネーフォーワードがスゴイ | トップページ | トレード記録(2014/3) »

2014年3月31日 (月)

2014年4月1週展望

先週の結果

はい、先週の日経平均です。

3/24(月)14475.30円(+251.07円
3/25(火)14423.19円(-52.11円
3/26(水)14477.16円(+53.97円
3/27(木)14622.89円(+145.73円
3/28(金)14696.03円(+73.14円

見事、日経平均は一週間で500円弱反発しましたね。
さすがに、この価格帯は安いと感じているのでしょう。

久しぶりに予想が的中したようで、一安心です。
今度、年間でどのくらい予想が的中してるか調べてみることにします。

以下は先週の予想の引用。

海外の悪材料が噴出しているのが、いま相場が停滞している原因ですね。

ロシア対欧州の冷戦に戻ったかのような構図。
中国でのリスクの顕在化。飛行機消失問題などなど。

また、日本でも消費増税を控えて、景気の冷え込みが想定されます。
これまでのように企業業績が右肩上がりで上がっていくとは考えにくい。
企業の業績予想が出てくるまでは、動きづらい状況なのかもしれません。

とはいってもPER14倍の14,150円は底値
これを割り込むようなら、まーくんは買い増ししますよ。

米国では利上げの話も出ており、為替はゆっくり円安に戻っていくと考えられます。
それに、いまは底値ですので、そろそろ反発があってもおかしくない頃。

そんなわけで、先週と全く同じで、日経平均の上値は3/14に開けた窓の上限14,800円。
下値は日経平均PER14倍の14,150円にします。

日経平均は、自律反発で上昇と予想します。

今週の予想

ウクライナ問題だったり、中国や北朝鮮。
はたまた航空機消失、何一つ解決していません。

さらに4月からは消費税増税があります。

普通なら、これだけ問題がありながら、週間で日経平均が500円も上昇
そして、配当落ちの即日埋めなんて考えられません。

結果からみると、ひとまずのところは出尽くしたのかなと考えています。
もし、新たに問題が悪いほうに進展すると反落も考えられますけどね。

また、CMEは日経先物が14,800円をつけています。
このあたりで寄り付けば、3/14の窓埋め、25日移動平均線を突破してきます。
そして、そのまま上がっていけば、チャートはアイランドリバーサル形状となり、上昇に弾みがつきます。

日足はMACDもゴールデンクロスしています。
騰落レシオも100前後と低からず、高からずと上昇の余地は大きく残しています。

なにか悪材料が出て下げたとしても、先週の上昇が帳消しとなる-500円程度で14,200円が下値
高値は、昨年12/30の16,320.22円と2/5の13,995.86円の半値戻しとなる15,150円前後を予想します。

さすがに先週500円も上げたので、一時的に15,000円もあるかもしれませんが、キープとまではいかないかなと。
せいぜい、もみあいが良いところでしょう。
今週は中立です。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« マネーフォーワードがスゴイ | トップページ | トレード記録(2014/3) »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/59384294

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年4月1週展望:

« マネーフォーワードがスゴイ | トップページ | トレード記録(2014/3) »