« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

2014年4月1週展望

先週の結果

はい、先週の日経平均です。

3/24(月)14475.30円(+251.07円
3/25(火)14423.19円(-52.11円
3/26(水)14477.16円(+53.97円
3/27(木)14622.89円(+145.73円
3/28(金)14696.03円(+73.14円

見事、日経平均は一週間で500円弱反発しましたね。
さすがに、この価格帯は安いと感じているのでしょう。

久しぶりに予想が的中したようで、一安心です。
今度、年間でどのくらい予想が的中してるか調べてみることにします。

以下は先週の予想の引用。

海外の悪材料が噴出しているのが、いま相場が停滞している原因ですね。

ロシア対欧州の冷戦に戻ったかのような構図。
中国でのリスクの顕在化。飛行機消失問題などなど。

また、日本でも消費増税を控えて、景気の冷え込みが想定されます。
これまでのように企業業績が右肩上がりで上がっていくとは考えにくい。
企業の業績予想が出てくるまでは、動きづらい状況なのかもしれません。

とはいってもPER14倍の14,150円は底値
これを割り込むようなら、まーくんは買い増ししますよ。

米国では利上げの話も出ており、為替はゆっくり円安に戻っていくと考えられます。
それに、いまは底値ですので、そろそろ反発があってもおかしくない頃。

そんなわけで、先週と全く同じで、日経平均の上値は3/14に開けた窓の上限14,800円。
下値は日経平均PER14倍の14,150円にします。

日経平均は、自律反発で上昇と予想します。

今週の予想

ウクライナ問題だったり、中国や北朝鮮。
はたまた航空機消失、何一つ解決していません。

さらに4月からは消費税増税があります。

普通なら、これだけ問題がありながら、週間で日経平均が500円も上昇
そして、配当落ちの即日埋めなんて考えられません。

結果からみると、ひとまずのところは出尽くしたのかなと考えています。
もし、新たに問題が悪いほうに進展すると反落も考えられますけどね。

また、CMEは日経先物が14,800円をつけています。
このあたりで寄り付けば、3/14の窓埋め、25日移動平均線を突破してきます。
そして、そのまま上がっていけば、チャートはアイランドリバーサル形状となり、上昇に弾みがつきます。

日足はMACDもゴールデンクロスしています。
騰落レシオも100前後と低からず、高からずと上昇の余地は大きく残しています。

なにか悪材料が出て下げたとしても、先週の上昇が帳消しとなる-500円程度で14,200円が下値
高値は、昨年12/30の16,320.22円と2/5の13,995.86円の半値戻しとなる15,150円前後を予想します。

さすがに先週500円も上げたので、一時的に15,000円もあるかもしれませんが、キープとまではいかないかなと。
せいぜい、もみあいが良いところでしょう。
今週は中立です。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月27日 (木)

マネーフォーワードがスゴイ

最近使い始めた資産管理ソフトのマネーフォーワードスゴイんです。
銀行、証券などの金融口座やクレジットカードなど、様々な情報をマネーフォーワードに登録しておくことで、自動で資産管理ができてしまいます。
少なくとも、まーくんが利用するようなメジャーな金融機関や証券会社は対応しています。

Androidやiphoneアプリとして提供されていて無料で利用できます。
また、まーくんは利用しませんでしたが、確定申告まで自動でできてしまうんだとか。

ネットバンキングや証券口座のID、パスワードを登録するためセキュリティが不安という方もいるかもしれませんが、そもそもそんな人はネットバンキングなんか使うなって話です。
運営がマネックス証券の子会社のようなので、そこまでの心配無用。これまで大きな問題も起きていないとか。

いままで、月一で資産管理表をExcelにまとめていましたが、これがあれば全自動。
毎日、自分の総資産を把握できるため重宝しています。
とにかく便利ですので、試してみてください。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

2014年3月4週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

3/17(月)14277.67円(+23.35円
3/18(火)14411.27円(-80.14円
3/19(水)14462.52円(-33.21円
3/20(木)14224.23円(-238.29円
3/21(金)祝日

強いて言うならば「PER14倍ラインは堅い」という予想は唯一外ししていない予想。
これ以外はほとんどあたっていないのが現状。

連休前の木曜日は予想以上に下げすぎ
木曜日、あまり下がらなければ的中と言えたかもしれません。

以下は先週の予想の引用。

今週はクリミアの住民投票の結果、どう動くのかが焦点となるでしょう。

そんなわけで、ウクライナ問題もあり世界的に株価が下落基調です。
それにしても日本株だけが突出して下げ過ぎています。
金曜日、他市場は1%程度の下げに対して、日本は3%以上下げました。明らかに過剰な下落ですよ。

下落の限界値を考えると、これまでの下げ止まりラインであるPER14倍。
日経平均でいうと14,150円あたりとなります。

また、米国ではリスク資産の売り一巡したとの見方もでているようで、は近いと考えています。

ただし、日本株はまだ下げ止まり感はありません。
長期なら間違いなく買いで良いのですが、短期なら完全に下げ止まったことを見極める必要ありです。

日経平均の上値は3/14に開けた窓の上限14,800円。
下値は日経平均PER14倍の14,150円とします。
反発もあるかもしれませんが、最終的には行って来いとなるかなと。

毎度外してばかりで申し訳ない・・・

今週の予想

海外の悪材料が噴出しているのが、いま相場が停滞している原因ですね。

ロシア対欧州の冷戦に戻ったかのような構図。
中国でのリスクの顕在化。飛行機消失問題などなど。

また、日本でも消費増税を控えて、景気の冷え込みが想定されます。
これまでのように企業業績が右肩上がりで上がっていくとは考えにくい。
企業の業績予想が出てくるまでは、動きづらい状況なのかもしれません。

とはいってもPER14倍の14,150円は底値
これを割り込むようなら、まーくんは買い増ししますよ。

米国では利上げの話も出ており、為替はゆっくり円安に戻っていくと考えられます。
それに、いまは底値ですので、そろそろ反発があってもおかしくない頃。

そんなわけで、先週と全く同じで、日経平均の上値は3/14に開けた窓の上限14,800円。
下値は日経平均PER14倍の14,150円にします。
日経平均は、自律反発で上昇と予想します。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月16日 (日)

2014年3月3週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

3/10(月)15120.14円(-153.93円
3/11(火)15224.11円(+103.97円
3/12(水)14830.39円(-393.72円
3/13(木)14815.98円(-14.41円
3/14(金)14327.66円(-488.32円

ことごとく読みが外れています。
以下は、ここ最近の外した予想です。

上昇どころか大幅な下落
・想定レンジ(下値15,000円)を大幅に下回る結果
・上昇トレンド中のメジャーSQでは株価も上昇する
短期的な調整なら14,600円で下げ止まる。

これではダメですね。

以下は先週の予想の引用。

木曜日は株価が上がらないという都市伝説めいた話がありました。
先週まで8週連続で日経平均は下落中
今回はどうなることかと眺めていましたが、めでたく上昇してくれました。

それにしても、上げ幅が大きすぎませんか?
アノマリー通りに下げると考えた輩が、日経先物を空売り→でも下がらない→買戻し踏み上げ、といった流れだったのではと思っています。

さて話は変わりますが、日経平均は保ち合いを上放れした格好となっています。
今週はメジャーSQもあり、一波乱あるかもしれませんが、15,000円を固めつつ上昇で間違いないと考えます。

日経平均の上値は、今年1/24に開けた窓の上限15,700円。
下値は移動平均線の集中する15,000円を想定します。

騰落レシオが高まりつつありますが、まだ112.2と高値圏とまではいきません。
毎週言っていますが、日経平均15,000円以下は買いです。

週末終値で日経平均は15,500円あたりを想定しています。

今週の予想

今週はクリミアの住民投票の結果、どう動くのかが焦点となるでしょう。

そんなわけで、ウクライナ問題もあり世界的に株価が下落基調です。
それにしても日本株だけが突出して下げ過ぎています。
金曜日、他市場は1%程度の下げに対して、日本は3%以上下げました。明らかに過剰な下落ですよ。

下落の限界値を考えると、これまでの下げ止まりラインであるPER14倍。
日経平均でいうと14,150円あたりとなります。

また、米国ではリスク資産の売り一巡したとの見方もでているようで、は近いと考えています。

ただし、日本株はまだ下げ止まり感はありません。
長期なら間違いなく買いで良いのですが、短期なら完全に下げ止まったことを見極める必要ありです。

日経平均の上値は3/14に開けた窓の上限14,800円。
下値は日経平均PER14倍の14,150円とします。
反発もあるかもしれませんが、最終的には行って来いとなるかなと。
毎度外してばかりで申し訳ない・・・

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月13日 (木)

短期的な調整

ここ最近の短期的な調整だけを見てみると、以下のような結果となっていることが分かった。

10月23日~11月8日(12営業日)
14799.28→14026.17
-773.11円

12月3~12月6日(4営業日)
15794.15→15112.54
-681.61円

2月12~2月17日(4営業日)
14874.79→14214.60
-660.19円

2月25~3月3日(5営業日)
15094.54→14428.73
-665.81円

短期の調整では、1週間で700円の下落幅となることがわかる。
いまを3月7日の高値15312.6円からの短期調整と考えると、今週中に日経平均は14,600円をつけて調整完了となる。

もし14,600円を割り込んでくるようなことになると、調整は長期化するかもしれない。
日経平均14,600円は大事な数字なので、記憶にとどめておこう。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月12日 (水)

プチ株つみたて2014/3

3月のプチ株つみたてです。

毎月7~9万円の範囲でつみたてています。
市場が落ち込んで安いときは多くつみたてて、逆に高いときには少なくつみたてる方針です。

今月はつみたて額を減らそうと考えていたのですが、手配が間に合わず・・・
結局MAXの9万円のつみたてです。

また、今月からはNISA口座でのつみたてとなりました。
NISA口座での配当を非課税にするためには、配当金の受取方法を「株式数比例配分方式」にする必要があります。
かなりの人が、そうなっていないようですので、一度確認してみてください。

それでは、今月のつみたての結果です。

エーザイ 3株
キヤノン 12株
住友商事 2株
あおぞら銀行 12株
松井証券 10株

これまでの積み立て

銘柄(コード) 保有株数 現在値
平均取得単価
時価評価額
取得金額
評価損益
評価損益率
エーザイ(4523) 186株 4,107円
3,994円
763,902円
742,884円
+21,018
+2.8
キヤノン(7751) 235株 3,124円
3,256円
734,140円
765,108円
-30,968
-4.0
住友商事(8053) 586株 1,364円
1,237円
799,304円
725,132円
+74,172
+10.2
あおぞら銀行(8304) 2531株 308円
291円
779,548円
736,701円
+42,847
+5.8
松井証券(9432) 622株 1,132円
1,179円
704,104円
733,380円
-29,276
-4.0

プチ株つみたてはカブドットコム証券で!!!

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月10日 (月)

メジャーSQ考察

さて来週の金曜日はメジャーSQです。
そこで、過去3年間のメジャーSQの結果がどうなったのかを表にまとめてみました。

赤字が期間内最高値、青字が期間内最安値です。

日付 SQ週
月曜日
SQ週
火曜日
SQ週
水曜日
SQ週
木曜日
SQ日 SQ翌営業日 株価トレンド
始値 終値 始値 終値 始値 終値 始値 終値 SQ値 終値 始値 終値
201103 10,626 10,505 10,513 10,525 10,607 10,589 10,544 10,434 10,286 10,254 10,044 9,620 横ばい
201106 9,467 9,380 9,371 9,442 9,428 9,449 9,411 9,467 9,554 9,514 9,405 9,448 横ばい
201109 8,828 8,784 8,687 8,590 8,723 8,763 8,863 8,793 8,732 8,737 8,578 8,535 下降
201112 8,697 8,695 8,644 8,575 8,629 8,722 8,664 8,664 8,478 8,536 8,652 8,654 横ばい
201203 9,756 9,698 9,704 9,637 9,509 9,576 9,674 9,768 9,946 9,930 10,015 9,890 上昇
201206 8,278 8,296 8,331 8,382 8,428 8,534 8,639 8,639 8,613 8,459 8,612 8,625 下降
201209 8,853 8,869 8,811 8,807 8,827 8,959 8,950 8,995 9,077 9,159 9,155 9,123 横ばい
201212 9,584 9,534 9,511 9,525 9,606 9,581 9,681 9,743 9,720 9,738 9,896 9,829 上昇
201303 11,695 11,652 11,733 11,683 11,811 11,932 12,037 11,968 12,073 12,284 12,363 12,349 上昇
201306 13,142 13,514 13,505 13,318 13,088 13,289 13,038 12,445 12,668 12,687 12,584 13,033 下降
201309 14,142 14,205 14,319 14,426 14,512 14,425 14,398 14,387 14,323 14,405 14,457 14,312 上昇
201312 15,557 15,650 15,634 15,611 15,510 15,515 15,377 15,342 15,303 15,403 15,408 15,153 上昇

2011年3月のメジャーSQは東日本大震災の日です。
この時のメジャーSQは、データとしては例外的なもと考えて除外。
2011年3月を除く、計11回のメジャーSQを検証します。

それでは傾向を見てみます。

株価トレンドが横ばいでメジャーSQを迎えたときは3回あります。
このときはSQ日もしくはSQ前日に高値安値)のピークをつける傾向が見られます。

下降トレンドでメジャーSQを迎えたケースは2回。2011年9月と2012年6月です。
一見バラバラにようですが、SQ日前日に高値を付けています。

残り5回は今回と同じように上昇トレンドで、メジャーSQを迎える場合です。
ここではおもしろい結果がわかります。
明らかにSQの翌営業日の寄り付きが高くなっているんです。非常に興味深いですね。

ここから戦略を考えると、SQ週前半に仕込み、SQ翌営業日の寄り付きで処分するのが最善という判断になります。

注意点としては、日経平均の始値が必ずしも先物の始値と一致するわけではないということです。
それを踏まえたうえで、ちょっと試してみようかな。

※あくまでも統計的なものなので、この通りになる保証はありません。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年3月 9日 (日)

2014年3月2週展望

先週の結果

最初に先週の日経平均を見てみましょう。

3/3(月)14652.23円(-188.84円
3/4(火)14721.48円(+69.25円
3/5(水)14897.63円(+176.15円
3/6(木)15137.75円(+237.12円
3/7(金)15274.07円(+139.32円

月曜日は日経平均が14,400円台まで下げたり、金曜日には15,300円台をつけるなど、まーくんの想定レンジを大きく超えてきました。

それはなぜかと言いますと、ウクライナ情勢が緊迫化したり、中国の昆明でのテロ。
そして、北朝鮮からミサイル発射と、地政学リスクが噴出した結果によるものと考えます。
悪材料は少ないと思っていましたが、予期せぬところから湧いてきました。

結果的に上昇予想は的中しています。
しかし、あまりにも想定レンジを外しており、素直に喜べない結果です。

以下は先週の予想の引用。

外国人の買いが戻ってきているようです。

これは良いニュースです。
ここまで外国人の売りで下げ続けていたのですから、それが止めば上がるのは必然。

また先週も書きましたが、日経平均の日足チャートは安値を切り上げてきています。
安値から下値の指示線を引いていくと14,700円が下値となり。
逆に上値の指示線は15,100円となります。

この範囲の動きがメインとなるでしょう。
まずは確実に15,000円をキープするのが肝要。

当面、悪材料もありませんし、まだまだ今週から買っても遅くない。
騰落レシオも安値圏。日経平均PERも14倍台と割安
強気でいっちゃっていいと思うんですよね。

日経平均15,000円以下は買いでいきましょう。

今週の予想

木曜日は株価が上がらないという都市伝説めいた話がありました。
先週まで8週連続で日経平均は下落中
今回はどうなることかと眺めていましたが、めでたく上昇してくれました。

それにしても、上げ幅が大きすぎませんか?
アノマリー通りに下げると考えた輩が、日経先物を空売り→でも下がらない→買戻し踏み上げ、といった流れだったのではと思っています。

さて話は変わりますが、日経平均は保ち合いを上放れした格好となっています。
今週はメジャーSQもあり、一波乱あるかもしれませんが、15,000円を固めつつ上昇で間違いないと考えます。

日経平均の上値は、今年1/24に開けた窓の上限15,700円。
下値は移動平均線の集中する15,000円を想定します。

騰落レシオが高まりつつありますが、まだ112.2と高値圏とまではいきません。
毎週言っていますが、日経平均15,000円以下は買いです。

週末終値で日経平均は15,500円あたりを想定しています。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

トレード記録(2014/2)

2014年2月のトレード結果です。

通常の投資とは別に、遊びの資金での短期売買記録です。
相場観を養うために趣味で売買していたのですが、なかなかの収入源となっています。

しかし先日の急落に巻き込まれて、大損失を出してしまいました。

それはというのも、カブドットコム証券が急に掛け値を釣り上げ、証拠金がショートしたんですよ。
ほかの証券会社は掛け値の変更があったりすると、前もって連絡あるんだけどな。
いま一度、オプション取引の口座をどこにするか考え直す必要ありでしょうか。

今回のトレード

日付 銘柄(コード) 売買 数量 価格 決済日付 決済価格 損益
2013/12/19 日経平均Op 02プット12875 3枚 33円 2014/2/5 34円 -3,424円
2013/12/25 日経平均Op 02プット13500 2枚 35円 2014/2/5 105円 -137,756円
2014/1/8 日経平均Op 03プット14000 1枚 100円 2014/2/4 515円 -416,291円
2014/1/10 日経平均Op 03プット13250 1枚 50円 2014/2/5 205円 -155,640円
2014/1/14 日経平均Op 03プット13000 1枚 50円 2014/2/5 160円 -110,546円
2014/1/14 日経平均Op 03プット13000 1枚 55円 2014/2/5 160円 -105,546円
2014/1/22 日経平均Op 04プット13250 2枚 70円 2014/2/5 395円 -651,953円
2014/1/27 日経平均Op 02プット13500 1枚 38円 2014/2/5 105円 -70,325円
2014/1/27 日経平均Op 03プット12000 2枚 26円 2014/2/5 55円 -58,441円
2014/1/28 日経平均Op 04プット12000 1枚 55円 2014/2/5 145円 -90,514円
2014/1/29 東京一番フーズ(3067) 2,000株 324円 2014/2/28 298円 -54,994円
2014/1/31 日経平均Op 02プット13000 2枚 26円 2014/2/5 33円 -14,420円
2014/2/3 ジェイエイシーリクルートメント(2124) 100株 1,039円 2014/2/28 1,200円 +15,484円
2014/2/3 ジェイエイシーリクルートメント(2124) 100株 1,040円 2014/2/28 1,200円 +15,380円
2014/2/5 日本社宅サービス(8945) 800株 642円 2014/2/7 655円 +8,290円
2014/2/5 日本社宅サービス(8945) 800株 642円 2014/2/10 665円 +16,250円
2014/2/5 日経平均Op 02プット13125 1枚 39円 2014/2/6 26円 +12,709円
2014/2/5 日経平均Op 02プット13125 2枚 39円 2014/2/12 1円 +75,626円
2014/2/6 日経平均Op 03プット12000 2枚 55円 2014/2/12 15円 +79,559円
2014/2/6 日経平均Op 03コール16000 2枚 36円
2014/2/7 日経平均Op 02コール15125 2枚 28円 2014/2/14 0円 +55,790円
2014/2/12 日経平均Op 04プット13000 2枚 115円
2014/2/12 日経平均Op 03プット13125 2枚 50円
2014/2/12 ニチダイ(6467) 900株 582円 2014/2/20 576円 -7,568円
2014/2/18 日経平均Op 04プット12500 1枚 70円
2014/2/19 ヤマウ(5284) 1,000株 542円
2014/2/19 ヤマウ(5284) 1,000株 535円
2014/2/19 日経225mini 14/03 2枚 14,725円
2014/2/26 ウイン・パートナーズ(3183) 600株 1,1121円 2014/2/28 1,130円 +3,401円
2014/2/27 エンプラス(6961) 100株 6,570円
2014/2/28 日経平均Op 04プット12500 1枚 46円

現在の建玉一覧
日経平均Op 03プット13125 売建 2枚
日経平均Op 03コール16000 売建 2枚
日経平均Op 04プット13000 売建 2枚
日経平均Op 04プット12500 売建 2枚
日経225mini 14/03 買建 2枚
パウダーテック 買建 3,000株
ヤマウ 買建 2,000株
エンプラス 買建 100株

当月損益
-1,594,929円

累計損益(2011/3以降)
+123,614円

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年3月 2日 (日)

2014年3月1週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

2/20(月)14837.68円(-27.99円
2/21(火)15051.60円(+213.92円
2/22(水)14970.97円(-80.63円
2/23(木)14923.11円(-47.86円
2/24(金)14841.07円(-82.04円

寄り付きで買えと言いましたが、結果的にほとんど利益にはなりませんでした。
ただ方向性としては間違っていないと思うんですよね。

先週の予想は的中とも言えず、ハズレとも言えず、半端な予想となってしまいました。

以下は先週の予想の引用。

アメリカは落ち着いてきた模様。

現在、唯一の懸念は中国です。
何らかの悪材料が出るなら中国関連。
ただある程度、材料としては見えてきいるので、今すぐどうにかなることはないと思いたい。

日経平均日足のMACDは今年初のゴールデンクロスを達成しました。
また為替も円安に戻り始めています。
これにより強気になっていい局面と考えています。

日経平均の日足チャートは安値を切り上げてきています。
安値から下値の指示線を引いていくと14,500円が下値になるかと。
逆に上値の指示線は15,300円となります。

というわけで、日経平均は高値が15,300円。
安値が14,500円の範囲で動くと予想します。

現在はネックラインでの攻防を繰り広げています。
遅かれ早かれここは突破してくるでしょう。
明確に上抜けたら、一気に上昇トレンドです。

いまから買っていってもまだ遅くない。

今週は寄り付きでの買いがベストかと考えます。

今週の予想

外国人の買いが戻ってきているようです。
これは良いニュースです。
ここまで外国人の売りで下げ続けていたのですから、それが止めば上がるのは必然。

また先週も書きましたが、日経平均の日足チャートは安値を切り上げてきています。
安値から下値の指示線を引いていくと14,700円が下値となり。
逆に上値の指示線は15,100円となります。

この範囲の動きがメインとなるでしょう。
まずは確実に15,000円をキープするのが肝要。

当面、悪材料もありませんし、まだまだ今週から買っても遅くない。
騰落レシオも安値圏。日経平均PERも14倍台と割安
強気でいっちゃっていいと思うんですよね。

日経平均15,000円以下は買いでいきましょう。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »