« トレード記録(2014/5) | トップページ | プチ株つみたて2014/6 »

2014年6月 9日 (月)

2014年6月2週展望

本日、グローバルリンクアドバイザーズ戸松氏の中国株&日本株セミナーに参加してきました。
時間に余裕があれば、内容をフィードバックしていきたいと考えています。

先週の結果

はじめは先週の日経平均です。

6/2(月)14935.92円(+303.54円
6/3(火)15034.25円(+98.33円
6/4(水)15067.96円(+33.71円
6/5(木)15079.37円(+11.41円
6/6(金)15077.24円(-2.13円

そして先週の予想の振り返り。

週前半にドカンと上げて、週後半は利食いかなと想定していました。
しかし、実際は週を通して強かった。
終値で15,000円キープまでは考えていませんでした。嬉しい誤算です。

ただ、やはり先週大きく上げたのは前半で、後半はもみあいの相場となりました。
当たらずとも遠からずといったところでしょうか。

以下は先週の予想の引用。

日経平均は上方にブレイクしてきましたね。
ドル円が上がっていないなかでの、この上昇は評価できます。

ここ数日の動向を見ていますと、外国人投資家の買いが戻ってきたかのような印象を受けます。
6月に政府が発表する成長戦略への期待の表れでしょう。
逆に言うと、ここで失望されると暴落が待っているということです。
株価で人気を得てきた安倍内閣ですから、そんなことにはならないと考えますがどうでしょう。

今週は週末に米雇用統計がありますので、勝負は週前半とみています。
キリのいいところで、日経平均の上値は15,000円。
下値はこれまで上値抵抗となっていた14,500円から100円くらい下の14,400円程度でしょう。

まとめますと、下値:14,400円、上値:15,000円です。
これから、もっと上がると思います。
先週と言っていることが矛盾していますが、いまから買っても遅くはない。

今週は週前半に上昇して、週後半で利益確定売りで下げるという展開を予想します。
終値は14,700円超くらいかな。

今週の予想

日経平均はイケイケですね。なにせ好材料が目白押しですから。
しかし、まーくんは日経平均に短期的な過熱感が出ていると考えます。騰落レシオも高水準ですし。

こういう時は確実に調整が入ります。
この調整が今週なのか、来週なのかというところがポイントです。

そこで、一つのジンクスがあります。
雇用統計が発表された翌週の日経平均は、米国相場に関係なく安いというものです。

それに日銀政策決定会合。
追加金融緩和は、まずあり得ないでしょう。
さらにはメジャーSQを控え、荒れた展開となるのかと。

これらの情報を総合的に考えると、上値は3月高値の15,300円前後で、下値は26週移動平均線付近の14,800円を想定します。
中長期で考えればもちろん買いですが、短期では売りですよ。
そんなわけですから、まーくんは日経先物を空売りしています。

終値で15,000円キープできれば御の字です。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« トレード記録(2014/5) | トップページ | プチ株つみたて2014/6 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/59784609

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年6月2週展望:

« トレード記録(2014/5) | トップページ | プチ株つみたて2014/6 »