« プチ株つみたて2014/6 | トップページ | 2014年6月4週展望 »

2014年6月16日 (月)

2014年6月3週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均から見てみましょう。

6/9(月)15124.00円(+46.76円
6/10(火)14994.80円(-129.20円
6/11(水)15069.48円(+74.68円
6/12(木)14973.53円(-95.95円
6/13(金)15097.84円(+124.31円

そして先週の予想の振り返り。

見事なまでのもみあい相場。
ほぼ予想通りの展開だったといっていいでしょう。
下値も14800円近辺だし、売りで十分に利益を出せたのではないでしょうか。

以下は先週の予想の引用。

日経平均はイケイケですね。なにせ好材料が目白押しですから。
しかし、まーくんは日経平均に短期的な過熱感が出ていると考えます。騰落レシオも高水準ですし。

こういう時は確実に調整が入ります。
この調整が今週なのか、来週なのかというところがポイントです。

そこで、一つのジンクスがあります。
雇用統計が発表された翌週の日経平均は、米国相場に関係なく安いというものです。

それに日銀政策決定会合。
追加金融緩和は、まずあり得ないでしょう。
さらにはメジャーSQを控え、荒れた展開となるのかと。

これらの情報を総合的に考えると、上値は3月高値の15,300円前後で、下値は26週移動平均線付近の14,800円を想定します。
中長期で考えればもちろん買いですが、短期では売りですよ。
そんなわけですから、まーくんは日経先物を空売りしています。

終値で15,000円キープできれば御の字です。

今週の予想

ひとまず、先週のもみあいで過熱感は緩和されつつあります。
ただ、依然として騰落レシオは130超と高水準です。
当面は、この株価水準でもみあいが続くのではないでしょうか。

ようやくウクライナが落ち着いてきたというのに、今度はイラクで不穏な動きが出ているようですね。

それとワールドカップ。日本が初戦で敗戦
ワールドカップは株価に与える影響が大きいので、懸念材料になります。

年金による買いと、その他悪材料による売りがちょうど均衡していると考えていいでしょう。
そうなると、今週も先週と同じようなレンジでのもみあいが続くと考えられます。
まーくん的にはやや売りに傾いているかなと感じています。

そういうわけで、上値は3月高値の15,300円前後で、下値は25日移動平均線付近の14,600円を想定します。
まだまだ売り。終値では15,000円を割れると予想します。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« プチ株つみたて2014/6 | トップページ | 2014年6月4週展望 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/59822673

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年6月3週展望:

« プチ株つみたて2014/6 | トップページ | 2014年6月4週展望 »