« 2014年6月4週展望 | トップページ | トレード記録(2014/6) »

2014年6月29日 (日)

2014年7月1週展望

先週の結果

はじめに先週の日経平均です。

6/23(月)15369.28円(+19.86円
6/24(火)15376.24円(+6.96円
6/25(水)15266.61円(-109.63円
6/26(木)15308.49円(+41.88円
6/27(金)15095.00円(-213.49円

そして先週の予想の振り返り。

想定通りの展開となりました。
終わってみれば予想通りで、日経平均は15,000円前半で引けました。
あれだけ過熱感があれば、こうなるのも仕方なしでしょう。

以下は先週の予想の引用。

外国人の買いも戻り、売上代金の増加
これでは、下がりようにも下がりません。
下がるには何かのきっかけが必要。

きっかけの一つとして、騰落レシオ150越えです。
これはかなりの異常値。いつ急落が来てもおかしくない。
また、警戒シグナルも再度点灯しました。
ここからは高値をつかんだ人が負けるババ抜きです。

さらにワールドカップは日本のGL敗退が濃厚。
これも売られるきっかけとなりうる。

いつも言いますが、いったん下げないことには、次のステップへの上昇はありません。
ここは素直に下げる場面だと思います。

上値はボリンジャーバンド2σに沿った動きを想定し15,600円。
下値は26週移動平均線の14,900円となります。

今週の日経平均は15,000円前半まで下げると考えています。

今週の予想

今週のポイントは25日移動平均線で踏みとどまるか割り込むかです。
踏みとどまれば再度上昇の期待が望めますが、割り込めばスピード調整も考えられます。

為替は101円前半、騰落レシオも130超。
さらにウクライナやイラク、そして北朝鮮も怪しいです。
また、ワールドカップで日本の活躍次第では株価も期待できたでしょうが、残念ながらあっさりと敗退
これでは上昇は望めません。

一度、日経平均は14,500円程度まで下げて、そこから再上昇というシナリオをまーくんは想定しています。

今週の予想高値は、直近高値の15,450円。
予想下値は14,600円とします。
今週は日経平均は15,000円割れが濃厚かな。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 2014年6月4週展望 | トップページ | トレード記録(2014/6) »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/59899785

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年7月1週展望:

« 2014年6月4週展望 | トップページ | トレード記録(2014/6) »