« トレード記録(2014/6) | トップページ | 2014年7月3週展望 »

2014年7月 7日 (月)

2014年7月2週展望

先週の結果

はじめに先週の日経平均です。

6/30(月)15162.10円(+67.10円
7/1(火)15326.20円(+164.10円
7/2(水)15369.97円(+43.77円
7/3(木)15348.29円(-21.68円
7/4(金)15437.13円(+88.84円

そして先週の予想の振り返り。

日経平均は15,000円どころか日々上昇
先週の予想は完全なハズレに終わりました。

しかし、週後半は寄り付きが天井となる展開。
やはり現状で高値を更新するためには調整が必要だと確信しました。

以下は先週の予想の引用。

今週のポイントは25日移動平均線で踏みとどまるか割り込むかです。
踏みとどまれば再度上昇の期待が望めますが、割り込めばスピード調整も考えられます。

為替は101円前半、騰落レシオも130超。
さらにウクライナやイラク、そして北朝鮮も怪しいです。
また、ワールドカップで日本の活躍次第では株価も期待できたでしょうが、残念ながらあっさりと敗退
これでは上昇は望めません。

一度、日経平均は14,500円程度まで下げて、そこから再上昇というシナリオをまーくんは想定しています。

今週の予想高値は、直近高値の15,450円。
予想下値は14,600円とします。

今週は日経平均は15,000円割れが濃厚かな。

今週の予想

日経平均の25日移動平均線は15,169円。ここが今週のポイントかと考えます。

そして、もし15,000円を割り込むようなことがあれば、チャート的にはダブルトップとなり、大きな下落も考えられます。
しかし、15,000円はかなり堅いので、悪材料なしで一気にここを割り込むのは想像できません。
15,000円を割り込むときは、何か悪材料が出てきたときです。

現在の不安材料として、騰落レシオが143とかなり過熱気味。
またSQ週ですので、波乱があるかもしれないということ。
それに、連日NYダウは高値を更新しているのに、寄り付きから値を保てていないこと。
この辺を加味すれば、日経平均は瞬間風速的に15,000円割れもあるかもしれません。

いまは好材料が満載ですが、日経平均は反応が悪く、やはりそろそろ限界なのかと考えます。

そういうわけで、今週の予想高値は直近高値の15,500円。予想下値は14,800円とします。
今週の日経平均は25日移動平均線辺りまで押すと予想します。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« トレード記録(2014/6) | トップページ | 2014年7月3週展望 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/59940692

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年7月2週展望:

« トレード記録(2014/6) | トップページ | 2014年7月3週展望 »