« プチ株つみたて2014/7 | トップページ | 2014年8月1週展望 »

2014年7月21日 (月)

2014年7月4週展望

先週の結果

はじめに先週の日経平均です。

7/14(月)15296.82円(+132.78円
7/15(火)15395.16円(+ 98.34円
7/16(水)15379.30円(-15.86円
7/17(木)15370.26円(-9.04円
7/18(金)15215.71円(-154.55円

そして先週の予想の振り返り。

崩れそうで崩れない。
もっと下げる展開を予想したのですが、ウクライナの航空機墜落がなければ、大幅な反発で終わっていたことでしょう。
そろそろ売り建てを手じまいしようかなと・・・。

予想はもちろんハズレです。

以下は先週の予想の引用。

日経平均がいったん25日移動平均線を割り込んでしまうと、ある程度の調整は覚悟しないとなりません。
当面はこれまでサポートとして機能していた25日移動平均線で、日経平均は頭打ちとなることでしょう。

ただ、騰落レシオは107まで下がりました。
とはいえども、これは通常に戻っただけ。
今の方向感から行くとまだ下はあります。

そして日経平均は15,000円を割り込むとダブルトップの形状。
そうなれば14,600円くらいまでの下押しはあるかもしれませんね。

日銀金融政策決定会合で、サプライズでもあれば話は変わってきますが、おそらくノーサプライズに終わるかと考えています。

上記の前提で予想すると、今週の予想高値は25日移動平均線の15,200円近辺。予想下値は14,600円となります。

今週の日経平均は15,000円の攻防と予想します。

今週の予想

今週は、地政学リスクと決算発表がポイント。
ウクライナだったり中東はある程度織り込まれていると思われるので、余程の材料がでない限りは大きな下落とはならないでしょう。
そうはいっても悪材料ではあるので、強気に買いあがるとまではいけません。

もう1点の4-6月期決算発表は、全体的に業績の上ブレが伝わってくれば、日経平均は徐々に再上昇へと向かうでしょう。
週前半の決算発表は様子見で、その結果を見て週後半どう動くかが焦点。

また、価格帯別出来高を見ると15,500円のやや下と15,000円のやや上が多い。
今週は、この価格帯の範囲内で動くことになると考えます。

まとめると前半は軟調と予想。日経平均は15,000円台前半まで押すと予想します。
週後半は決算発表の様子を見ながら、値を戻し15,400円くらいまで戻してくると考えます。

今週の予想高値は15,500円、予想下値は15,000円とします。
トータルで見ると、やや上昇というのが今週の予想。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« プチ株つみたて2014/7 | トップページ | 2014年8月1週展望 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/60022324

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年7月4週展望:

« プチ株つみたて2014/7 | トップページ | 2014年8月1週展望 »