« トレード記録(2014/8) | トップページ | プチ株つみたて2014/9 »

2014年9月 7日 (日)

2014年9月2週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均。

9/1(月)15476.60円(+52.01円
9/2(火)15668.60円(+192.00円
9/3(水)15728.35円(+59.75円
9/4(木)15676.18円(-52.17円
9/5(金)15668.68円(-7.50円

そして先週の予想の振り返り。

じわじわと上昇&日経平均予想高値の15,750円と、かなりの確度で的中です。
これだけ当たれば申し分ないでしょう。

まーくんは、先物の売り建てを月曜日に買い戻しました。
利益のあるうちに買い戻せたので、良い判断だったかと思います。

以下は先週の予想の引用。

25日移動平均線を割り込み、もう一段下かと思われましたが、どうにか下げ止まったようです。
今週はいったん軽いリバウンドがあると予想します。

根拠は、最初に述べたように25日移動平均線を回復して引けこと。
さらには、GPIFの運用見直しがそろそろ発表されるとみられ、売り込みづらい状況になると考えられるためです。

そんなわけで、まーくんも週前半には、若干利益の出た先物の空売りを買い戻す予定であります。

それ以外では、地政学リスクも依然として残りますが、いまのところそれほど大きな動きはないでしょう。まーくんはそれほど心配していません。
気になるのはエボラ出血熱やデング熱などの拡大です。
これらが先進国に飛び火したりすると、想定外の株価もありうるので注視が必要。

日経平均の下値は、8/14に空けた窓を埋めに行く展開を想定して15,200円。
高値は、直近高値の15,750円とします。
今週は後半に向けて、じわじわと上昇していくのではないでしょうか。

「下げたら買い」というのがまーくんの判断です。

今週の予想

デング熱の感染拡大は気になりますが、重篤化しているという話は聞かないのは幸い。
そこまで深刻ではないのでしょうか!?

また今週はメジャーSQがあります。
SQに向けて波乱があるやもしれませんが、GPIFへの期待、為替ではドル円が105円台と円安に。大きく売り込まれる展開は考えづらいですね。

さらに先週末の米雇用統計はイマイチ良くなかったようですが、地政学リスクの後退からリスクオンの方向へ向かうこと間違いなし。
ただし、本格上昇はSQ通過後になると予想。

そこで、これまで何度か高値の抵抗帯となっていた15,500円が、日経平均下値の支持線となると予想します。
予想高値はキリの良いところで16,000円あたりでしょうか。

中期で見れば上がる確率が高そうですので、このあたりで買っておくのもいいでしょう。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« トレード記録(2014/8) | トップページ | プチ株つみたて2014/9 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/60278833

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年9月2週展望:

« トレード記録(2014/8) | トップページ | プチ株つみたて2014/9 »