« 2014年11月3週展望 | トップページ | 2014年12月1週展望 »

2014年11月25日 (火)

2014年11月4週展望

先週の結果

先週の日経平均のおさらいから。

11/17(月)16973.80円(-517.03円
11/18(火)17344.06円(+370.26円
11/19(水)17288.75円(-55.31円
11/20(木)17300.86円(+12.11円
11/21(金)17357.51円(+56.65円

そして先週の予想の振り返り。

先週は下落を予想していました。
しかし実際は月曜日に大きく下げただけで、後半は盛り返してきました。

「完全的中」とは言い難い結果となってしまいました。
申し訳ありません。

以下は先週の予想の引用。

騰落レシオは106とまだ上昇の余地は見込めますが、25日移動平均線乖離率が9%超。
テクニカルは過熱気味です。
いまは勢いがあるので上昇してもおかしくありませんが、そろそろバイイング・クライマックス

こういう相場は、何かきっかけさえあれば急落します。
先物でヘッジして身を守るのが吉です。

まずは11月SQ値をクリアするかがポイントとなりますね。
クリアしてくると、日経平均は一気に18,000円と言うのも無きにしも非ず。

そんなわけで、いまは予想の難しい相場です。
過熱しているのは明らかですが、下落要因がいまのところないんですよね。

強いて下落要因として考えられるのは「消費税」。
増税先送りの見通しに変更があれば、一気の急落もあるかもしれません。
その場合の下値メドは、11/4に空けた窓の16,400円になります。

今週の日経平均予想レンジは幅が広くなりますが16,400円~18,000円とし、思い切って下落予想とします。

今週の予想

ついに騰落レシオは130超。
ここからは、今年中に絶対あるであろう急落を待ちます。
こんなイケイケの相場ですが、とにかく売りポジションでいこうと思います。

11月SQ値をクリアできていないことや、日経平均日足のMACDがデッドクロス目前など、テクニカル的な下げ要因は満載です。

また衆議院解散で総選挙といったん材料は出尽くしました。
選挙は自民党が勝つのでしょうが、勝ち方が大事。
勝ち方次第では不安要因となりえるので、今後はそのあたりが警戒されることになるでしょう。

総合すると今週は下落しか考えられません。
仮に下落しないとしても上昇はまずない。
今年中に一回調整が入るでしょう。

今週の日経平均予想レンジは16,400円~17,550円の下落予想です。
下値は11/4に空けた窓の16,400円で、上値は11月SQ値です。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 2014年11月3週展望 | トップページ | 2014年12月1週展望 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/60708664

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年11月4週展望:

« 2014年11月3週展望 | トップページ | 2014年12月1週展望 »