« プチ株つみたて2015/6 | トップページ | 2015年7月1週展望 »

2015年6月22日 (月)

2015年6月4週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均。
と、その前に、なんとこの記事が記念すべき1000回目です(たぶん)。
最近ペースが落ちていましたが、どうにか1000回続けることができました。
次は2000回を目指しますよ。

それでは、先週の日経平均です。

6/15(月)20387.79円(-19.29円
6/16(火)20257.94円(-129.85円
6/17(水)20219.27円(-38.67円
6/18(木)19990.82円(-228.45円
6/19(金)20174.24円(+183.42円

そして先週の予想の振り返り。

もみあいと予想しましたが、先週は下落一辺倒でした。

ただレンジのほうは、ぴったり予想通り。
日経平均は20,000円を割り込み反発したところで終わっています。

でも、これはハズレですよね。

以下は先週の予想の引用。

メジャーSQは無事通過。

しかし短期的に、上昇トレンド入りとは見ていません。
テクニカル的には過熱感割安感もなく、方向感が定まりづらいところです。

ギリシャ問題がまだ未解決のため、ヘッジをかけつつ安いところは拾っていくスタンス。
ニュースに一喜一憂する相場となりそうです。

現在の勢いでは、日経平均20,600円が上限と考えて良さそうです。
また、下値は25日移動平均線を割り込み、5/19に空けたマド埋め水準の19,900円くらいまでと考えられます。

現在のリスクは、ギリシャの破たんやMERSが日本に入ってくることなどが考えられます。
特にギリシャ破たんが確定的になれば、これでは済まないでしょう。

FOMCでの利上げも考えられますが、利上げは円安にもつながるので、一方的な悪材料とは言えません。
利上げは、いずれ起きることですからね。

そんなわけですので、今週はもみあいと予想。

日経平均の週間予想レンジは19,900円~20,600円です。

今週の予想

まず、なんといっても問題はギリシャ。
問題の先送りで終わりそうですね。

まーくんは、いずれデフォルトってことになりそうな予感がしています。
まだ織り込んではいませんよ。念のためヘッジ売りしておくべきかなと。
ひとまず週明けの会合に注視ですね。

次に話題となっているのは上海総合指数。
上海総合指数はバブルが叫ばれていますが、PERでみると20倍超と言ったところ。
過去にも上海総合指数が大きく上昇したことがありますが、そのときの天井はだいたいいPER50倍です。
そこから見ると、まだまだバブルには程遠い。
10,000ポイントがPER50倍ですので、気にする水準にはありません。

為替が円高に向いたので、これまでのような上昇にはならないでしょう。

今週は20,000円を挟んでのもみあいと予想。
日経平均の上値は25日移動平均線で、下値はキリの良いところで19,500円。

まとめると週間予想レンジは19,500円~20,300円。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« プチ株つみたて2015/6 | トップページ | 2015年7月1週展望 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/61777046

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年6月4週展望:

« プチ株つみたて2015/6 | トップページ | 2015年7月1週展望 »