« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月29日 (月)

2015年7月1週展望

先週の結果

それでは、先週の日経平均です。

6/22(月)20428.19円(+253.95円
6/23(火)20809.42円(+381.23円
6/24(水)20868.03円(+58.61円
6/25(木)20771.40円(-96.63円
6/26(金)20706.15円(-65.25円

そして先週の予想の振り返り。

まさかのITバブル越え。
これほどまでの上昇は完全に予想外。

それにしてもギリシャ情勢の悪材料ではあまり下げない割に、好材料大幅高となるアンバランスさ。
いつか、しっぺ返しを食らいそうです。

負け惜しみを言っても予想は大ハズレですけどね。

以下は先週の予想の引用。

まず、なんといっても問題はギリシャ。
問題の先送りで終わりそうですね。

まーくんは、いずれデフォルトってことになりそうな予感がしています。
まだ織り込んではいませんよ。念のためヘッジ売りしておくべきかなと。
ひとまず週明けの会合に注視ですね。

次に話題となっているのは上海総合指数。
上海総合指数はバブルが叫ばれていますが、PERでみると20倍超と言ったところ。
過去にも上海総合指数が大きく上昇したことがありますが、そのときの天井はだいたいいPER50倍です。
そこから見ると、まだまだバブルには程遠い。
10,000ポイントがPER50倍ですので、気にする水準にはありません。

為替が円高に向いたので、これまでのような上昇にはならないでしょう。

今週は20,000円を挟んでのもみあいと予想。
日経平均の上値は25日移動平均線で、下値はキリの良いところで19,500円。

まとめると週間予想レンジは19,500円~20,300円。

今週の予想

ギリシャ支援打ち切り
デフォルトが現実味を帯びてきました。
月曜日の日経平均はギャップダウンで始まり、週前半はギリシャ関連の話題で大きく動くことでしょう。

しかし仮にデフォルトしたとしても、遠いヨーロッパの話。
ヨーロッパの景気は落ち込むでしょうが、日米ではギリシャのことなんて、すぐに忘れてしまいますよ。

下落すると想定して、日経平均は25日移動平均線や6/23に空けたマドの20,400円水準が最初の関門になります。
ここを割り込んだら20,000円ですが、今週に限って言えば、この水準は死守するのでないかと考えています。

もし、ギリシャの話がうまくまとまれば日経平均は上昇するでしょう。
しかし、ここ数週間で急騰していることもあり、21,000円が上限かなと。
騰落レシオなんかは、まだまだ余裕があるので超過熱とまではなっていないですけどね。

そんなわけですので、ヘッジ売りをして様子見を決め込むのが利口
日経平均は20,000円台前半まで下落と予想。
週間予想レンジは20,000円~21,000円。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月22日 (月)

2015年6月4週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均。
と、その前に、なんとこの記事が記念すべき1000回目です(たぶん)。
最近ペースが落ちていましたが、どうにか1000回続けることができました。
次は2000回を目指しますよ。

それでは、先週の日経平均です。

6/15(月)20387.79円(-19.29円
6/16(火)20257.94円(-129.85円
6/17(水)20219.27円(-38.67円
6/18(木)19990.82円(-228.45円
6/19(金)20174.24円(+183.42円

そして先週の予想の振り返り。

もみあいと予想しましたが、先週は下落一辺倒でした。

ただレンジのほうは、ぴったり予想通り。
日経平均は20,000円を割り込み反発したところで終わっています。

でも、これはハズレですよね。

以下は先週の予想の引用。

メジャーSQは無事通過。

しかし短期的に、上昇トレンド入りとは見ていません。
テクニカル的には過熱感割安感もなく、方向感が定まりづらいところです。

ギリシャ問題がまだ未解決のため、ヘッジをかけつつ安いところは拾っていくスタンス。
ニュースに一喜一憂する相場となりそうです。

現在の勢いでは、日経平均20,600円が上限と考えて良さそうです。
また、下値は25日移動平均線を割り込み、5/19に空けたマド埋め水準の19,900円くらいまでと考えられます。

現在のリスクは、ギリシャの破たんやMERSが日本に入ってくることなどが考えられます。
特にギリシャ破たんが確定的になれば、これでは済まないでしょう。

FOMCでの利上げも考えられますが、利上げは円安にもつながるので、一方的な悪材料とは言えません。
利上げは、いずれ起きることですからね。

そんなわけですので、今週はもみあいと予想。

日経平均の週間予想レンジは19,900円~20,600円です。

今週の予想

まず、なんといっても問題はギリシャ。
問題の先送りで終わりそうですね。

まーくんは、いずれデフォルトってことになりそうな予感がしています。
まだ織り込んではいませんよ。念のためヘッジ売りしておくべきかなと。
ひとまず週明けの会合に注視ですね。

次に話題となっているのは上海総合指数。
上海総合指数はバブルが叫ばれていますが、PERでみると20倍超と言ったところ。
過去にも上海総合指数が大きく上昇したことがありますが、そのときの天井はだいたいいPER50倍です。
そこから見ると、まだまだバブルには程遠い。
10,000ポイントがPER50倍ですので、気にする水準にはありません。

為替が円高に向いたので、これまでのような上昇にはならないでしょう。

今週は20,000円を挟んでのもみあいと予想。
日経平均の上値は25日移動平均線で、下値はキリの良いところで19,500円。

まとめると週間予想レンジは19,500円~20,300円。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月15日 (月)

プチ株つみたて2015/6

6月のプチ株つみたてです。

毎月7~9万円の範囲でつみたてています。
市場が落ち込んで安いときは多くつみたてて、逆に高いときには少なくつみたてる方針です。

と言いつつ今月もつみたて額は7万円。
そろそろ、相場を見つつつみたてを考えていこうと思っています。
しかし含み益も100万円突破と順調ですし、このままでも良いのかな?

それでは、今月のつみたての結果です。

第一三共 2株
JXホールディングス 45株
住友商事 13株
あおぞら銀行 10株
NTTドコモ 1株

これまでの積み立て

銘柄(コード) 保有株数 現在値
平均取得単価
時価評価額
取得金額
評価損益
評価損益率
第一三共(4568) 472株 2292.5円
1,693.5円
1,082,060円
799,342円
+282,718
+35.4
JXホールディングス(5020) 1,796株 553円
484.8円
993,188円
870,704円
+122,484
+14.1
住友商事(8053) 679株 1,474.5円
1,243.9円
1,001,186円
844,638円
+156,548
+18.5
あおぞら銀行(8304) 2,163株 470円
316.5円
1,016,610円
684,627円
+331,983
+48.5
NTTドコモ(9437) 441株 2,313円
1,789.5円
1,020,033円
789,190円
+230,843
+29.3

プチ株つみたてはカブドットコム証券で!!!

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月14日 (日)

2015年6月3週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均。

6/8(月)20457.19円(-3.71円
6/9(火)20096.30円(-360.89円
6/10(水)20046.36円(-49.94円
6/11(木)20382.97円(+336.61円
6/12(金)20401.93円(+18.96円

そして先週の予想の振り返り。

予想通り下げて、25日移動平均線で反発しました。
週後半はすぐに下げた分を取り返しましたが、一応予想は的中とさせていただきます。

以下は先週の予想の引用。

米雇用統計の結果が良かったことで、利上げ警戒されています。
これによりダウは調整となりそうです。

その代り、ドル円は円安方向に向かうでしょうから、これだけならややマイナスといった程度です。

しかし円安が進行し過ぎとの懸念が台頭し始めています。
過度の円安を懸念する発言などあれば、為替変動の要因となるでしょう。
そうなれば、もちろん日経平均にも影響してきます。

またギリシャの債務問題も全く解決していません。
日経平均も過熱気味な状態ですし、いまは買いとは言えない状況でしょうね。

ただ、中長期的に日経平均は上昇するはず。
もし調整があるなら、そこは絶好の買い場となります。

そこで調整した場合、下値はいくらくらいになるかと考えると、25日移動平均線の20,065円。
さらに13週移動平均線の19,772円あたりかなと。

そして20,600円を超えると押し戻されていますので、このあたりが上値となるのでしょう。

これより日経平均の予想レンジは19,800円~20,600円。

しつこく下落と予想します。

今週の予想

メジャーSQは無事通過。

しかし短期的に、上昇トレンド入りとは見ていません。
テクニカル的には過熱感割安感もなく、方向感が定まりづらいところです。

ギリシャ問題がまだ未解決のため、ヘッジをかけつつ安いところは拾っていくスタンス。
ニュースに一喜一憂する相場となりそうです。

現在の勢いでは、日経平均20,600円が上限と考えて良さそうです。
また、下値は25日移動平均線を割り込み、5/19に空けたマド埋め水準の19,900円くらいまでと考えられます。

現在のリスクは、ギリシャの破たんやMERSが日本に入ってくることなどが考えられます。
特にギリシャ破たんが確定的になれば、これでは済まないでしょう。

FOMCでの利上げも考えられますが、利上げは円安にもつながるので、一方的な悪材料とは言えません。
利上げは、いずれ起きることですからね。

そんなわけですので、今週はもみあいと予想。
日経平均の週間予想レンジは19,900円~20,600円です。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 7日 (日)

2015年6月2週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均。

6/1(月)20569.87円(+6.72円
6/2(火)20543.19円(-26.68円
6/3(水)20473.51円(-69.68円
6/4(木)20488.19円(+14.68円
6/5(金)20460.90円(-27.29円

そして先週の予想の振り返り。

下落と予想していましたが、結果はもみあいでした。
上昇が止まったという意味では、それほど悪くはないのかなと思います。

しかし的中とはとても言えませんね。

以下は先週の予想の引用。

日経平均は完全に過熱状態です。
11連騰で、5/7をに1,400円上昇しています。
しつこいと思うかもしれませんが、今週こそ調整と考えています。

調整の場合、5/19に空けたマドや25日移動平均線がある20,000円が下値のメドと考えます。
また、このまま調整なく進むなら、上値は2000年ITバブル時につけた20,833円を上回る20,900円の可能性も十分あるでしょう。

そういえばGPIFの3月末時点での進捗状況発表はまだなんでしょうか?
下落要因になりうる発表なので、注目して毎日チェックしているのですが。
さらにギリシャ問題もはっきりしないし、よく買い進めるなと感心しますね。

そんなわけで日経平均の予想レンジは20,000円~20,900円。
今週も下落を予想しますよ。

負け惜しみではありませんが、ショートの損失は円安や株高で十分取り返していますからへっちゃらです!

今週の予想

米雇用統計の結果が良かったことで、利上げ警戒されています。
これによりダウは調整となりそうです。

その代り、ドル円は円安方向に向かうでしょうから、これだけならややマイナスといった程度です。

しかし円安が進行し過ぎとの懸念が台頭し始めています。
過度の円安を懸念する発言などあれば、為替変動の要因となるでしょう。
そうなれば、もちろん日経平均にも影響してきます。

またギリシャの債務問題も全く解決していません。
日経平均も過熱気味な状態ですし、いまは買いとは言えない状況でしょうね。

ただ、中長期的に日経平均は上昇するはず。
もし調整があるなら、そこは絶好の買い場となります。

そこで調整した場合、下値はいくらくらいになるかと考えると、25日移動平均線の20,065円。
さらに13週移動平均線の19,772円あたりかなと。

そして20,600円を超えると押し戻されていますので、このあたりが上値となるのでしょう。

これより日経平均の予想レンジは19,800円~20,600円。
しつこく下落と予想します。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 1日 (月)

2015年6月1週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均。

5/25(月)20413.77円(+149.36円
5/26(火)20437.48円(+23.71円
5/27(水)20472.58円(+35.10円
5/28(木)20551.46円(+78.88円
5/29(金)20563.15円(+11.69円

そして先週の予想の振り返り。

日経平均はまさかの11連騰
強気下落を予想しましたが、完全にはずしました。
毎週のことですが申し訳ない。

トレンドに逆らってはいけないとはわかっていますが、ちょっと異常だなと感じています。
円安の進行が上昇の要因なんでしょうね。
ただ、上げ幅は小さくなってきています。

以下は先週の予想の引用。

ウィークリーオプションが始まりますね。
さらに儲けのチャンス!楽しみです。

さて、日経平均はテクニカル的に過熱感が出てきました。
いったん下げる可能性があります。(毎週同じようなこと言っていますね)

また5月末にはGPIFの3月末時点での進捗状況が発表されます。
ここで株式買い付けの進捗状況が予想以上に良い場合は下落要因となります。
(進捗状況が良いということは買い余力が残り少ないため)

さらにギリシャの問題も着地点が見えてこないと不安材料となり、これも下落要因です。

意外と不安材料は多いんです。
日経平均はいったん20,500円で天井と考えます。
下値は出来高の多い19,900円として、日経平均の予想レンジは19,900円~20,500円。

今週こそ強気に下落を予想。

今週の予想

日経平均は完全に過熱状態です。
11連騰で、5/7をに1,400円上昇しています。
しつこいと思うかもしれませんが、今週こそ調整と考えています。

調整の場合、5/19に空けたマドや25日移動平均線がある20,000円が下値のメドと考えます。
また、このまま調整なく進むなら、上値は2000年ITバブル時につけた20,833円を上回る20,900円の可能性も十分あるでしょう。

そういえばGPIFの3月末時点での進捗状況発表はまだなんでしょうか?
下落要因になりうる発表なので、注目して毎日チェックしているのですが。
さらにギリシャ問題もはっきりしないし、よく買い進めるなと感心しますね。

そんなわけで日経平均の予想レンジは20,000円~20,900円。
今週も下落を予想しますよ。

負け惜しみではありませんが、ショートの損失は円安や株高で十分取り返していますからへっちゃらです!

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »