« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月27日 (月)

2015年7月5週展望

先週の結果

それでは、先週の日経平均です。

7/20(月) 祝日
7/21(火)20841.97円(+191.05円
7/22(水)20593.67円(-248.30円
7/23(木)20683.95円(+90.28円
7/24(金)20544.53円(-139.42円

そして先週の予想の振り返り。

概ね予想通りでしたが、若干弱かったかなと感じます。
ですので、概ね的中ということで。

以下は先週の予想の引用。

さすがに過熱感がでてきました。
先週のような簡単な相場にはならないでしょう。

基本的に上昇基調ではありますが、もみ合いながら上を目指していくことになると予想。

米国の年内利上げが確定的となり、ドル円は円安に向かうことが予想されます。
125円を超えて、円安が進行することになれば、一段高もありえますが、まだそこまではないとみています。

今週は大したイベントはないので、大きい変動はないかなと考えます。
中長期的にみれば、良い買い場ではないでしょうか。

予想下値は25日移動平均線が位置する20,300円、予想高値は21,000円と予想します。

やや上昇orもみあいと予想。

今週の予想

ひとまず先週のもみあいで、過熱感はなくまりました。

今週は米国の利上げが焦点となりそうです。
利上げが発表されれば、為替は一段円安に向かうことになります。

年内の利上げがないとなると米国株は上昇
これも好材料となるでしょう。

どちらに転んでも日経平均は上昇すると考えます。

また、今週は国内企業の決算が本格化。
好決算が期待されています。

予想下値は25日移動平均線が位置する20,400円、予想高値は21,000円とします。
今週は素直に買いで良いかと。
年初来高値の更新も期待

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月20日 (月)

2015年7月4週展望

先週の結果

それでは、先週の日経平均です。

7/13(月)20089.77円(+309.94円
7/14(火)20385.33円(+295.56円
7/15(水)20463.33円(+78.00円
7/16(木)20600.12円(+136.79円
7/17(金)20650.92円(+50.80円

そして先週の予想の振り返り。

予想通り、ギリシャ問題が一段落してリスクオンとなりました。
ひとまずは予想的中。簡単でしたね。

以下は先週の予想の引用。

日経平均はCMEで20,000円を回復しています。

さらに週明けにはギリシャの問題は落ち着いていそうです。

中国株も政府が株価下落を強引に止めて、ひとまずは落ち着きそう。
ただし、いずれこのツケが回ってくるでしょう。

この二つ以外には大したイベントもないので、こうなればリスクオンですね。
下落前の21,000円水準までは上昇も考えられます。
逆に中国株次第では、19,400円程度までの下落は覚悟が必要。

ただ、今週は上がる確率のほうがはるかに高いと思いますよ。

週間予想レンジは19,400円~21,000円。

週を通して堅調に推移すると踏んでいます。

今週の予想

さすがに過熱感がでてきました。
先週のような簡単な相場にはならないでしょう。

基本的に上昇基調ではありますが、もみ合いながら上を目指していくことになると予想。

米国の年内利上げが確定的となり、ドル円は円安に向かうことが予想されます。
125円を超えて、円安が進行することになれば、一段高もありえますが、まだそこまではないとみています。

今週は大したイベントはないので、大きい変動はないかなと考えます。
中長期的にみれば、良い買い場ではないでしょうか。

予想下値は25日移動平均線が位置する20,300円、予想高値は21,000円と予想します。
やや上昇orもみあいと予想。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月13日 (月)

プチ株つみたて2015/7

7月のプチ株つみたてです。

毎月7~9万円の範囲でつみたてています。
市場が落ち込んで安いときは多くつみたてて、逆に高いときには少なくつみたてる方針です。

今月は多めにつみたてをしたかったのですが、結局つみたて額は7万円。
良い押し目なんですけどね・・・

それでは、今月のつみたての結果です。

第一三共 2株
JXホールディングス 55株
住友商事 5株
あおぞら銀行 18株
NTTドコモ 3株

これまでの積み立て

銘柄(コード) 保有株数 現在値
平均取得単価
時価評価額
取得金額
評価損益
評価損益率
第一三共(4568) 474株 2,489円
1,696.6円
1,179,786円
804,210円
+375,576
+46.7
JXホールディングス(5020) 1,851株 506.1円
485.4円
996,791円
898,500円
+38,291
+4.3
住友商事(8053) 684株 1,372.5円
1,244.9円
938,790円
851,508円
+87,282
+10.3
あおぞら銀行(8304) 2,181株 463円
317.8円
1,009,680円
693,123円
+316,680
+45.7
NTTドコモ(9437) 444株 2,433円
1,793.5円
1,080,252円
796,318円
+283,934
+35.7

プチ株つみたてはカブドットコム証券で!!!

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月12日 (日)

2015年7月3週展望

先週の結果

それでは、先週の日経平均です。

7/6(月)20112.12円(-427.67円
7/7(火)20376.59円(+264.47円
7/8(水)19737.64円(-638.95円
7/9(木)19855.50円(+117.86円
7/10(金)19779.83円(-75.67円

そして先週の予想の振り返り。

先週は、ギリシャの国民投票でNOがでて、ギャップダウンして始まりました。
ここまでは想定内。

しかし、気にしていた中国株の暴落が想定以上。
日経平均は、まさかの19,000円前半まで下落
まーくんの予想をはるかに超えていました。

したがって、予想は完全にハズレ

以下は先週の予想の引用。

5日にはギリシャの国民投票があります。
結果次第で日経平均はギャップアップギャップダウンも考えられます。
しかし結果がはっきりしてしまえば、アク抜けとなるでしょう。

ギリシャより気になるのは中国株の暴落
中国では景気が冷え込んでいるにもかかわらず、株価は暴騰していました。
この反動が来たのでしょうね。

そんなわけですので、日経平均はこれまで通りの上昇トレンドに戻ることでしょう。

また、先日の雇用統計で米国の利上げは現実味が増してきました。
そうなれば円安は進行。
まーくんの見立てでは日経平均は上昇します。

レンジは、直近安値の20,100円を割り込むことはないだろうし、直近高値の21,000円を超えてくることも考えにくい。

と言うわけで、週間予想レンジは20,100円~21,000円。

再度上昇トレンド入りを予想。

今週の予想

日経平均はCMEで20,000円を回復しています。

さらに週明けにはギリシャの問題は落ち着いていそうです。

中国株も政府が株価下落を強引に止めて、ひとまずは落ち着きそう。
ただし、いずれこのツケが回ってくるでしょう。

この二つ以外には大したイベントもないので、こうなればリスクオンですね。
下落前の21,000円水準までは上昇も考えられます。
逆に中国株次第では、19,400円程度までの下落は覚悟が必要。

ただ、今週は上がる確率のほうがはるかに高いと思いますよ。

週間予想レンジは19,400円~21,000円。
週を通して堅調に推移すると踏んでいます。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

トレード記録(2015/6)

2015年6月のトレード結果です。

通常の投資とは別に、遊びの資金での短期売買記録です。
相場観を養うために趣味で売買していたのですが、なかなかの収入源となっています。

オプションの売りというのは8~9割勝てるものなんです。
しかし、1~2割の負けが大きいというのもオプションの特徴。
この1~2割を負け額をどれだけ小さくできるかが、トータルで利益を出せるポイントになります。

そういう意味で、今月は50万程度の負けで済んでいるので良い負けとなります。

今回のトレード

日付 銘柄(コード) 売買 数量 価格 決済日付 決済価格 損益
2015/3/12 日経平均先物 15/06 1枚 18,920円 2015/06/11 20,450円 -1,530,648円
2015/4/30 日経平均Op 07プット16750 2枚 80円 2015/6/2 9円 +141,439円
2015/4/30 日経平均Op 07コール22125 2枚 50円 2015/6/16 4円 +91,568円
2015/5/7 日経平均Op 06コール21000 2枚 27円 2015/6/2 43円 -32,332円
2015/5/7 日経平均Op 06コール21000 2枚 27円 2015/6/9 4円 +45,667円
2015/5/13 日経平均Op 06プット17875 4枚 35円 2015/6/2 3円 +127,482円
2015/5/13 日経平均Op 07プット17000 2枚 43円 2015/6/3 11円 +71,568円
2015/5/13 日経平均Op 07コール22000 2枚 31円 2015/6/16 5円 +51,568円
2015/5/25 ナノキャリア(4571) 800株 1,242円 2015/6/12 1,213円 -24,420円
2015/6/2 日経平均Op 07プット17875 4枚 24円 2015/6/24 5円 +75,568円
2015/6/2 日経平均Op 06コール21125 2枚 26円 2015/6/8 2円 +47,568円
2015/6/3 日経平均Op 08コール22750 2枚 47円 2015/6/9 25円 +43,352円
2015/6/3 日経平均Op 08プット17500 2枚 50円 2015/6/22 28円 +43,568円
2015/6/3 新日本空調(1952) 100株 1,115円 2015/6/3 1,140円 +2,396円
2015/6/3 新日本空調(1952) 200株 1,115円 2015/6/3 1,139円 +4,589円
2015/6/3 新日本空調(1952) 300株 1,115円 2015/6/3 1,138円 +6,584円
2015/6/3 新日本空調(1952) 400株 1,115円 2015/6/3 1,137円 +8,374円
2015/6/5 日経平均先物15/06 1枚 20,460円 2015/6/8 20,380円 +79,352円
2015/6/8 FFRI(3692) 200株 5,150円 2015/6/15 6,730円 +314,367円
2015/6/8 日経平均Op 08コール22500 1枚 46円 2015/6/29 20円 +25,568円
2015/6/9 日経平均Op 08コール22500 3枚 35円
2015/6/9 日経平均Op 08プット18000 2枚 80円 2015/6/24 30円 +99,525円
2015/6/10 ヨシコン(5280) 800株 1,208円 2015/6/12 1,223円 +10,802円
2015/6/15 国際のETFVIX(1552) 1,800株 577円
2015/6/16 日経平均Op 07コール21500 2枚 18円 2015/6/29 12円 +11,676円
2015/6/16 日経平均Op 07コール21500 2枚 18円
2015/6/17 ステップ(9795) 1,000株 1,036円 2015/6/19 1,029円 -8,352円
2015/6/22 日経平均Op 08プット18000 2枚 42円 2015/6/24 30円 +23,655円
2015/6/24 日経平均Op 07プット19250 2枚 23円 2015/6/29 75円 -104,432円
2015/6/24 日経平均Op 07プット19250 2枚 23円
2015/6/24 日経平均Op 08プット18875 1枚 65円 2015/6/29 175円 -110,518円
2015/6/24 日経平均Op 08プット18875 3枚 65円
2015/6/24 日置電機(6866) 400株 2,700円 2015/6/26 2,590円 -45,356円
2015/6/29 FPG(7148) 1,000株 908円

現在の建玉一覧
日経平均Op 07プット19250 売建 2枚
日経平均Op 07コール21500 売建 2枚
日経平均Op 08プット18875 売建 3枚
日経平均Op 08コール22500 売建 3枚
国際のETFVIX 買建 1,800株
FPG 買建 1,000株

当月損益
-529,822円

累計損益(2011/3以降)
+8,176,460円

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

2015年7月2週展望

先週の結果

それでは、先週の日経平均です。

6/29(月)20109.95円(-596.20円
6/30(火)20235.73円(+125.78円
7/1(水)20329.32円(+93.59円
7/2(木)20522.50円(+193.18円
7/3(金)20539.79円(+17.29円

そして先週の予想の振り返り。

想定以上のギャップダウンでしたが、下値はほぼ予想通りの20,100円でした。
そこからの反発も想定通りです。

まぁ的中と言っていいでしょう。

以下は先週の予想の引用。

ギリシャ支援打ち切り
デフォルトが現実味を帯びてきました。
月曜日の日経平均はギャップダウンで始まり、週前半はギリシャ関連の話題で大きく動くことでしょう。

しかし仮にデフォルトしたとしても、遠いヨーロッパの話。
ヨーロッパの景気は落ち込むでしょうが、日米ではギリシャのことなんて、すぐに忘れてしまいますよ。

下落すると想定して、日経平均は25日移動平均線や6/23に空けたマドの20,400円水準が最初の関門になります。
ここを割り込んだら20,000円ですが、今週に限って言えば、この水準は死守するのでないかと考えています。

もし、ギリシャの話がうまくまとまれば日経平均は上昇するでしょう。
しかし、ここ数週間で急騰していることもあり、21,000円が上限かなと。
騰落レシオなんかは、まだまだ余裕があるので超過熱とまではなっていないですけどね。

そんなわけですので、ヘッジ売りをして様子見を決め込むのが利口
日経平均は20,000円台前半まで下落と予想。

週間予想レンジは20,000円~21,000円。

今週の予想

5日にはギリシャの国民投票があります。
結果次第で日経平均はギャップアップギャップダウンも考えられます。
しかし結果がはっきりしてしまえば、アク抜けとなるでしょう。

ギリシャより気になるのは中国株の暴落
中国では景気が冷え込んでいるにもかかわらず、株価は暴騰していました。
この反動が来たのでしょうね。

そんなわけですので、日経平均はこれまで通りの上昇トレンドに戻ることでしょう。

また、先日の雇用統計で米国の利上げは現実味が増してきました。
そうなれば円安は進行。
まーくんの見立てでは日経平均は上昇します。

レンジは、直近安値の20,100円を割り込むことはないだろうし、直近高値の21,000円を超えてくることも考えにくい。

と言うわけで、週間予想レンジは20,100円~21,000円。
再度上昇トレンド入りを予想。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »