« 2015年9月2週展望 | トップページ | プチ株つみたて2015/9 »

2015年9月 7日 (月)

グローバルリンクアドバイザーズ中国株、日本株セミナー(2015/08)

先週聞いてきたグローバルリンクアドバイザーズ戸松氏のセミナーのフィードバックです。

内容は中国株についてがメインで、日本株少々でした。
早速内容をお伝えします。

今回の中国株急落のキッカケは製造業PMIのネガティブサプライズによるもの。
では、なぜこれほど中国経済が悪化しているかと言うと、人民元がドルペッグしているため。

ドル高が進むことで元高となり、景気が悪化した。
これを解決させるには元安に誘導させるしかない。

その方法には2つあり、一つは人民元を切り下げること。
人民元を以前の水準に戻すには、あと10%以上の切り下げが必要。
しかし、それを実施してしまえば、アジアで通貨危機が起こってしまう。

もう一つに方法は、ドルが切り下がること。
利上げをやめて、QE4をするくらいしないことには実現しないであろう。
まずこれもあり得ない。これでは八方ふさがりとなる。

もし9月に米国の利上げが実施されるようだと、中国はかなりまずい状況になるだろう。
少なくとも10月まで中国株はかなり厳しい状況が確定的。

ただ、中国では景気の悪化が不動産へ波及していないのが、不幸中幸い

今後、中国株を手掛けるのであれば、買い時は上昇トレンドに復帰したタイミング。
もしくは、個別で底値をつけたとき。(銀行株の配当利回りが10%とか)

上海総合指数は年内2700~2800辺りで推移するだろう。
最悪2000ポイントまでの下落は想定すべき。

日本株については楽観的
為替が円安方向に動いているので、今後も決算は良いものになるだろう。

また原油価格の下落によるメリットも享受できる。
もし株価が下がっても金融緩和が期待できるので、悲観する必要はない。

日本株は急騰した2011年末の再来となるのではないだろうか。

概ねこんな感じの内容でした。
この他には、おすすめ銘柄の話もありましたが、ここで紹介するのは控えさせていただきます。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 2015年9月2週展望 | トップページ | プチ株つみたて2015/9 »

セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/62232264

この記事へのトラックバック一覧です: グローバルリンクアドバイザーズ中国株、日本株セミナー(2015/08):

« 2015年9月2週展望 | トップページ | プチ株つみたて2015/9 »