« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月28日 (月)

2015年10月1週展望

先週の結果

先週は2日しかなかったので、意図的に予想はお休みしました。
そのため2週間分の日経平均です。

9/14(月)17965.70円(-298.52円
9/15(火)18026.48円(+60.78円
9/16(水)18171.60円(+145.12円
9/17(木)18432.27円(+260.67円
9/18(金)18070.21円(-362.06円
9/21(月)祝日
9/22(火)祝日
9/23(水)祝日
9/24(木)17571.83円(-498.38円
9/25(金)17880.51円(+308.68円

そして前回の予想の振り返り。

FOMCでの利上げなし&追加緩和なしは想定通りでした。
しかしFOMCで利上げの時期についての言及がなく、不透明感が増したということで、株価は下落しました。

まーくん的は「今回は利上げはないですが、12月にはしますよ」くらいの発言があると予想していて、それによりアク抜けになると考えていたんです。
この違いによって、予想とずれた結果になってしまいました。

以下は先週の予想の引用。

まずトレンドは上昇に転換したと考えてよいでしょう。
いまが絶好の買い時と考えます。

そして今週のポイントです。
2つあって、一つは日銀金融政策決定会合での追加金融緩和の有無。
もう一つはFOMCでの米利上げの有無。この2つに尽きます。

前者は追加緩和の確率は10%弱。
後者の利上げは40%くらいかなと考えます。

組み合わせは2×2で4パターン。
メインシナリオは追加金融緩和なしで、利上げもなし。
ある程度織り込まれているシナリオですが、利上げの先送りが好感されて、株価は上昇するでしょう。
日経平均は18,000円台後半までは上昇が見込めます。

次に可能性が高いのは、追加金融緩和なしで、利上げされるケース。
最悪のシナリオです。
この場合、一時的に下げるかもしれません。
中国株次第ですが、これまでさんざん言われてきたことです。
日経平均は17,500円程度まで下げて、反転すると踏んでいます。

あと2つは追加金融緩和がされるケース。
こうなれば米利上げの有無によらず、ドカンと上がるでしょう。
もし「利上げなし」なんてことになれば、ダブルボトムのネックラインを突破する可能性すら考えられます。

予想高値は19,200円。予想下値は17,500円。

どう転んでも買いで間違いないかと。

安全に行くならFOMCの結果を見てから、勝負するなら週の頭から買い!

今週の予想

先々週はトレンドは上昇に転換したと言いました。
しかし先週の相場を見ると、再び下落転換したと考えられます。

悪材料は出尽くしかけていたところに、VWの問題が。。。
やや気がかりです。
しかし、日銀黒田総裁が安倍総理と会談したとの話もあり、追加金融緩和の現実味がかなり増していて、買いも売りも手掛け辛い状況。

材料次第では上にも下にも大きく動きそうです。
ただ、あまり幅広く予想しても仕方がありません。

予想下値は9/8安値の17,400円とし、予想上値は25日移動平均線が位置する18,400円とします。

基本的に下落予想ですが、17,500円を切ったら買ってもいいのかなと考えています。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月24日 (木)

オプション取引ルール

先日のオプションでの敗因を考えてみた。

日本株(プチ株)の場合、年に一回銘柄入れ替えを行う。
基本的に損切りはない。

中国株、米国株は、半年に一回銘柄の棚卸を行う。
この時、損失が出ていようが、投資に値する銘柄でないと判断したら売却。
さらに購入時から、株価が2倍になった場合にも半分売却する。

このようにルールがはっきりしているが、オプションには売却時の取引ルールがない。
オプションや先物は自分の相場観に従い、取引していただけなのだ。
順調な時はこれでもいいのだが、冷静な判断ができない状況では必ず間違いを犯す。
それが先日の負け。負けるべくして負けたのだ。

そこで、今回はルールを設けようと思う。

まずは損切り
損失額が決まった額に達したら、いったん全ポジションを解消する。
含み損が膨らんでいく状況で、冷静な判断はできない。
ポジションをゼロにして、冷静になることが必要。
当面は50万円とする。

次にポジション。
突然、日経平均が1000円下がることはまれにある。
しかし、いきなり1000円上がることはまずない。
1000円も暴騰する状況は、暴落とのセットで起きるもの。

そう考えるなら、プットは十分に安全な価格帯を売り建てるべきだろう。
もちろん、プレミアムとのバランスも考える必要がある。

これまでは、プットとコールを1:1でバランスよく売り建てていた。
これだと、急な相場変動で損失が一気に膨らむ。

これからは、リスクのバランスが1:1になるように売っていくことを心がけていこう。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

ショートストラングル

現在10月限のポジションは、19000コール1枚売り、16875プット1枚売り、17500プット1枚売りとショートストラングルで勝負してみることにした。

10月SQ時点で日経平均が17,500円~19,000円の間で収まれば、最大利益となり48万円のプラス
17,020円~19,480円の範囲で決着すればプラス。
結構完璧な戦略だと思っていたが、連休明けの雲行きが怪しい
配当落ち経済対策なんかで、どうにかなると思うのだが・・・

先日大きく負けたことで勝ち急いでしまったかな。
来月からはいつも通りのやり方に戻しますが、今月だけは勝負です!

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月14日 (月)

2015年9月3週展望

先週の結果

それでは、先週の日経平均です。

9/7(月)17860.47円(+68.31円
9/8(火)17427.08円(-433.39円
9/9(水)18770.51円(+1343.43円
9/10(木)18299.62円(-470.89円
9/11(金)18264.22円(-35.40円

そして先週の予想の振り返り。

ほぼ予想通り。日経平均は17,500円近辺でを打ちました。
ここを2番底と判断して良さそうですね。

以下は先週の予想の引用。

株価は1番底を割り込んでしまいました。
この辺りで下げ止まれば誤差の範囲ですが、下抜けるようですと、まだ底を打っていないと判断せざるを得ません。

9月利上げが不確定の状況なので、FOMCまでは不安定な相場が続くでしょう。
ただ、売られる分は相当売られつくしてきていると考えています。

騰落レシオ的にも、あと少しで絶好の買い場到来かと。
日経平均17,500円を目安に、最悪17,000円と考えます。
余力があれば、このあたりの買いがオススメですね。

予想高値は18,500円。予想下値は17,000円。
今週は下値を模索する展開。

とにかくFOMCまでが買い時ですね。

今週の予想

まずトレンドは上昇に転換したと考えてよいでしょう。
いまが絶好の買い時と考えます。

そして今週のポイントです。
2つあって、一つは日銀金融政策決定会合での追加金融緩和の有無。
もう一つはFOMCでの米利上げの有無。この2つに尽きます。

前者は追加緩和の確率は10%弱。
後者の利上げは40%くらいかなと考えます。

組み合わせは2×2で4パターン。
メインシナリオは追加金融緩和なしで、利上げもなし。
ある程度織り込まれているシナリオですが、利上げの先送りが好感されて、株価は上昇するでしょう。
日経平均は18,000円台後半までは上昇が見込めます。

次に可能性が高いのは、追加金融緩和なしで、利上げされるケース。
最悪のシナリオです。
この場合、一時的に下げるかもしれません。
中国株次第ですが、これまでさんざん言われてきたことです。
日経平均は17,500円程度まで下げて、反転すると踏んでいます。

あと2つは追加金融緩和がされるケース。
こうなれば米利上げの有無によらず、ドカンと上がるでしょう。
もし「利上げなし」なんてことになれば、ダブルボトムのネックラインを突破する可能性すら考えられます。

予想高値は19,200円。予想下値は17,500円。

どう転んでも買いで間違いないかと。
安全に行くならFOMCの結果を見てから、勝負するなら週の頭から買い!

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月12日 (土)

プチ株つみたて2015/9

9月のプチ株つみたてです。

毎月7~9万円の範囲でつみたてています。
市場が落ち込んで安いときは多くつみたてて、逆に高いときには少なくつみたてる方針です。

なんと、今月は特別に10万円をつみたてました。
含み益は50万近く吹っ飛びましたが、これだけ一気に下げたので買いのチャンスと判断しました。

それでは、今月のつみたての結果です。

第一三共 2株
JXホールディングス 62株
住友商事 21株
あおぞら銀行 39株
NTTドコモ 1株

これまでの積み立て

銘柄(コード) 保有株数 現在値
平均取得単価
時価評価額
取得金額
評価損益
評価損益率
第一三共(4568) 477株 2,233円
1,701.1円
1,065,141円
811,409円
+253,732
+31.3
JXホールディングス(5020) 1,968株 451.1円
485.3円
887,765円
955,128円
-67,363
-7.1
住友商事(8053) 710株 1,290.5円
1,247.9円
916,255円
886,008円
+30,247
+3.4
あおぞら銀行(8304) 2,238株 432円
320.8円
966,816円
718,032円
+248,784
+34.6
NTTドコモ(9437) 448株 2,442.5円
1,802.0円
1,094,240円
807,308円
+286,932
+35.5

プチ株つみたてはカブドットコム証券で!!!

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 7日 (月)

グローバルリンクアドバイザーズ中国株、日本株セミナー(2015/08)

先週聞いてきたグローバルリンクアドバイザーズ戸松氏のセミナーのフィードバックです。

内容は中国株についてがメインで、日本株少々でした。
早速内容をお伝えします。

今回の中国株急落のキッカケは製造業PMIのネガティブサプライズによるもの。
では、なぜこれほど中国経済が悪化しているかと言うと、人民元がドルペッグしているため。

ドル高が進むことで元高となり、景気が悪化した。
これを解決させるには元安に誘導させるしかない。

その方法には2つあり、一つは人民元を切り下げること。
人民元を以前の水準に戻すには、あと10%以上の切り下げが必要。
しかし、それを実施してしまえば、アジアで通貨危機が起こってしまう。

もう一つに方法は、ドルが切り下がること。
利上げをやめて、QE4をするくらいしないことには実現しないであろう。
まずこれもあり得ない。これでは八方ふさがりとなる。

もし9月に米国の利上げが実施されるようだと、中国はかなりまずい状況になるだろう。
少なくとも10月まで中国株はかなり厳しい状況が確定的。

ただ、中国では景気の悪化が不動産へ波及していないのが、不幸中幸い

今後、中国株を手掛けるのであれば、買い時は上昇トレンドに復帰したタイミング。
もしくは、個別で底値をつけたとき。(銀行株の配当利回りが10%とか)

上海総合指数は年内2700~2800辺りで推移するだろう。
最悪2000ポイントまでの下落は想定すべき。

日本株については楽観的
為替が円安方向に動いているので、今後も決算は良いものになるだろう。

また原油価格の下落によるメリットも享受できる。
もし株価が下がっても金融緩和が期待できるので、悲観する必要はない。

日本株は急騰した2011年末の再来となるのではないだろうか。

概ねこんな感じの内容でした。
この他には、おすすめ銘柄の話もありましたが、ここで紹介するのは控えさせていただきます。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

2015年9月2週展望

先週の結果

それでは、先週の日経平均です。

8/31(月)18890.48円(-245.84円
9/1(火)18165.69円(-724.79円
9/2(水)18095.40円(-70.29円
9/3(木)18182.39円(+86.99円
9/4(金)17792.16円(-390.23円

そして先週の予想の振り返り。

反発終了は予想通り。
2番底確認が思いのほか早まった感じとなりました。

予想的にはハズれていますが、想定より一週間早まっていると言った感じです。

以下は先週の予想の引用。

いったん相場が落ち着きましたね。
ここまでで反発は終了と考えます。この先はもみあいが続くかと。
当面は19,000円~20,000円を行ったり来たりとなるのではないでしょうか。

来週以降は、米国の9月利上げも可能性が残されているため、9/18のFOMCに向け2番底をうかがうシナリオを考えています。

今週1週間で考えれば、予想高値は19,700円。予想下値は18,900円。
さらに19,435円の窓も注目すべきポイントです。

最初に述べた通り、今週はもみあいが濃厚。

今週の予想

株価は1番底を割り込んでしまいました。
この辺りで下げ止まれば誤差の範囲ですが、下抜けるようですと、まだ底を打っていないと判断せざるを得ません。

9月利上げが不確定の状況なので、FOMCまでは不安定な相場が続くでしょう。
ただ、売られる分は相当売られつくしてきていると考えています。

騰落レシオ的にも、あと少しで絶好の買い場到来かと。
日経平均17,500円を目安に、最悪17,000円と考えます。
余力があれば、このあたりの買いがオススメですね。

予想高値は18,500円。予想下値は17,000円。
今週は下値を模索する展開。
とにかくFOMCまでが買い時ですね。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 2日 (水)

トレード記録(2015/8)

2015年8月のトレード結果です。

通常の投資とは別に、遊びの資金での短期売買記録です。
相場観を養うために趣味で売買していたのですが、なかなかの収入源となっています。

先日ご報告しましたが、-900万円と完膚なきまでに負けました
完全に熱くなってしまい、冷静さを失っていました。反省です。

また、オプション売買にルールを設けていなかったことも敗因の一つでしょう。

イチから出直しですね。

今回のトレード

日付 銘柄(コード) 売買 数量 価格 決済日付 決済価格 損益
2015/6/24 日経平均Op 08プット18875 3枚 65円 2015/8/8 3円 +185,417円
2015/7/7 日経平均Op 08コール22000 1枚 27円 2015/8/4 1円 +25,676円
2015/7/10 日経平均Op 08コール22000 3枚 20円 2015/8/4 1円 +56,676円
2015/7/10 日経平均Op 09コール22125 2枚 60円 2015/8/1 26円 +67,525円
2015/7/13 日経平均Op 09コール22375 2枚 44円 2015/8/1 16円 +55,568円
2015/7/16 日経平均Op 08プット18875 1枚 33円 2015/8/8 3円 +29,730円
2015/7/16 日経平均Op 09プット18375 4枚 60円 2015/8/11 35円 +99,180円
2015/7/21 一休(2450) 400株 2,740円 2015/8/3 2,617円 -50,772円
2015/7/28 エーザイ(4523) 100株 8,100円 2015/8/10 8,457円 -37,098円
2015/8/1 日経平均Op 09コール21875 4枚 43円 2015/8/24 4円 +155,136円
2015/8/3 日経平均Op 10コール22000 2枚 70円 2015/8/11 105円 -70,755円
2015/8/3 日経平均Op 10プット18250 1枚 90円 2015/8/24 1,160円 -1,072,699円
2015/8/3 日経平均Op 10プット18250 1枚 90円 2015/8/24 1,190円 -1,102,764円
2015/8/3 NN日経VIETN(2035) 40株 25,000円 2015/8/14 23,110円 -76,914円
2015/8/5 エムスリー(2413) 300株 2,988円 2015/8/7 2,911円 -24,414円
2015/8/6 日経平均Op 10コール22500 2枚 50円 2015/8/24 7円 +85,676円
2015/8/8 日経平均Op 10プット18750 2枚 115円 2015/8/24 1,100円 -1,975,248円
2015/8/10 三菱UFJフィナンシャルG(8306) 1,000株 892.9円 2015/8/24 779円 -115,600円
2015/8/10 ソフトバンクグループ(9984) 100株 7,460円 2015/8/25 6,908円 -56,514円
2015/8/11 シスメックス(6869) 100株 8,250円 2015/8/14 8,280円 +1,642円
2015/8/11 日経平均Op 09プット18875 2枚 55円 2015/8/24 465円 -822,245円
2015/8/11 日経平均Op 09プット18875 2枚 55円 2015/8/24 880円 -1,654,039円
2015/8/11 日経平均Op 10コール22500 2枚 50円 2015/8/24 7円 +85,676円
2015/8/17 フマキラー(4998) 1,000株 590円 2015/8/24 490円 -201,709円
2015/8/19 良品計画(7453) 100株 27,120円 2015/8/21 25,440円 -169,607円
2015/8/21 日経平均先物 15/09 5枚 19,510円 2015/8/21 19,490円 -103,240円
2015/8/21 日経225mini 15/09 5枚 19,490円 2015/8/22 19,040円 -225,410円
2015/8/22 日経平均先物 15/09 1枚 19,060円 2015/8/24 19,060円 -648円
2015/8/24 日経平均Op 10コール21250 2枚 33円 2015/8/24 28円 +9,568円
2015/8/24 日経平均Op 09コール20625 2枚 30円 2015/8/24 20円 +19,568円
2015/8/24 日経平均Op 09プット18375 1枚 295円 2015/8/24 990円 -697,775円
2015/8/24 日経平均Op 09プット18375 1枚 295円 2015/8/24 1,040円 -747,883円
2015/8/24 日経平均Op 09プット17875 1枚 430円 2015/8/24 795円 -367,645円
2015/8/24 日経平均Op 10プット17250 1枚 480円 2015/8/24 750円 -272,656円
2015/8/28 日経平均Op 09コール20125 1枚 50円
2015/8/31 日経平均Op 10プット15250 1枚 100円
2015/8/31 日経平均Op 09プット16375 1枚 55円
2015/8/31 日経平均Op 10コール21000 1枚 50円

現在の建玉一覧
日経平均Op 09コール20125 売建 1枚
日経平均Op 09プット16375 売建 1枚
日経平均Op 10コール21000 売建 1枚
日経平均Op 10プット15250 売建 1枚

当月損益
-8,968,597円

累計損益(2011/3以降)
+201,006円

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »