« 2016年1月4週展望 | トップページ | 2016年2月1週展望 »

2016年1月25日 (月)

2016年1月5週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

1/18(月)16955.57円(-191.54円
1/19(火)17048.37円(+92.80円
1/20(水)16416.19円(-632.18円
1/21(木)16017.26円(-398.93円
1/22(金)16958.53円(+941.27円

そして先週の予想の振り返り。

予告通りに打診買いするはずでしたが、口座に資金がなく、買いそびれてしまいました。
その代りにgoogleとamazonを100万円ずつ仕込みました。

予想のほうは下値予想を下回ってしまい、的中とは言い難い結果に。
ただ、16,000円までの下落も想定していました。
また結果論になりますが、金曜日に反発し、それなりの水準に落ち着いています。
ギリギリ想定内かなと。

以下は先週の予想の引用。

週明け17,000円割れは確実。どこまで下げるかが争点になります。

騰落レシオは50台、空売り比率は40%超、25日移動平均線とのかい離率が8%超。
これだけ見れば、大底であることは間違いないのですが、底打ち感がないんですよね。

ここで下げ止まっても不思議ではないし、16,000円までの下落もありうる。
正直全く想像がつかないのですが、投資している以上は考えなくてはなりません。

まーくんは、ここまでもちょこちょこと打診買いをしてきました。
さすがに16,500円を割り込んだならば、現物を本気買いします。

予想下値は2014/11/4に空けたマド埋め水準の16,400円。
予想上値は1,000円くらいの反発を想定して18,000円とします。

今週は様子見ですが、下げたら買いますね。

余力はあります。

今週の予想

ひとまず、は去ったと考えます。ここから立て直しです。

とは言っても、完全に嵐が去ったわけではありません。
油断したところに、もう一度大きいのがあってもおかしくありません。
引き続き警戒は必要です。
この先、数か月の日経平均は15,000円~18,000円のレンジを想定します。

ただし、今週は比較的落ち着いた相場になると考えます。
底打ちの手ごたえがありませんが、株価、為替、原油それぞれ大幅に反発。
これにより空売り勢の買戻しが始まりますが、同時に利益確定売りも出て、それほど上昇はしないでしょう。

また、ポイントは金曜日にある日銀の金融政策決定会合の結果。
大多数は追加緩和なしと考えています。
もし、追加緩和となったらポジティブサプライズですね。

予想下値は先週終値付近の16,900円。
予想上値は比較的出来高の多い価格帯の17,600円とします。

ひとまず様子見でしょうか。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« 2016年1月4週展望 | トップページ | 2016年2月1週展望 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/63115678

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年1月5週展望:

« 2016年1月4週展望 | トップページ | 2016年2月1週展望 »