« トレード記録(2016/2) | トップページ | プチ株つみたて2016/3 »

2016年3月 7日 (月)

2016年3月2週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

2/29(月)16026.76円(-161.65円
3/1(火)16085.51円(+58.75円
3/2(水)16746.55円(+661.04円
3/3(木)16960.16円(+213.61円
3/4(金)17014.78円(+54.62円

そして先週の予想の振り返り。

一時為替は112円台まで円高が進行。
15,700円~16,300円のボックス相場での値動きかと思われましたが、水曜日から相場が一変。
日経平均は一気に17,000円を回復しました。

終値の17,014円は、予想高値16,900円の誤差の範囲。
大体的中ということにさせてください。

以下は先週の予想の引用。

金曜日は引けにかけてG20の失望売りを織り込みにいきました。

個人的なG20の感想としては、大した成果はなかったかと。
通貨安競争に釘を刺され、今後金融緩和しづらくなったのではないでしょうか。
あきらかに円安阻害要因です。
これだけであれば、月曜日は16,000円割れ必至。

しかしタイミングよく米国の良好な経済指標の発表もあり、利上げ観測が再燃。
これにより、ドル円はだいたい114円まで円安が進みました。
月曜日の為替が先週末水準で推移すれば、25日移動平均線をトライしに行く値動きを予想します。

112円台に逆戻りとなると、引き続き15,700円~16,300円のボックス相場となるでしょう。

今週は米雇用統計の発表があり、引き続き良い結果が期待されます。
ですので、前者の114円シナリオを想定。

予想高値は比較的出来高の多い16,900円。
予想下値はボックス下限の15,700円。

まーくんは金曜日にいったんポジションを解消しました。
月曜日の日経とダウの結果を確認してから再エントリーします。

今週の予想

火曜日から4日間で日経平均は1,000円も上昇しています。
為替水準はそれほど変わっていないにもかかわらずです。
個人的にはいきすぎな感もあります。

超短期的には信用評価損益などが天井圏を示しています。
でも、こういう時って案外上昇が持続するということも、経験で知っています。

過熱を冷ます意味で、いったん下がる場面があるでしょうが、そこが絶好の押し目となると予想します。

また、今週はメジャーSQのため、日経平均の乱高下には注意してください。

予想下値は25日移動平均線のある16,500円。
ここまで下げたら買いで間違いない。

そして予想上値は、一目均衡表雲の下限がある17,500円を想定します。

今週は大きく動くでしょうが、終値は17,000円程度に落ち着くと考えます。
ただ先高観はあるので、17,000円を割れたら買いを入れてみるのも良いでしょう。

にほんブログ村 株ブログへ

|

« トレード記録(2016/2) | トップページ | プチ株つみたて2016/3 »

週間展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47941/63309770

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年3月2週展望:

« トレード記録(2016/2) | トップページ | プチ株つみたて2016/3 »